シュート力を爆発的に向上させるプログラムついに公開!!

1ヶ月で考え方・メンタルを身につけ、
スタメンとしてコートに立ち
チーム1の得点を稼ぎ勝利に導く
スーパーエースになるための
驚愕のプログラム







どうも!
修一です。






「1ヶ月でメンタルを構築し、
スタメンとして試合に
出てチーム1の得点を稼ぐ

エース養成プログラム」

を公開することが決定しました!







とんでもない代物です。




僕が今まで伝えてきた内容とは
ケタ外れの内容となっています。






僕が教える通りに
考え方・メンタルを構築すれば、

あなたはオフェンスマシンとなり
試合にスタメン出場


チームで1番多くの得点を稼いで
自分の力でチームを勝利に導く







そんなバスケ人生を
歩むことができるのです。







あなたのおかげでチームは常勝になり、
他のチームから
あそことはやりたくない

そう思われるようになります。


しかもあなたの名前、
背番号は誰もが恐れ、

闘いたくないと口に出します




試合会場に行けば、
あなたの噂をする声が聞こえ
試合をすればプレイ見たさに
観客が殺到します。







試合の次の日の学校では、
「お前こないだの試合も
すごかったみたいだな!」

周りから声をかけられます。









あなたが好意を寄せる
女子を連れて行けば。



バスケしているときが
一番かっこいい

学校の時とバスケの時の
ギャップすごいね
!」

また試合ある時教えてね!」

と言われるようになります。





そしてその女の子は
いつの間にか彼女になっています。








今まであなたは

なんでこんなに練習しても
上手くなれないの

一瞬で上手くなれる練習法あったらな

と練習することに重きを置いてきたかもしれません。









指導者がとにかく
練習だ
と力説してきたからです。




練習すれば上手くなる人もいますが、
それは考え方メンタル
を持っているからこそなのです。


しかし指導者は勘違いをし、
メンタル面をあなたに教えることなく
あなたには練習だけを強要してきた







ただ練習だけをしても
上手くなるには限界があります



 

1.練習法よりも、考え方を教えてもらう

2.シュート・練習の意図・特徴を理解する

3.小手先以外のことも教えてもらう


4.1人1人に合った練習を教えてもらう

 

 

以上の4点を全て網羅できれば
あなたのシュート力は向上し
スタメンとして
試合に出られるようになります。

 

 

 

この4つを網羅するとどうなるの?

 

 

 

スタメンとして試合に出場し、
様々な場面でシュートを
決められる
ようになり

チームで1番の点取り屋になれるのです。







するともちろん
チームメイトからの信頼を受けるので、
競った試合ではボールを任され、
ラストショットを任される







そしてラストショットを決めた
あなたの元には

チームメイトが寄ってきて
お前のおかげで勝てたよ!」
と言ってくれます。







試合後に携帯を開いてみると
あなたがその試合に
呼んでいた女の子から
LINEがきているでしょう。

最後のシュートかっこよかった」と。







そのあなたが活躍する姿は
家族も見ているので
あなたの頑張っている姿に
感動します。

あなたはバスケを通して
親孝行できる
のです。







あなたを
取り巻く環境は
一気に変化していく

のです。









スタメンで出られるようになりたい

チームで1番の点取り屋になりたい

チームメイトに信頼されたい

・家族に活躍しているところを見せたい

・好意を寄せる女の子に
かっこいいところ
を見せたい





以上のようになりたければ、
あなたに教えてくれる人が必要です。

シュートに必要な考え方
そして、
シュートの意図特徴
教えてくれる人が。







そして、あなたに合った練習法を
教えてくれる
ノウハウ
あるいは指導者がいた方がいい
のです。









僕は全てを網羅し、
あなたを全力でサポートすると
約束
します。


 

 

 

このプログラムで手に入るもの

 

 

 

☆考え方・メンタルをまとめた
点取り屋必須メンタルPDFテキスト


☆トップアスリートから学ぶ
プロ選手マインド総まとめPDFテキスト


☆様々なシュートをまとめた
シュート特化型PDFテキスト


☆僕との個人LINEで行う「個別コンサルティング


☆回数・期間無制限のLINEサポート




気になるPDFテキストの内容ですが、
その全貌を今ここで明らかにします!!

 

 

☆考え方・メンタルをまとめた「点取り屋必須メンタルPDFテキスト

 



◎シュートは喜怒哀楽を押し殺すことが鍵を握る?!

 

あなたは今までこんなことを
思ってきていませんでしたか?

