食習慣

アスリートを子に持つ保護者必見!間食はミックス◯◯を食べさせよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

子供が部活などでスポーツをしている親御さん必見!

今回の記事ではアスリートの子供に食べさせたい間食について話をしていきます。あなたの家には普段どんな食品が置いてありますか?どんな食品を子供に食べさせていますか?

もしスナック菓子を食べさせている、常備しているのであればそれは今すぐにやめて「アレ」に置き換えましょう。

間食ってしてもいいの?

間食をすると「食べすぎ」の原因になってスポーツにも悪影響を与えると考えている人はいるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ間食は取った方がいいのです。

間食は、消費エネルギーの多いアスリートが食べるのは当然と言えます。不足しがちな栄養素を補うことができるので身体作りにも役立つんです。

考え方としては間食を「補食」と思ってください。1日の三食だけでは足りない栄養素を補うのです。例え小食で1回の食事の量が少ないとしても複数回の食事を行うことで、エネルギー源や栄養の補給を行うようにしましょう。

間食で摂るべき栄養素

間食で主に摂るべき栄養素としては、

  • エネルギーや疲労回復に必要な「糖質」
  • 筋肉の材料となる「タンパク質」
  • 骨の材料になる「カルシウム」
  • 身体の調子を整えてくれる「ビタミン類」

です。ただし、脂質の多い食べ物はエネルギーになりますが、体脂肪に変換されやすいので取りすぎには注意が必要です。

スナック菓子の常備は要注意!

もし仮に、今家の台所にスナック菓子が常備されているようであればそれは要注意です!あなたの子供が食べている可能性も十分にありますよね。

でもスナック菓子には大量の脂質が含まれているので過剰摂取によって体脂肪が蓄積され身体のキレを無くしかねません。また、大量の脂質摂取が高カロリーであることを気にして通常の食事の量を減らしてしまうと、それこそ栄養が偏ってしまいます。これは「間食・補食」の意味がありません。

三食の摂取量が減ると、疲労回復が遅れいい体調がキープできなくなり、スタミナ切れや身体作りに悪影響を及ぼすことが考えられます。

スナック菓子は栄養がない

ご存知の方も多いかとは思いますが、スナック菓子には栄養がほとんとありません。例えそれが「野菜」を使っているとしても、それ以上に酸化した油分やトランス脂肪酸、アクリルアミド、塩分などを含んでいるからです。一方で身体に必要な栄養素であるタンパク質やビタミン、ミネラルはほっとんど含まれていません。

これは子供だけでなく大人の方にも注意してもらいたいのですが、ポテトチップスなど油で揚げた食品は、時間が経つに連れて油が酸化していきます。その酸化した油は血管を硬くする動脈硬化の原因になり、高血圧や心臓病、脳卒中を引き起こす可能性があります。

また、食感をよくするトランス脂肪酸は心臓病や認知症に関連すると言われていますし、アクリルアミドはガンを発生させる可能性のある物質だと厚生労働省が発表しています。

厚生労働省のホームページはこちら→http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/kagaku/topics/tp021101-1.html

ここで紹介したように、スナック菓子には栄養は全くなく、タンパク質やビタミン、ミネラルなどのs身体にとって必要な栄養素がほとんど含まれていないため、栄養が偏り免疫力の低下や疲れやすさを引き起こす可能性すらあるのです。

間食のスナック菓子は「アレ」に置き換えよう

ここまでの話で、「スナック菓子は間食に向いていない」ということはわかっていただけたかなと思います。

そのため、今家にスナック菓子があればそれは違う食品に置き換えた方がいいです。スナック菓子を間食にするのが悪いのであって、きちんとした栄養を摂るために間食は必要なのです。

ここで僕が紹介する食品は

ミックスナッツ

です。

ミックスナッツは食物繊維やビタミン、亜鉛や葉酸、カリウムやカルシウム等のミネラルが豊富に含まれている食品です。そこがスナック菓子とは違う点ですね。ミックスナッツは栄養価が高いです。

よく「ナッツを食べすぎるとニキビができる」などと言いますが、あれはナッツにたくさんの油分が含まれているからです。しかし、その油分は「良質」な油分です。なのでナッツの油は摂っても問題はありません。

この食品を食べることを習慣化させれば、身体が免疫力をUPさせ、肝機能や皮膚、粘膜を健康に保つことができるように身体の働きを助けてくれます。また、適量を取り続けることで血液がサラサラになり、心臓発作や高血圧等、心血管系の病気のリスクを減らしてくれるので、子供と一緒にお父さんもお母さんも食べた方がいい食品です。

ただし、「無塩・無糖」の商品を選ぶようにしてくださいね。色々な味のミックスナッツがありますが、無塩or無糖です。

まとめ

今回の記事を通して間食は栄養価の高い食品に置き換える、本文中では「ミックスナッツ」を紹介してきました。おやつ感覚で食べられますし、野菜嫌いの子供でも食べてくれるでしょう。

スナック菓子よりかは若干高めですが、子供に活躍をしてもらいたいという思いや、健康で若々しくいたいという思いはお父さんお母さんにもあるでしょう。そのためにいつもよりも少しお金を使うことを選択してみてください。

スナック菓子も食べるのはいいのですが、頻度は下げましょう。取りすぎはよくありません。ストレスを溜めない程度に適度に食べてくださいね。

 

ミックスナッツは、お父さんお母さんの健康のためにも大きな役割を担います!子供と一緒にミックスナッツを食べることを習慣にしてみてはいかがですか?

 

小さなことからコツコツと積み重ねていきましょう!

 

僕はよくここのミックスナッツを買っています↓↓↓

くるみやカシューナッツが嫌いな人もいるかと思います。その場合には「アーモンドだけ」とか「カシューナッツだけ」のようにミックスされていない場合もあるので、嫌いなものがある場合には単体で食べることをオススメします。嫌いなものを無理やり食べるのは嫌ですよね!

健康思考のお母さんにはこの「Grand Nature(グランナチュレ)」というところのナッツもオススメ!

自然派ナッツ&ドライフルーツ【Grand Nature(グランナチュレ)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*