たった1つのあることを身に付けるだけで、あなたのシュート率は格段に上がる?!

シュートが入っている選手と
入っていないあなたの
違いはたった1つ?!
そのたった1つのことさえ
身につければあなたの
シュート確率も格段に上がる?!

 

 

 

 

どうも!修一です。

 

 

僕はあなたのシュートが
練習してもしても
全く入らない理由を知っています。

 

 

 

あなたは
こう思っていないですか?

 

 

シュートは練習量だ
とにかく毎日練習して
感覚を身につけよう

 

この考え方も
間違いではないです。
ほとんど正解です。

 

もちろんシュート練習をしないと
入るようにはならないです。

 

 

しかし、
それよりも前に
身につけておくべきこと

があるのです。

 

 

この事実はほとんどの人が
知りません

 

 

あなたが考えもしないような部分に
実はシュートが入るようになる
秘訣が隠されているのです。

 

 

この内容を知っているだけで
あなたのシュートは
瞬く間に入るようになります

 

打ったシュートは
リングに吸い込まれる
んです。

 

そして監督から次第に
お前今日スタメンだ
の言葉が聞こえてきます。

 

チームメイトからも
「なんでそんなに入るんだよ!」
「俺にも教えてくれよ!」
と言われるようになります。

 

 

 

試合になると今までベンチだった
あなたの居場所は
いつしかコート状になり
試合に出ずっぱりに。

 

チームがピンチの時には
あいつを交代させると
点取れなくなるんだよな
と監督が思うようになります。

 

 

あなたはチームに必要な存在に。

 

 

いつしかあなたは
チームの顔となりエースとなり
対戦校には厳しいマークを
余儀なくされます

 

そのディフェンスをかいくぐって
決めるシュートは快感です。

 

 

 

一方でこの内容を知らずに
今のままただ黙々と
シュート練を続けるだけだと

 

あなたのシュートは
一向に入る気配はなく
上達していると
自分自身で感じられません

 

 

ただ時間が過ぎていくだけ。
全く身についていないのに
無駄な時間と疲れが溜まる一方

 

 

シュートが入らないので
試合に出られるのは
点差が離れてからの
監督の「お情け」。

 

あなたの実力を
買っているわけではありません

 

それでも試合に出られればいい方。
ベンチに入れるかどうかも危うい。

 

 

あなたにシュートという
取り柄がなければ
チーム内に
居場所はありません

 

 

スタンドで声を張り上げ、
応援したくもない
後輩や同級生のプレイを
指を咥えて観戦することに

 

 

思い出は何も得られないまま
部活を引退することになります。

 

 

 

冒頭でお伝えした
たった1つのことを
知っているか知らないかの違いで
あなたのバスケ人生は変わります。

 

今すぐにこの内容を知るだけで
あなたのバスケ人生は
いい方向に進みます。

 

逆にこの内容を知らずに
シュート練だけを続けていくと
あなたのバスケ人生は今のまま
あるいは悪くなります

 

 

その1つのことって?

 

 

 

それではそろそろ
お教えしましょう。

 

 

その1つのこととは

 

考え方

 

です。

 

 

 

あなたがシュート力を
向上させたいのであれば
まずは考え方から
身につけなければなりません

 

 

 

ここで突然ですが質問です。

 

 

 

NBA選手の
ステファンカリー
クワイレナード
をあなたは知っていますか?

 

 

おそらく知っていると思います。

 

どちらの選手も今は
NBAを代表するスタープレイヤーです。

 

しかし、NBA入りした当初は
全く期待されていませんでした

 

 

この2選手は
シュート力を確実に向上させ、
点取り屋として有名になりました。

 

 

カリーは今や言わずと知れた
スーパースターです。

 

が、ウォリアーズ入団当初は
体が小さい上に、線も細く
加えて身体能力に劣る。

 

 

そんなカリーでは
ドアマットチームのベンチ要員
という程度の評価でしか
ありませんでした。

 

 

それでもそのような
有識者の評価とは裏腹に
当時ドアマットチームだった
ウォリアーズの中で。

 

想像以上の活躍を果たし、
3年目にはチームの改革に伴い
エースにまで上り詰めたのです。

 

13-14シーズンになるとチームは
プレイヤーデベロップメント
(選手育成)という人材を
在籍させることになります。

 

 

そして、
ジョーボイラン
という人物が就任。

 