「シュート入ったよっしゃ!」
「うわ、得意なとこなのに外した」
「クッソ。今日なんも入んない」

 

シュートが入れば喜んで、
シュートが外れれば悲しんで落胆して。

 

入った喜びを感じることはいいですが、
外す度に落胆していたら
それ以降のシュートも落ちます。

 

「シュート」に対して
その都度一喜一憂していたら
何がいけないかって
あなたのメンタル・気持ちです。

 

 

そんな波の激しい精神状態で
試合を決めるシュートも
緊迫した場面でのフリースローも
決められるはずありません。

 

何をすれば落ち着いた状態を
生み出すことができるのか
それをあなたにお伝えします。

 

 

◎シュートが入らないのは当たり前。4/10で入るあなたはNBA選手級

 

あなたはシュートが安定しないと
「全然安定しない。」
「全然ダメだ」
と言っていませんか?

 

その状態が何日か続いた時に
「シュートフォーム変えよう」
と言っていませんか?
思っていませんか?

 

それ、完全い悪い状態に
陥っています。

 

 

あなたはNBAの1試合の
平均のFG%を知っていますか?

知っているあなたも
知らないあなたも
ここで確認しましょう。

 

その数字を交えて、
「シュートが外れることは当たり前」
ということを解説します。

 

シュートが外れたとしても
常にポジティブに捉えるメンタルを
身につけましょう!

 

 

◎1stオプションになれば必然的にボールが集まる

 

オフェンスの時はあなたが
常に「1番」
でなければいけません。

 

点を取りたくないのであれば別ですが
点取り屋は常に「1番」です。
チームの1stオプションとして
オフェンスを牽引します。

 

自分が王様としてチームに君臨できたら
もうあなたは点取り屋としての
地位を確立できています。

 

ここではチームの中で
あなたが常に「1番」で、
「王様的視点を持つ」ことの
重要さについて解説していきます。

 

 

◎最後のショットは何がなんでも打て

 

あなたは1点差で負けている
残りの10秒のマイボールで
最後のシュートを打てますか?

あなたはどう答えますか?
「Yes」?
それとも「No」?
どちらでしょうか。

 

もしあなたが点取り屋を
目指しているのであればここは
「Yes」と
言っておかなければいけません。

これは必ずです。

 

ラストショットを決める場面というのは
勝敗に大きく直結してきます。

その1本が入れば勝ち。
外れれば負け。

 

そう、ラストショットを打つということは
最大の勝因も最大の敗因も
背負うことになるのです。

 

その要因を背負うことが
あなたを責任感のあるプレイヤーに
育ててくれるのです。

 

 

◎エース・点取り屋に必要なのは「自覚」

 

あなたは常に「俺がやらなきゃ」
という自覚を持って
プレイができていますか?

 

「あいつにやってもらおう」
「俺がやらなくてもいいや」
と思っていませんか?

 

あなたが
「俺がやる!」という
目標を持たずにプレイ
しているようであれば。

監督はあなたに
チームを任せられないでしょう。

 

それは監督だけに限らず
チームメイトも思います。

「なんで人任せにしてるあいつが
試合出てるんだよ」と。

 

そんな無責任な選手が
チームを勝たせることができますか?
できると思いますか?

 

自覚がなくて無責任なプレイヤーが
チームの中心選手に
なれるはずありません。
点取り屋失格です。

 

 

チームの中心選手として
チームの点取り屋として
試合で活躍したいのであれば
この内容は必見です。

 

 

◎他の選手と同じことをしてても同じ選手しか育たない

 

あなたは周りよりも
ずば抜けた存在になりたいですよね?

周りよりもずば抜けた成長を
遂げたいのであれば、
あなたは他の選手と同じ練習をしていて
いいはずがありません。

 

そうじゃないですか?
同じことをしていたら
全く同じ選手にしか育ちません。

 

周りと差をつけて
自分自身がずば抜けた成長を
遂げたいのであれば
他の選手と同じことをしていたら無理です。

 

まずは「他の人と違うことをする」
というメンタルを身につけましょう!

 

◎実生活にも活かせる絶対的な信頼の勝ち取り方

 

バスケだけでなく
学校生活においても
どんな場面でも誰からでも
信頼を勝ち取ることは可能です。

 

それは「◯動」「△動」を
一緒にするだけ。

ただそれをするだけで、
あなたは信頼を勝ち取ることが
可能になるのです。

 

その「◯動」「△動」の言葉とは?

 

ここを読んで実践するだけで
あなたは信頼を得られるようになります。

 

 

◎NBA選手も持ち合わせる究極メンタル!

 

トップのNBA選手なら
誰もが持っている究極にして
最強のメンタルがあるんです。

 

しかし日本人は謙虚なので
それができません。

それが「周りのことを思いやっていない」
と思われてしまうことになるのです。

 

そんな「日本人」の考えを持っているだけでは
今後伸びていくことはありません。

 

あなたはこの内容を
知って意識するだけで
NBA選手と同じ考え方を持つ
プレイヤーになります。

チーム内では圧倒的な
存在感を放つプレイヤーに
成長します。

 

 

◎日本人とアメリカ人の決定的な違いは「国民性」

 

世界一の強さを誇るアメリカと
アジアでも勝てない日本。

 

同じ人間なのに
日本のバスケが全く
アメリカに歯が立たない理由は
「国民性」に難があるからです。

 

日本人の良さは「協調性」
それがバスケにおいては
必要なかった?!

