【初心者必見!】5分でわかるバスケのスクリーンプレイの基礎。

スポンサーリンク

こんな悩みに答えます。

スクリーンプレイってどうやってやるの?練習でちょこっとやったんだけど、やり方とか、コツがわからない。

今回の記事ではあなたのそんな悩みに答えます。

記事の内容はこちら↓

  • 2つのスクリーンプレイの特徴
  • スクリーンプレイの際に注意・意識すべきこと

試合中に頻繁に起こるプレイの1つであるスクリーンプレイ。いきなり味方が近寄ってきても「え?なんのこと?何をすればいいの?」と、初心者からしてみるとわからないことだらけですよね。

この記事を最後まで読めば、スクリーンプレイをする際に、何を意識しておけばいいかがわかるため、プレイがしやすくなります。スクリーンプレイはとにかく「見る」ことが大事なことです。

その「見る」ということについて、何を見ればいいのか、どんな時に見ればいいのか、などを詳しく解説していきます。

スクリーンプレイは2つのやり方がある

スクリーンプレイには、大きく分けると2つのやり方があります。

スクリーンプレイの2つのやり方
  1. ボールを持っている時(オンボール)
  2. ボールを持っていない時(オフボール)

ボールを持っている時のスクリーンプレイと、ボールを持っていない時のスクリーンプレイの2つです。場面に応じてこのスクリーンプレイは使い分けるのですが、ガードのプレイヤーであれば、試合中はどちらのスクリーンプレイも行います。

ボールを持っている時にも、ボールを持っていない時にも、スクリーンプレイは行いますから、それぞれのシーンでどのように対処していけばいいのか、どんな意識をしておけばいいのか、を次の章から紹介していきます。

ボールを持っている時のスクリーンプレイ(オンボール)

まず初めに紹介するのは、ボールを持っている時のスクリーンプレイです。どのようなプレイかについては、動画を交えながら紹介していきます。まずはこちらをご覧ください。

このシーンが、ボールを持っている時のスクリーンプレイです。

ボールを持っているプレイヤーが、どんな点で優れているのか、については動画内で解説しています。

オンボールの時に注意すべきこと

ボールを持っている時にスクリーンプレイをする場合には、味方に「スクリーンをかけてもらう位置」に気をつけてください。

もしスクリーンをかけてもらう位置がコーナーであったり、サイドラインやエンドラインの近くだと、スクリーンをかけに来てくれた味方のディフェンスが、ダブルチーム(2人でオフェンスを囲む)をしてくる場合があります。

ダブルチームをされてしまうと、ボールをスティール、パスカットされる可能性が高くなるため、コーナーやラインの近くではスクリーンをしてもらうことは避けてください。

オンボールの時に意識すること

ボールを持っている状態の時のスクリーンプレイでは、味方がスクリーンをかけに来てくれた時に、「自分のディフェンスがどのようにディフェンスをしているのか」を特に注意してください。

ここで紹介している動画の時には、

ボールを持っているプレイヤーに対して、ディフェンスは横のサイドラインと体を平行にして、スクリーンを警戒しています。

ディフェンスの基本は「ゴールを背にする」守り方なのでドライブインをすることが難しいのですが、サイドラインと平行に守っている場合は、ゴールへの道が開けている状態なので、ドライブインをしやすくなっています。

このディフェンスの守り方を見ていたオフェンスは、スクリーンプレイになる直前にゴールへのドライブインをしました。

ディフェンスを見ているからこそできたプレイです。

スクリーンプレイの基本は、スクリーンをかけてくれている味方に、自分のディフェンスをしっかりと妨害させるということです。

この画像のように自分のディフェンスを妨害させることができたら、

  1. 自分のディフェンスが追いかけてきているか
  2. スクリーンをかけてくれた味方のディフェンスが、自分を守っているか
  3. 周りのディフェンスがどんな守り方をしているか

の3点を見るようにしましょう。

ボールを持っていない時のスクリーンプレイ(オフボール)

続いては、ボールを持っていない時のスクリーンプレイです。どんなプレイなのかに関しては、以下の動画をご覧ください。

このシーンが、ボールを持っていない時のスクリーンプレイです。

ボールを持っていないプレイヤーが、どんな点で優れているのか、については動画内で解説しています。

オフボールの時に注意すべきこと

ボールを持っていない時のスクリーンプレイで注意すべきことは、スクリーンをかけてもらった後のことを事前に考えておく、ということです。

事前にスクリーンプレイの後のことを考えておかないと、スクリーンプレイが無駄になるケースがあります。

オフボール時とオンボール時とで違うのは、オンボール時のスクリーンプレイはその後のチームのオフェンスに直接的な関与をしてくるのですが、オフボール時のスクリーンプレイは、その後のチームのオフェンスに直接的な関与をしてくる時と、してこない時があるということです。

