日本のバスケがアメリカに勝つことはまず不可能

スポンサーリンク

うも!
修一です。

 

 

今日はあなたに
アメリカ日本の違い
をお伝えします。

f:id:bskbskpointgetter:20170128002411j:plain

なぜこんなにも
歴然とした差がバスケにおいて
生まれてしまうのか
それをお伝えします。

 

あくまでもバスケに関連のある話です。
が、誤解しないでいただきたいのは
これがバスケにとどまらず
日本という国全体に言えることなんです。

 

これは国民性なので仕方のないところではあるのですが
練習どうこうよりも
「アメリカ」と「日本」という2つの国の違いが
バスケにも大きな影響を及ぼしているのです。

 

 

アメリカの強みはあなたの想像通り?

 

 

ここであなたに質問です。
「アメリカと言われて真っ先に思いつくことは?」

 

あなたは今頭の中に何が思い浮かんでいますか?
広い
ニューヨーク

f:id:bskbskpointgetter:20170128003135j:plain

世界一
NBA
トランプ大統領

f:id:bskbskpointgetter:20170128003155j:plain

自由の女神像



などなどでしょう。

 

質問したのには大きな意味があります。
今日のキーワードが
自由
だからです。

f:id:bskbskpointgetter:20170128003410p:plain

アメリカといえば「自由の国
と思い浮かんだあなたもいるでしょう。
このイメージの通りアメリカは自由の国です。

 

何が自由かというと、
考え方が自由
なのです。

 

 

バスケ以前に、日本とアメリカの人としての違い

 

 

自分はこういう人間だ!
とアメリカの人は答えるのに対し
言ったら嫌われそうだし怖いから言わない
のが日本人です。

 

日本人は自分の考え方を言いたくない
自分のことを主張できない
国民性を持っています。

 

他の人と違っても
周りと一緒が一番
という考え方が根付いているのです。

だからこそ
自分の意見を言えないのです。

f:id:bskbskpointgetter:20170128005037j:plain

このイラストでいうと、
右側に行くのが日本人で
左側に行くのがアメリカ人
というわけです。

 

少数派の意見を尊重しない
「多数決」はそれを色濃く表しています。
そんな国民性だからこそ
日本のバスケはアメリカよりも弱いんです

 

 

い出してみてください。
中学校の練習
高校の練習。

 

監督の言われた通りの動きができないと
「なんでこんなこともできないんだ!!」
「言ったことをやれ!!」
怒鳴られることでしょう。

f:id:bskbskpointgetter:20170128005629j:plain

先輩からの圧もあり
本来のプレイができず萎縮してしまい
その選手の可能性を潰すことになります

 

 

一方のアメリカはどうでしょう。

f:id:bskbskpointgetter:20170128005800j:plain

俺はこういうプレイがしたいからこう動け
ここでパスが欲しい
俺はこういう考えだ
思ったことをはっきりと主張します

 

そこに上下関係はありません
年齢もコーチも選手も関係ありません
もちろん口論になるし
喧嘩にも発展します。

でも指導者や先輩の顔色を伺って
選手が萎縮するなんてことは皆無なんです。
指導者に服従することも絶対にありません

 

 

日本の選手は監督の言葉に忠実ですが、
プラスアルファがありません。
指導者が怖いので怯えてバスケをプレイしています

試合中に余計なドリブルをするとベンチから怒鳴られます。
アメリカはそんなことが一切ありません。
プレイする選手自身ができるのならそれはやっていい。
「お前の判断に任せる」ということです。

 

だからアメリカの選手はみんな判断力が備わっています
とっさの時にすぐに次のプレイを考えることができます。
それは常に練習から自分で考えてプレイしているから

 

 

 

これは僕の実体験なのですが、
高校生の時の僕は常に萎縮しながらプレイしていました。
違うプレイをすればとにかく怒られる。

違うプレイで上手くいっても
「上手くいったからいいけど本来はあれはダメだ」
と言われる。

 

監督はいつも
自分で考えてプレイしろ
と言うものの
選手が自由にやると怒る

 

そんなこと日常茶飯事だから
僕も周りの選手もいつしか
考えてプレイすることがなくなり
監督の言いなりになっていたのです。

f:id:bskbskpointgetter:20170128010051j:plain

完全に
監督に服従していました

この環境でやっていたから
大きな成果を出せずに終わってしまったのだと
僕は感じています。

 

日本のバスケ全体がそうです。
全てのチームを見ているわけではないですが、
断言することは可能です。

 

 

上手くなれなかったのはバスケ以前に国に問題アリ?!

 

 

それはバスケ以前に
国民性の問題だから。

f:id:bskbskpointgetter:20170128010140j:plain

日本の国民性が
日本バスケ界の可能性を潰しているのです。

 

 

どうすればこの問題は解決できるのか

 

ハッキリ言って
今の日本のバスケの環境
日本という国にいる限り
解決することは不可能に等しいです。

 

アメリカに行けば変わります。
アメリカの環境に染まってしまえば大きな変貌を遂げるでしょう。
でもそんな簡単にアメリカ留学できたら
どんな選手でも行くでしょう。

世界1のレベルを肌で感じてみたいはずです。
それが簡単にできないから
日本にとどまるしかなく
バスケは日本の国民性の色濃く表れる結果になるのです。

 

それでも日本国内で解決する方法があるとしたら
上下関係なく何でも言い合える環境
生活を共にするバスケをする
ことに他ならないです。

残念なことにその環境を知らないので
あなたにお伝えすることは難しいです。
でも僕はこの環境をこれから作っていこうと
強く思っています。

 

日本のバスケの発展のため
NBA選手を輩出するという
僕自身の目標を達成するために

今回この記事を書いた理由は、
これを読んで普段の練習から
自分の意見をはっきり伝えることのできるプレイヤーになってほしい
そう思ったからです。

f:id:bskbskpointgetter:20170128010345j:plain

バスケはチームスポーツだと言われますが、
チーム(団体)である以前に
個人の集まりです。

 

個人の考えを尊重し合うことができない団体は、
僕は団体ではないと思っています。
そんなのは「チーム」ではないです。
もっとわがままでいいんです。

 

あなたが今所属するチームは
監督のチームではありません。
あなたのチームです。

あなたが入ることを決めて
そのチームを選んだはずです。

 

だったらもっとそのチームのためにも
自分のことをさらけ出してください
自分の考えをもっと伝えてください

自分の考えをはっきり伝えられるチームにする
自分の考えをはっきり伝えられる自分になる

これができないと上の世界で
闘っていくことは不可能です。

f:id:bskbskpointgetter:20170128010456j:plain

僕はいつも言っています。

 

 

バスケを上達させるためには
まずはメンタルだと。

 

スキル以前に
心の部分を変えていかないと
大きな飛躍はあり得ません。

 

 

今日はここまで!
最後までありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

修一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。