 

 

◎あなたの常識は他の人にの非常識?!

 

あなたが今も思っているその「常識」
実はそれ、
他の誰にも通用しないんですよ?

 

だって、よく考えてみてください。

仮に自主練の「普通が」あなたの中では
1時間だとしても
他の選手の「普通」は
2時間という人もいるでしょう。

 

それはその人の普通だから。
それがその人の常識。

 

通用するわけないじゃないですか。

 

しかしその常識の違いにさえ気づけば
あなたの普通はもっと大きなもの
より密度の濃いものになっていくでしょう。

 

 

◎具体的な数字を出して自分を追い込め

 

人間は「具体的な数字」があると
イメージをしやすい生き物です。

 

例えば「余命3ヶ月」とか
「全治2ヶ月」とか。

数字を具体的にするからこそ
よりイメージができて
強いインパクトとして
あなたの脳裏に残るのです。

 

その人間の特性を活かせば
あなたのシュート能力はもちろん
バスケ能力も向上します。

 

 

◎他人の言うことを100%信じた方が上手くいく

 

あなたはいつも
「自分を信じろ」と
言い聞かされていませんか?

 

監督も試合前になったら
「自分を信じていけ」
と言ってくるかもしれません。

 

しかしそれが実は間違っています。
あなたは自分自身のことを
信じてはいけません。

自分を信じることで
あなたのプレイは上手くいかなくなるのです。

 

どんな時に他人のことを信じて、
どんな時に自分のことを信じればいいのか
それについて解説しています。

 

 

◎「とりあえず練習」は間違った考え方?!

 

「とりあえず練習しとけばいいだろ」
という考え方は致命的です。
練習をするだけでいいのなら
誰も苦労しません。

 

今まであなたに散々、
「考え方・メンタルを身につけろ」
と言ってきましたが、
それをしなければなりません。

 

何も考えを持たずにやる練習
「とりあえず練習」は
全く意味をなしません。

時間と労力の無駄です。

「練習しないことが上手くなる秘訣」
なのです。

 

 

◎バスケは「◯◯◯◯◯」が上手くなる秘訣

 

プレイが上手くいかないと
あなたは「なんで?」と
いつも思っていませんか?

それが上手くなれない原因なのです。

 

失敗しても上手くいかなくても
トップレベルの選手ほど
「◯◯◯◯◯」と考えながら
プレイをしているのです。

 

「なんで」とは思いません。

 

その「◯◯◯◯◯」と考える思考が
上手い選手の思考なのです。
あなたもこれを読めば
その思考を学ぶことができます。

 

 

◎喧嘩するほど強いチームを作る

 

あなたはチームメイトと
喧嘩をしたことがありますか?

「喧嘩したらチームが壊れる」
と思っていませんか?

 

それは勘違いです。

 

強いチームほど喧嘩をしています。
弱いチームほど喧嘩をしようとしません。

喧嘩をふっかけることもありません。

 

チームを強くしたいのであれば
あなたが喧嘩を売るくらい。
チームメイトがぶつかり合うことが
必要なのです。

 

 

◎「できるかわかんなくて怖い・・・」は考え方として論外

 

「俺がチームの点取り屋になるなんて。
怖いしできると思えない。」
と考えているそこのあなた。

残念ですが、そんなあなたは
上手くなれるはずがありません。

自信がなくても
「俺はできる!」という
根拠のない自信も時には必要です。

 

「こんな俺にできるかわからない」
「失敗した時が怖い」

こんな貧弱野郎と
同じ考え方を持っているようなら
正直あなたには未来はありません。

 

あなたは自信を持っていいのです。
その自信が
あなたを成長させるのです。

 

 

 

☆トップアスリートから学ぶプロ選手メンタル総まとめPDFテキスト







◎マイケル・ジョーダンから学ぶメンタル

バスケの神様と言われている
マイケル・ジョーダン。
あなたが想像できない驚くべき
メンタルを持っています。

 

それが神様と呼ばれる所以かもしれません。

マイケル・ジョーダンの名前は知っていても
プレイを見たことがない人は多いはず。

 

そんなあなたも彼の考え方を知り、
チーム内で圧倒的な存在感を放つ
プレイヤーになりましょう。

 

 

◎コービー・ブライアントから学ぶメンタル

15-16シーズンで引退したコービー。
驚くべき忍耐力と勝利への飢えが
彼を育て上げたのです。

 

彼は超ストイックなことで知られており、
バスケへの飽くなき向上心
勝利への異常な執着心は
彼のメンタルがあってこそです。

 

あなたも彼のメンタルを学び、
チームメイトから嫌われることよりも
勝ちへの執着心を
身につけましょう。

 

 