事前にスクリーンをもらった後のプレイを考えておかないと、チームのオフェンスの動きに直接的な関与をしてくるチャンスを見逃す場合があるのです。

そうなると、スクリーンプレイは意味をなくします。オフェンスは24秒という限られた時間の中で攻めなければいけないので、なるべく無駄な動きは減らし、ゴールへ攻めるための動きを常にしたいものです。

ですから、ボールを持っていないとはいえ、得点へ結び付けるために何が最適かを考えながらスクリーンをかけてもらうようにしてください。

オフボールの時に意識すること

ボールを持っていないオフボール時のスクリーンプレイでは、

上記4つの点を瞬時に見るように意識してみてください。

オフボール時の例として紹介している動画では、ボールをもらった時にディフェンスが遅れていることがわかっているので、すぐにジャンプシュートを選択しています。

ドライブインもできますし、ボールをもらった後にドリブルをついて次のプレイに移ることもできますし、様々な選択肢がある中で、ボールをもらったプレイヤーはジャンプシュートを選択しました。これはディフェンスをよく見ているからできたことです。

スクリーンプレイで大事なこと

スクリーンプレイを行う上で、ボールを持っている時・ボールを持っていない時に共通して大事なことは、ディフェンスを見て判断する、ということです。

スクリーンをかけてもらうプレイヤーの中には、

「ディフェンスがどう守っていようとも、俺はスクリーンをかけてもらったらジャンプシュートを打つ!」

と決めている人がいます。この考え方で毎回毎回上手くいけばいいのですが、失敗することもあります。何が言いたいかというと、自分勝手に「これをしよう!」と考えていると臨機応変に対応できなくなるのです。

ディフェンスに守られているのに無理やりシュートを打っていると、いつしか交代させられベンチに下げられてしまうかもしれません。臨機応変に対応できないということは、チームとしては使いづらいプレイヤーです。

ですから、臨機応変に対応するためにも「ディフェンスを見る」習慣を身につけてください。

ケーススタディでスクリーンプレイのイメージを膨らませよう!

ここからは、ケーススタディと題して、これから紹介していく画像から、どんなプレイを選択するのがベストなのか、を考えながらスクリーンプレイに対してのイメージを膨らませていきましょう。

僕の考え方は、最後の「まとめ」の章で紹介します。

まずは、この画像から考えてみましょう。

あなたはボールを持っている青の#30です。スクリーンをかけてくれたのはゴール下やインサイドで主にプレイしているプレイヤーです。

自分を守るガードのディフェンスが遅れているこの場面で、あなたならどんなプレイを選択しますか?

続いてはこれ。

この画像では、あなたはボールを持っている白の#7です。スクリーンをかけに来てくれたのはインサイドのプレイヤーです。あなたならこのあと、どんなプレイを選択しますか?

まとめ

今回は、2つのスクリーンプレイを紹介してきました。

  1. ボールを持っている時
  2. ボールを持っていない時

2つのスクリーンプレイについて、それぞれのプレイで注意すべきことや意識すべきことに関しても触れています。スクリーンプレイは、試合中に何度も何度も使うプレイなので、必ず覚えておくべきです。

ここで、先ほどのケーススタディの僕の考え方を紹介していきます。

まずは1枚目。

この場合、僕ならばスクリーンをかけてくれたプレイヤーのディフェンスとの1対1を仕掛けます。理由は、スピードの差があるからです。

ガードのプレイヤーとインサイドのプレイヤーだと、スピードや瞬発力でガードのプレイヤーが有利になるため、積極的に仕掛けます。

次に2枚目。

この場合、僕は一度黒の#1の方(左方向)にドリブルをついて移動したあと、白の#11にもう一度スクリーンをするように要求し、右方向に攻めていきます。

理由としては、今の画像の段階では、自分と自分のディフェンスの間にスペースがあるため、左方向にドリブルをして移動したとしても、簡単に追いつかれてしまうからです。そこで、1度左方向に自分のディフェンスを引きつけた後に、もう1度右方向にドリブルしていくことでスクリーンに完全に引っかけます。

 

これはあくまでも僕の考え方なので、参考程度に覚えておいてください。最もいい答えは、自分自身が実際にプレイをして見ることですから、次の練習からスクリーンプレイの実践をしてみてください。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。