バスケで身体全体を連動させることにはデメリットがある?!

スポンサーリンク

うも!
修一です。

 

 

今日はあなたに
身体全体を連動されることにはデメリットが生じる
ということについて話していきます。

f:id:bskbskpointgetter:20170131180533j:plain

あなたはよく監督にこう言われませんか?
シュートを打つときは身体全体を連動させろ」と。

 

ボールを持って肘を曲げておでこ付近に持って来て
それと同時に膝を曲げて
膝を伸ばしながらタイミングよく肘を伸ばす。

f:id:bskbskpointgetter:20170131180552j:plain

これがシュートの基本動作ですよね?
どの監督もこういうはずです。

 

その方が体全体の力がボールに伝わって
無駄な力を入れなくても遠い距離でも届きます

 

一方で身体に連動性がないと
腕の力だけでシュートを打つことになるので
無理矢理やらないと遠い距離は届かない

 

 

また、パスも同じですね。

 

チェストパスにしてみても
足で床を蹴りながら
前に押し出すことで強く早いパスを出すことができます。

f:id:bskbskpointgetter:20170131181006g:plain

身体全体を使うことはバスケにおいてとても重要なこと
様々なメリットがあります。

 

 

しかし今日お伝えすることは、
冒頭でも述べた通り

 

身体全体を連動させることにはデメリットが生じる

ということです。

 

一般的なバスケの考え方からすると
一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、
実はそうではありません。

 

とても重要なことなんです。
デメリットの存在が

 

 

 

バスケで体を連動させるデメリット

 

 

あなたは速攻のレイアップを打ったことがありますか?!
トップスピードでドリブルをついて走って
ゴールに向かって一直線。

f:id:bskbskpointgetter:20170131181133j:plain

そのまま勢いを殺さずに
トップスピードのまま踏み切ってシュート

 

経験があると思います。
このシュートって、入りにくいですよね?正直

 

トップスピードのままシュートを打ったら
ボールの勢いも死んでいないので
勢いのあるシュートになります。

f:id:bskbskpointgetter:20170131181511j:plain

これは体全体が「連動」しているからです。
これこそがデメリットです。

 

トップスピードのままの下半身に
シュートを打つ上半身が連動してしまっているので
連動させているがゆえシュートが外れてしまうのです。

 

ボールをシュートポジションに持ってくる時にも
走ってきた勢いの遠心力を利用しているので
その勢いのままシュートを打ってしまう。

 

せっかくの速攻で数的有利なのに
そのチャンスを決めることができなかったら
もったいないと思いませんか?

 

2点取れるところで取れずに、
シュートを外したことによる相手の逆速攻で
相手に2点を献上してしまうかもしれません。

 

要は4点分損をしているということです。

f:id:bskbskpointgetter:20170201140534j:plain

そのくらいに大事な場面のシュートで
体を連動させていたら
外してしまう可能性が高くなるんです。

 

それでも速攻の時は
僕やあなたのように身長の低い選手
スピードでディフェンスを抜き去って
シュートに強引に持っていきたいと思うはずです。

 

それで入るのであれば何も変えなくてもいいかもしれません。

 

しかし、スピードを出しているので勢いに乗っていることに加え、
ディフェンスにブロックされるんじゃないかと思う
変な力が入ってしまい、
余計にシュートが入らなくなります。

 

 

じゃあどうすればいいの?

 

 

今回の「連動させるな」ということに関して
こんな質問が飛んできたら
ほとんどの人はこう答えるでしょう。

 

力を抜け。リラックスリラックス。

f:id:bskbskpointgetter:20170201141429j:plain

ありきたりな答えですよね。
どうやって力抜けばいいんだよ
こう思うでしょう。

 

あなたも思いませんか?
実際に僕もこう思っていました。

 

何も具体的な策を教えてくれないから。

 

そんな「力を抜け。」という言葉一つで力を抜かすことができたら
誰もが力を抜くことができているし
力むことなんてないですよね。

 

そもそも「力が入っている」という定義がありません。

 

「力が入っている」というのは
あくまでも自分の実感でしかないのです。

f:id:bskbskpointgetter:20170201141718j:plain

それなのに多くの人間は
「力を抜け」という抽象的な回答しか
してくれないのです。

 

 

ではどうすれば力を抜くことができるのか。

力が入っていることを自覚する

ということです。

 

 

力が入っているということには
ある意味当然なのかもしれませんが
誰も気づけないのです。

 

自分に力が入っているとは思わないのです。

 

自分に力が入っているということを
自覚するだけでも
徐々に力が抜けてくるのです。

 

これだけでも十分に効果があります

 

 

今すぐにできること

 

 

あなたにお願いがあります。

今すぐ
今までのバスケ人生を振り返ってみて
No.1だと言えるプレイを思い出してみてください

f:id:bskbskpointgetter:20170201142152j:plain

思い出せましたか??

 

思い出せたら次は、
その時に「自分の力が抜けていたか
これを思い出してみてください。

 

おそらく思い出せないでしょう。

 

というのは、
人は「力を抜こうと思って抜いているわけではない
からです。

 

あなたが今までで1番いいプレイをした時には
力を抜こうなんて思っていないはずです。

 

自然に力が抜けているから

f:id:bskbskpointgetter:20170201142313j:plain

この状況を作り出すためには
初めから力を入れない
ということです。

 

ただしこの言葉では語弊があるかもしれないので付け加えておきますが、
力が「0」の状態では何もできません。
なので「必要最小限の力を入れなければならない」のです。

 

この説明に関しても抽象的なのでわかりにくいとは思いますが、
極力力を入れないということですね。

 

 

例えば。

 

今、手元にコップを用意してください。
取っ手のついていないものがいいですね!

 

そうしたら、そのコップを掴んで
なるべくそっと持ち上げてみてください。

 

持ち上がったらそれをもう一度テーブルか何かに置いて、
今度はゆっくり持ち上げてみましょう!

 

この時にはコップが持ち上がらないくらいに
軽く持ってみてください。


(イメージはこんな感じ)

 

この時の感覚が
必要最小限の力です。

 

「必要最小限の力」
試してみてどうですか?

 

とても軽く
力が全く必要ないということがわかってもらえたと思います。

 

 

レイアップの時はステップで緩めろ

 

 

そして速攻のレイアップの時
この時は
ステップの時点でスピードを緩めましょう

 

ステップでゆっくりできるのであれば、
それはすでにディフェンスを抜ききっている証拠なので
余裕を持ってシュートを打つことができます

 

一方でステップの時にゆっくりできなければ
それはディフェンスが横にくっついている時で
シュートも無理矢理になるでしょう。

 

なのでわかりやすく言うと、

 

ディフェンスを抜ききっているのであれば
シュートを打つ
ディフェンスを抜ききっていないのであれば
シュートを打たない


(この動画でかなりイメージできます。
速攻ではありませんが、1分24秒から始まるプレイは
ディフェンスを抜ききっていないのでゴール下を通り過ぎましたが
隙を狙ってバックシュートをすることも可能です。)

 

これを意識するだけで
得点可能性は上がるはずです。
体を連動させないことは
基本的には難しいことです。

 

トレーニングをすれば
同時に違う動きをすることも可能になります。

 

ですがまずは割り切ってみてください
シュートをとりあえず打ちにいくのではなく、
自分が行けると判断した時にだけシュートに持ち込む。

 

 

それでは!

 

 

 

修一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。