◎本田圭佑から学ぶメンタル

サッカー日本代表として
活躍する本田圭佑。

 

彼はビッグマウスと
メディアから言われていますが、
あなたもあのくらいに
自分の考えを言えるようになりましょう。

 

俺が口にする彼自身の考え方とは?!
あなたも学んで
日本を代表するアスリートに
近づきましょう。

 

 

◎長友佑都から学ぶメンタル

今は海外のビッグクラブでプレイしていますが
大学時代はスタンドにいた
長友佑都。

 

そのスタンドで応援していた大学時代から
わずか4年でイタリア1部セリエA
インテルに加入するに至ったのです。

 

そして5年が経った今もなお
チームに在籍し、活躍をしています。

 

試合に出られない日々を乗り越えたのは
間違いなく「諦めなかった心」や
彼のメンタルの強さが
あったからこそです。

 

あなたも不屈の心を持ち
大きいとは言えないその身体でも
活躍できている
長友のメンタルを学びましょう!

 

 

◎イチローから学ぶメンタル

今や世界のレジェンドになったイチロー。

彼はすでにアメリカで
16年以上プレイしており、
未だにトップレベルで活躍しています。

 

そんなイチローは
特別な身体能力に秀でているわけでもなく
メジャーリーガーの中でも
身体能力がない部類でしょう。

 

しかしなぜこうして長い間現役を続け
トップレベルで闘い続けることが
できているのでしょうか?

それはおそらく
考え方もプレイの仕方も
何か独自のものが
あるに違いありません。

 

その中から
イチローのメンタルについて
お伝えします。

 

 

◎各スポーツ界を代表する選手から学ぶメンタル

バスケ界、サッカー界、野球界、テニス界。

各スポーツ界を代表する
トップアスリートから学ぶ
活躍するために必須なメンタルとは?

 

スポーツの競技は違えど
考え方は真似できるところがあります。

 

だからこそ僕はこうして
あなたのお伝えしているのです。
もし関係なければ
お伝えしません。

 

考え方は本質が同じところがあります。
言葉の使い方や言い回しは違っても。

彼らが共通して考えている本質や
あなたに届けたい内容は
同じなのです。

 

そんな様々なスポーツ界の
トップで活躍するプレイヤーの
メンタルをまとめました。

 

 

☆様々なシュートをまとめたシュート特化型PDFテキスト

 



◎ジャンプシュート





☑︎ジャンプシュートほど奥が深い?!

 

同じシチュエーションで打つことが
ほぼないこのジャンプシュート。
簡単に身につけられるほど
楽ではない?!

 

あなたも1度は悩んだことがあるでしょう。
「ジャンプシュートが入らない」と。

 

しかし悩むのも無理ありません。
かなり奥が深いシュートです。

 

同じシチュエーションで打つことは
ほとんどありません。

 

そんな中でもジャンプシュートを
高確率で決めてくる選手は
何が違うのか。

それについて解説します。

 

 

☑︎シュートフォームを変えるのはタブー



シュートの基礎は不変?!
全く変わらないシュートの基礎。

 

シュートフォームを変えることは
タブーです。

今のフォームが入らないからといって
入るシュートフォームを
探そうとしていませんか?

 

それは間違った考え方です。

 

あなたの今のフォームは
バスケを始めた当初から
慣れ親しんだフォームのはずです。

そのフォームで
そのありのままのフォームで
続けていく方がベストです。

例え入らないとしても
フォームが変だとしても
あなたはあなたのままでいいのです。

 

ここではそんなシュートの本質・基礎
についてお伝えします。

 

 

☑︎シュートを打った「後」に入るかどうかが決まる



シュートが入るかどうか、
打った「後」に決まる?!
意識すべきは打ち終わってからなんです。

 

シュートが入るかどうかは
打つ「前」ではありません。
打った「後」なんです。

 

「打った後は何もできないんだから
打った後の意識で入るようになるなんて
おかしくね?」

と思っているかもしれませんね。

 

無理もありません。
もうボールを話している以上は
コントロールすることもできません。

しかし、ここでお伝えしている
シュートを打った「後」に
意識を向けることができれば
あなたのシュートは入り出します。

 

 

☑︎シュートの微調整のコツは「ガリッ」

 

シュートの微調整は
「ガリッ」で決まる。
ボールを離す瞬間まで
意識すべきポイントとは?!

 

シュートの微調整って難しくないですか?
例えば3Pなら少し強めでいいのに
フリースローレーンの近くからだと
強すぎても弱すぎてもだめ。

 

でも「ガリッ」を意識しておけば
微調整ができるので
感覚をつかむことが容易になります。

 

シュートはあなた自信の
感覚が掴めれば
面白いように入り出すのです。

 

その感覚を掴むためにも
「ガリッ」を意識して
シュートを打ちましょう!

 

 

☑︎力は抜いたくらいがちょうどいい?!

