シュートスキル

大きな選手との速攻1on1でもフリーでレイアップが打てる?!

うも!
修一です。

 

 

今日は小さな選手でも
大きな選手のブロックを受けることなく
レイアップを打つための
テクニック
について書きます。

このテクニックを身につけることができるようになると、
セーフティーがいるときの速攻でも
フリーでレイアップを打てるようになります

ブロックされずに打つことができるようになるので
シュートの確率は非常に高くなりますし、
速攻になればあなたにボールが自然と回ってくるでしょう。

 

 

フリーで打つための動きを見た観客からは
「お〜。上手い!」といった声が聞こえてくるはずです。
このプレイであなたは「上手い選手」として見られることになります。

 

ディフェンスをかわして簡単にフリーでレイアップを打てるので
ディフェンスをあざ笑うかのごとく得点することでしょう。

 

 

 

しかしこのテクニック・動きを知らずにいると。

速攻のシーンでもあなたは点を取ることができません
レイアップに無理やり行けばブロックされるか
無理なダブルクラッチで外してしまうことでしょう。
すると、相手の逆速攻を食らうことになります。

 

あなたのレイアップが起点となって
相手に得点を許すことになってしまいます

 

また、自分よりも大きな選手との速攻1on1になると
攻めきれず、味方が来るのを待つことになります。
せっかくの速攻チャンスを逃してしまいかねません

 

 

レイアップをブロックされるとあなたは
あいつしょぼいな」と相手選手に思われることになります。
観客席で見ているあなたが好意を寄せるバスケ素人の女の子は
ダサっ」と思うことでしょう。

 

そうはなりたくないですよね?
かっこよくディフェンスを置き去りにして
フリーでレイアップを決めたいですよね

 

だったら、この記事を読んでください。

 

 

 

どんな動き??

 

それではここでレイアップに行くまでの
動きについてお伝えします。

 

まずは、この動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

この動画ではどんな動き方かを紹介・説明しています。

 

 

見ていただければわかりますが、
ディフェンスの「」を横切るんですね。
ドリブルを斜めに突き出して
ボールを受けたサイドと反対のサイドに行く。

 

その時にディフェンスはファールをしたくないから
横切られた瞬間には止まるしかなくなり
あなたのその後のレイアップに対応できなくなります。

 

 

一瞬ディフェスを止めるだけで
レイアップをフリーで打つだけの
余裕を作り出すことができる
のです。

 

 

やることは簡単です。

 

 

ボールを受ける。

ボールを受けたサイドと逆サイドに向かって
斜めにドリブルをしてディフェンスの前を横切る


そのままフリーでフィニッシュ。

 

この流れです。

 

 

簡単ですよね?
やることは簡単な動きです。

 

 

 

れでは、今すぐに
もう1度動画を見てください!

 

何も知らない状況で動画を見て、
それの説明・どうやるか・なぜ有効なのか
を知って
その後にもう1度動画を見る。

 

これだけであなたのプレイの定着度は
格段に上がります。

 

 

どんな動きで
なんのための動きか

がわかった状態で動画を見ることで
動画全体に繋がりを持って見ることができます

 

ここにもう1度動画を掲載するので
見ることをお勧めします。

 

 

動画を見て、イメージを膨らませてください!

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

修一

コメントを残す

*