ムービングスキル

NBAで活躍する175cmのプレイヤーに学ぶ、ロッカーモーション。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

175cmでNBAの世界で活躍をしている、アイザイア・トーマスを知っていますか?16-17シーズンでは、セルティックスを導きカンファレンスファイナルまで駒を進めました。得点ランキングでも2位。輝かしい実績を残しています。

今回の記事では、そんなアイザイア・トーマスがセルティックス在籍中に見せたロッカーモーションの上手い使い方を紹介します。

アイザイア・トーマスのロッカーモーション

アイザイアのロッカーモーションですが、この動画をご覧ください。

ブルズvsセルティックスの一戦。

試合も終盤に差し掛かっていて第4Qに強いアイザイアをブルズのジミー・バトラーがマークしていました。

その時の一幕なのですが、アイザイアがバトラーを抜き去ろうとした直後ロッカーモーションを入れてタイミングを外しズレを作り出しています。

詳しいことに関しては動画内で説明しているので必ず見てください。このロッカーモーションは「ロッカーを開け閉めする動作に似ている」ことから名付けられた動きです。このプレイの特徴は「行くと見せかけて行かない。と見せて行く。」プレイです。

言葉にするとなかなか難しいと感じられるかもしれませんが、実際にやってみるとわかるはずです。

また、このプレイができるようになることでスピードが全くなくてもタイミングのズレを誘発できるのでディフェンスを抜き去ることができるようになります。ディフェンスを抜き去るためには圧倒的なスピードなんてなくても大丈夫です。圧倒的なスピードがなくてもディフェンスを抜くことができるということに関しては、「『緩急』というテクニックが、バスケではものすごく重宝するテクニックだった?!」で詳しく触れています。

タイミングやスペースにズレを生むことができればスピードに自信がなくても抜けるようになります。

それでは今すぐにこの動画を見てください。

冒頭に載せたものと同じですが見ていない可能性もあるのでもう1度。

そして、明日の練習ではロッカーモーションの動きを自分で確認してみてください。そしてこのプレイを身につけることができるようになればあなたは素晴らしいプレイヤーへの階段を1段登ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

コメントを残す

*