 

力の入れすぎは、
シュートが外れる原因です。

 

 

監督に言われませんか?
「力抜け!」と。
でも力を抜くと今度は
「もっと力強く!」と言われる。

八方塞がり状態になりますよね?

 

それを解消するためには
「力を抜くところ」と
「力を入れるところ」
を理解しておく必要があります。

 

しかし、「身体を連動させろ」と
言ってくる監督もいますよね?
本当に難しい問題です。

 

がたった1つ。
たった1つのところの力を抜けば
あなたは悩む必要が無くなります。

 

そのたった1つの
力を抜くところとは??

 

 

☑︎身体全体の連動性が鍵を握る?!

 

身体のタイミングがバラバラだと
フリーでも外します。

身体を連動させることは
シュートにおいてもドリブルにおいても
ディフェンスにおいても
重要な要素です。

 

だからと言って、
連動性ばかりに気を取られていると
実はシュートが外れたり
上手くプレイできない原因になります。

 

どの場面で身体全体を連動させて
どの場面で身体を連動させない方がいいのか

それについてここではお伝えします。

 

 

☑︎片目でリングを見たらシュート確率は下がる

 

シュートを構えた時に
両目でリングが見えないと
〇〇感が全然違う?!
この〇〇感が大きく左右するんです。

 

あなたはシュートを構えた時に
ボールでリングが見えなくなることは
ありませんか?

片目でしかリングが見えていない
そうなったことはありませんか?

 

その状態だと
〇〇感が全く違うので
いつもの感覚が狂って
シュートが外れる原因になります。

 

ここではその〇〇感について
解説していきます。

 

 

☑︎カーメロに学ぶ空中でフリーを作り出す無敵シュート

 

NBA選手のカーメロに学ぶ、
どんな状態でも空中でフリー作り出す
無敵シュートとは?!

 

あなたはいつもタイトなディフェンスをされると
いつもよりも窮屈で
プレッシャーを感じながら
シュートを打っていませんか?

しょうがないですよね。
ディフェンスが激しいので。

 

その状態で打ったシュートは
入らないことがほとんどではないですか?

タフなシュートになってしまい、
無理矢理打つことになる。

 

そんなことをしていたら
強豪と闘う時には
あなたは全く使い物になりません。
あなたは活躍できません。

 

ここでお伝えするシュートを身につければ
ディフェンスが激しくても
あなたは空中でフリーになって
シュートを入れることが可能になります。

 

ここでは
カーメロ・アンソニーが得意とする
シュートをお伝えします。

 

 

☑︎バンクシュートは2つのポイントを抑えればOK

 

バンクシュートを打つ時に
抑えるべきポイントは2つ。

 

その2つさえ意識できれば
様々な角度・距離から
バンクシュートを入れることが
可能になります。

 

プレイしていて
「ここはボード使わないと難しいな」
「ボード使った方が入りやすいな」
そんなシーンありますよね?

 

その時にとっさにバンクシュートを選択し
入れられる技術があったら
良くないですか?

そんなバンクシュートに必要なのは
たった2つのポイントです。

 

その2つのポイントについて
詳しく解説していきます。

 

 

 

◎レイアップ

 

 

☑︎レイアップ

 

超有名漫画の主人公、
桜木花道が良く口にする
「庶民シュート」
これができないとめちゃかっこ悪いです。

 

「庶民」と言ってますが、
実はかなり奥が深いですよね。
レイアップと一言に言っても
種類も打ち方も色々あります。

 

そんなレイアップについて
ここではあなたにお伝えします。

 

 

☑︎どんなに大きなディフェンスも越せるシュート

 

どんなに小さな選手でも
大きい選手を越すことは可能?!

 

NBAのガードでも
身につけている
日本人でも簡単に身につけられる
シュートがあるんです。

 

このシュートを身に付けることで
どんなに大きな選手で
ブロックの上手い選手だとしても
あなたはいとも簡単にシュートが入ります。

 

そのディフェンスをあざ笑うかのように
あなたのシュートはディフェンスを越え、
リングに入っていきます。

 

このシュートを身につけて
ブロックを全く怖がらない
強心臓のプレイヤーになりましょう!

 

 

☑︎難易度Max!レイアップと同じモーションのループシュート

 

ループシュートの中でも
難易度Maxのシュートを紹介。

 

このシュートはとても難しく
コントロールが本当に難しい
シュートです。

 

ただこのシュートを身に付けるだけで
レイアップと同じモーションから
ディフェンスを越えるシュートを
放つことが可能になるのです。

 

レイアップと同じモーションなので
とっさに反応できず
ディフェンスはお手上げ状態です。

そんなディフェンスを交わす
シュートをここではお伝えします。

 

 

☑︎とあるテクニックを使えばリングにボールが吸い込まれる

 

とあるテクニックを使うことで
どんなシュートも自然と
リングに吸い込まれていきます。

 

その時に使うのは


ボードだけ。

 