14-15シーズンには新たに
ブルースフレイザー
という人物を招き入れ、
選手育成に力を入れるようになりました。

 

 

もう1選手であるレナード
2011年のドラフトの後に
トレードでスパーズに入団。

 

レナードの評価のほとんどは
ディフェンス面の貢献からで、
オフェンス面での貢献は
あまり評価されていませんでした。

 

そんなレナードには
シュート力強化の
特別メニューが課せられました。

 

 

そんな彼をショットドクター
(シュートの専門医)と呼ばれた
チップイングランド
が指導することになりました。

 

そのイングランドの
指導を受けたレナードは
大学時代25%だった3P成功率が
36.7%にまで上昇。

 

今シーズンも
37%近い成功率を
今でも維持しています。

 

 

カリーを支えた
ブルースフレイザー

 

レナードを支えた
チップイングランド

 

 

この2人は
2013年あたりから
にわかに脚光を浴び始めました。

 

 

この2人にはNBAでの
プレイ経験がありません。

 

また、大学時代に
優れたシューターだった
ということも
あまり触れられることがありません。

 

こうなると
フレイザーやイングランドが
どんな練習メニューを
選手に課していたのか。

 

そこが気になるところなのですが
彼らが商売道具を
簡単にひけらかすわけもなく・・・。

 

全く手がかりがなかったんです。

 

 

 

 

そんな時に彼らの関連記事に出会いました。

 

 

 

そんな時に彼らの
関連記事に出会いました。

 

そこには
「Kendo」
「Zan-Shin」
という言葉が書かれていたのです。

 

 

その残心という言葉を調べてみると

 

「残心とは日本の武道及び芸道において用いられる言葉。心が途切れないという意味。意識すること、特に技を終えた後、力を緩めたりくつろいでいながらも注意を払っている状態を示す。また、わざと同時に終わってしまうのではなく、余韻を残すといった日本の美学や善と関連する概念でもある。」

 

とありました。

 

 

 

結果をあげる練習を構築した
2人のコーチのうちどちらかは
残心を考え方メンタルとして
選手に植えつけたのです。

 

 

このように実際に
NBAで活躍する選手が考え方を変える
または考え方を身につけただけで
シュート力が向上したのです。

 

 

きっと驚いたことでしょう。
「え?シュート練だけしてれば
いいんじゃないの?」
と。

 

 

残念ですが
シュートよりも先に
考え方を身に付けることが
なのです。

 

 

気づけばあなたは
ただシュート練習をすることが
シュートの確率をあげる方法
だと思い込んでいたのです。

 

そう思わざるを得なかったのです。

 

 

あなたも
フレイザーイングランド
指導をしてもらっていれば
確実に上手くなりました。

 

 

すでにトップレベルにいる
NBA選手の実績を
向上させたのです。

 

あなたが
上達しないわけありません

 

 

ただ現実的に考えてあなたが
フレイザーやイングランドに
教えてもらうことは
到底不可能です。

 

 

 

 

だったらどうすればいいの?

 

 

あなたがもし、
シュート確率を上げたいのならば
それに必要な考え方について
学ばないといけません。

 

しかし、まずはあなたがなぜ
そのことを知らなかったのか、
シュート率が全く上がらなかった
原因を知っておく必要があります。

 

 

それは明日のメールで
お伝えします。

 

 

 

そのメールを読むことで、
あなたが今まで自分自身が
伸びてこなかった理由
がわかるようになります

 

「なんでシュート入んないんだよ」
悩んでいたものが
綺麗さっぱりと消え去ります

 

 

そして悩んでいたものがなくなり
今の自分自身に
必要なことが明確になります。

 

明後日の練習から割り切って
練習できるようになります。

 

そうすると
変なことを考えずに練習できるので
チーム練習にも身が入る
ようになります。

 

 

 

れではここまで読んでくれたあなたに
最後に質問があります

 

 

今日読んでみて
シュート力をつけるために
必要なことがわかったはずです。

 

その必要なことを知って
どう感じたのか。

「驚いた!」
「シュート練だけでいいと思っていた」
「意外だった!」
などなど。

 

なんでもいいので
感想を聞かせてください。

 

 

>>あなたの感想を聞かせてください<<

 

 

明日も今日と同じように
20時にメールを送ります。

 

楽しみに待っていてください!