この2つを上手く使うことで
リングにボールが吸い込まれていく
不思議な感覚を
味わうことができます。

 

ドライブインするのが得意で
まだゴール下で全然点が取れない
と悩むあなたに
オススメのテクニックです。

 


☑︎レイアップと同じモーションでディフェンスを左右にずらすステップ

 

欧州出身の選手が
多用するステップなのに
アルゼンチン出身選手の
名前が入ったこのステップ。

 

ヨーロッパの名の付くステップですが、
今ではどんな選手でも使います。
もちろん日本人でも。

 

レイアップの時のステップを同じですが
ステップの踏み方や方向が違うので
ディフェスの対応が難しくなります。

シュートだけでなく
ステップも身につけて
手のつけられない選手になりましょう!

 

 

☑︎自分の1番得意な必殺シュートを身につけろ

 

多くの技を覚えておくに
越したことはないです。
しかしあなた自身の必殺技を
持っておくことも大事です。

 

トニー・パーカーも
ジェームス・ハーデンも
自分の必殺技を持っています。

その必殺技があるからこそ
他のプレイがより際立つんです。

 

 

☑︎勢いが殺せなくてもダイジョーブ

 

勢い余ってレイアップを
外してしまった経験はありますか?
あれってちょっとした工夫をすれば
いとも簡単に入れることが可能です。

 

スティールからのカウンターや
リバウンドを取った後の速攻は
勢いに乗っていますよね?

レイアップもそのままの勢いで
打ってしまいがち。

 

それでシュートを外した経験はありませんか?

 

その時に意識を変えれば
そのシュートをいとも簡単に
入れられるようになります。

 





◎3Pシュート





☑︎○度ずれただけでシュートが入らない?!

 

3Pは◯度ずれただけで

外れると言われています。
かなり繊細なタッチが要求される
シュートです。

 

ゴール下なら
ボードの狙った位置に当たらなくても
入ることってありますよね?

しかし3Pは狙ったところに飛ばないと
ほとんど入らないと言っても
過言ではないでしょう。

 

それは距離が遠くなっているので
大きな角度のずれが
シュートが外れる原因です。

その「角度のずれ」は
あなたが思っている以上に小さなものです。

 

ごくわずかなずれによって
3Pは外れてしまうんです。

 

 

☑︎2Pと同じシュートフォームで3Pを届かせる方法

 

2Pと同じフォームで打ってたのに
全然届かない。
と悩む人がたくさんいます。

だからと言って、
シュートフォームを変えるのは
良くないと言いましたよね?

 

同じシュートフォームで届かせるには
打つ時のとあるポイントと
身体の動きが重要になってきます。

その2点についてお伝えします!





◎試合で絶対使えるシュート





☑︎カーメロが多用する○○○ステップ

 

NBA選手のカーメロ・アンソニーが
多用するステップ。

このステップができるようになるだけで
場面場面に応じた
選択ができるようになります。

 

ステップでディフェンスをずらし、
シュートをするスペースも
シュートフェイクに引っかからせることも。

このステップを使いこなせるようになれば
その後の選択肢が一気に増えます。

 

万能なこのステップについて
ここではお伝えします。

 

☑︎○○○の移動だけでシュートが一気に楽に?!

 

激しいマークにあっていても
この「移動」を意識するだけで
シュートを打つのが
今よりもずっと簡単になります。

 

ディフェンスにチェックされることも
叩かれることもないでしょう。

 

かなり細かいところですが、
ないがしろにされています。

この移動を意識してできると、
ファールをもらうことも
可能になります。

 

 

☑︎ファールを誘発する高等テクニック!

 

シュートファールを誘発できる
テクニックが存在します。

 

NBA選手のルー・ウィリアムスが
このテクニックに長けています。

 

180cmちょっとの身長で
20点以上を稼ぐ試合もある彼。

時には1試合で20本近く
フリースローを打つこともあります。

 

そんな彼のファールを誘発する
テクニックをここではお伝えします。

 

 

☑︎小さな選手のディフェンスに対する接触は必須

 

小さな僕やあなたは
接触を嫌がりますよね?

弾き飛ばされてしまう可能性
だってあります。
でも、接触した方が
実はいいんです。

 

接触をすることでブロックされる
可能性が低くなったり
ファールをもらうこともできます。

フィジカル的に負けているからと言って
接触を嫌がっていると
シュートも入らないし
ファールももらえません。

 

ここでは
接触することの必要性や
接触の仕方をお伝えします。

 

 

☑︎最も重要なのは見るポイント!

 

いくらシュートのバリエーションが増えても
それが使える場面と
使えない場面があります。

 

そのためには
あなたは「見る」という
行為をしなければなりません。

ただ、見るところも肝心で
むやみに見ていても
意味がありません。

 

その見るところと
そこを見る意味について
ここでは詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

これらの内容をPDFテキストで
まとめています。



今回のサポート内容は3点です。







LINEメッセージサポート







LINEでのサポートを行います。


このメルマガを登録した時に
僕の「LINE@」に登録したかと思いますが、
このプログラムで使うLINEは
僕がプライベートでも使用しているアカウントです。


メッセージのやりとりの回数も
期間も無制限です。


安心してください。










LINE電話サポート







電話でのサポートも受け付けます。




このサポートは、
メールでは伝わりにくいと
僕が感じた時に提案
させていただく場合があります。


また、あなた自身
メッセージだけじゃわかりにくい
そう思った場合にお使いいただけます。

なお、このサポートに関しては
「このプログラムに関して」
の質問”のみ”に答えます。

・PDFテキストの味方がよくわからない
・テキストのここに書いてあるのはどういう意味?
といった内容の質問にお応えさせていただきます。


この電話でのサポートは、
提案をした際に
すぐ時間が取れない場合には

日程を調整します。




この電話は「LINE」で行います。
あなたの携帯の電話番号を
知らせる必要がないので

安心してください。




このLINE電話サポートも
回数・期限無制限で行います。






毎日のメッセージのやりとり


毎日の練習で感じたことを
あなたに報告してもらいます。


そこで感じたことがあれば
僕がアドバイスなどをしています。









※この写真は実際のやりとりです。








参加してくれたあなたが
毎日の成長を実感することができます。

 

少し前の自分と比較することもできるので
それがモチベーションになって
頑張ることもできます。




※実際の参加者の声です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加を考えているあなたに
重大なお知らせがあります

 

 

 





ここで、このプログラムへの
参加を考えているあなたに

重要なお知らせがあります。


実は今回のこのプログラムへの参加は
有料にしようと考えています。




今までは誰もが受け取れるように
プレゼントとして来ましたが、
本気度の強いあなただけに参加してもらいたいので
有料とすることを決めました。




また、もう1つの有料に
する理由をお伝えします。



僕はこのプログラムを
立ち上げるに当たって

莫大な時間と労力、
お金をかけてきています。





あなたを
爆発的に成長させるプログラムです。





内容はかなり濃いです!




製作者である僕が保証します。




ですから、
それ相応の値段になります。
かなり高いです。
あなたが想像している以上に高価です。

 

 

「もしも効果が現れなかったら?」
そう思っているかもしれませんね。


そのことに関しては
安心していただいて大丈夫です。


もしかしたら「有料だから
という理由で
このプログラムへの参加を
諦める人がいるかもしれません。



ここまで読んできてくださっている
あなたには
絶対に届けたいと
強く願っています



なので、今回に限り
特別に全額返金保証を付けます。




もしも全ての内容を熟読し、
ステップアップシート通りに進め、
わからないところを僕に聞いて
上達するために頑張った。


しかし、シュート力は向上せず、
試合に出られることもなく
参加する前となんら変わらなかった


のであれば、
代金をそのままお返しいたします。




メールやLINEにて
「返金希望」と冒頭に記入の上、
「お名前」「口座番号」を記入し
僕にメッセージを送ってください。


1週間以内に返金いたします。


また返金を申し出られた際も
PDFテキストや
ステップアップシートを

返品する必要はありません


全てあなたのものです。




これは僕を信用し
貴重な時間と労力をかけてくれた
あなたへの僕からのお詫びであり
感謝の気持ちです。




ですからあなたは
実質0円で
このプログラムに参加できる
というわけです。




あなたが損することは
絶対にありません。



参加しないことだけが損
なのです。





「なぜそこまでするのか」
と疑問に思うかもしれませんが、
その理由は2つあります。




①単純に自信があるから



僕はこの方法・プログラムに
絶対的な自信を持っています


僕のバスケ人生の
全てを費やして作り上げた
と言っても過言ではありません。




それであなたのバスケ人生の
糧にならなかったのであれば
それは僕の責任です。




②あなたを本気で救いたい。


何度も言っていますが、
僕は本気であなたを救いたいのです。


僕はあなたの悩み・痛みを
誰よりも理解している
つもりです。



過去の自分を思い出すと
今でも、辛かったことを
鮮明に思い出します。





しかし、
このプログラムをあなたが手に入れ

実践することで
それを解決できる
のです。



なので、
どうしても手に入れていただきたい。

僕はあなたが納得するまで
とことんお付き合いします




あなたのためだけに用意された
全額返金保証付きなので
どう転んでも
あなたが損することはありません。

 

 

 

プログラムに関する質問と回答

 

 



それではここからは公開する
プログラムの内容の詳細を
Q&A形式でまとめたので
必ず最後まで読んでください。




Q&Aは13コあります。
全て大切なものなので、目を通してください。











Q1
このプログラムはどういった内容ですか?


A1
3部に渡るPDFテキスト
が主なものとなっております。




PDFテキストにおいては、
必要で身に付けるべき考え方メンタル
練習すべきことシュートの特徴など
を書き記しています。


PDFテキストだけでも
かなり詳しく説明されています。


それだけでなく
LINEサポートもさせていただくので、
わからない内容があれば
いつでも連絡できて必ず解決できる

そんな内容になっています。








Q2
普段ガードではなく
インサイドでプレイしていますが
それでも使えますか?


A2
もちろんです。


レベルが高くなればなるほど
インサイドの選手もガード的な動きが求められます
そのため、どのポジションでも
使える内容が掲載されています。




Q3
仕事勤めをしているのですが
それでもできますか?


A3
できます!


週に1日しか練習できなくても
「今日はここをマスターする!」
明確な目標を持って練習に臨み
着実に成果をあげている方がいます。




Q4
この方法で誰でもスタメンになって
チーム1の得点を稼げるようになるんですか?


A4
もちろんです!


・・・・と言いたいところですが
人それぞれ個人差がありますから
断言することはできません。




しかし、僕が紹介する方法に沿って
コツコツ練習を続けてもらえれば
上達しないことは考えられません。




また、今のところ上達できなかった人たちは
1週間も続けることのできなかった人です。


本気でシュート力を身につけて
成果が出なくても根気よく継続できる。
そんなあなたなら必ずと保証します。






Q5
サポート体制について教えてください。


A5
プログラムに関するお問い合わせは
個別LINEにて受け付けます。
メッセージでも電話でも受け付けます。


メッセージにつきましては
24時間以内にお返事させていただきます。




そのメッセージだけではわかりにくい
ということに関しては、
電話でのサポートも相談も受け付けます。


ただ、僕の仕事の関係もありますので
電話に出られないケースも考えられます。


その際はメッセージにて日程・時間を
相談したいと考えています。




Q6
本当はこれ独学でできるんじゃないの?


A6
もしかしたらできるかもしれません。
しかし、あなたには教えてくれる指導者」の
存在が必要不可欠です。


あなたが間違った方向へと成長しないように、
間違った時は指摘してくれる。
そんなあなたに合った指導者が必要です。




今のあなたを作っているのは、
今のあなたの指導者です。


その指導者の教える内容が間違えていたとしたら、
あなたの持っている情報・知識も
間違えているということです。




ということは、あなたはちゃんと知っている人に
教えてもらわないといけません
しかし、今のあなたの周りにはその人がいません。
それをできるのが今回のこのプログラムです。








Q7
これって今すぐ必要なんでしょうか。


A7
必要です。
これは断言できます。


人間は期限や期日を先延ばししたくなる生き物です。
しかし、「今の自分を変えたい」と思うのは
今この瞬間しかありません


おそらく1週間後のあなたは
「このままでもいいや〜」と
思っているかもしれません。




こうして僕のメールを読んでいる今
最もあなたが変わりたい!」と
願っているタイミングなのです。


そのタイミングを逃したら
もうあなたの目の前にはチャンスはやって来ません




チャンスというものは
気づかぬうちにやって来ます。
そして気づいたら
どこか遠くへいっています




Q8
自分1人だけ成長して
チームの勝利に結びつくのでしょうか。


A8
結びつきます。
直結してきます。


あなたが「チームのために!」と常に思って
毎日の練習に励む事で
あなたに刺激を受けるチームメイトが
必ず現れます




そのあなたの強い想いが
周りのチームメイトに伝染していって、
チーム内にいい効果をもたらします。
あなたが。




あなたが必死にプレイすることによって
チーム内の競争も生まれ
全体が刺激を受けるようになるのです。






Q9
このプログラムは有料なんですか?


A9
はい。有料とさせていただきます。


まだ値段に関しては確定していないのですが、
それ相応の値段になるかと思われます。




あなたのシュート力を爆発的に向上させ
考え方メンタルを構築させるためのものです。
内容としてはとても濃いです。


ただし、あなたの状況を考え、
それを踏まえた値段にしようと考えています。




Q10
学生だから全くお金持っていない・・・。


A10
安心してください。
一括で払えなくても分割でのお支払い
可能とさせていただきます。


Q11
このことが家族や友達に
バレないか不安です。


A11
それも安心してください。


あなたの
家に何かが届くといったことはありません


登録されたメールアドレスや
LINE以外には何も送られてきません。
安心してください。




LINEでテキストを送りします。
PDFファイルやメッセージを覗かれないように
1人の時に見てくださいね




Q12
アドレスを登録して個人情報が
漏れないか心配です。


A12
これも絶対にないので安心してください。




お預かりした個人情報は
僕が責任を持って
しっかりと管理させていただきます


ですから
今回登録して迷惑メールが増えたり、
詐欺に巻き込まれるといったことは
一切ありません。




Q13
今回の料金で
別途追加料金は取られますか?


A13
全て込み込みの料金を提示します。
今回のプログラム参加費用以外には
お金は一切かかりません。


安心してください。





-Q&Aはここまで-





今回のプログラムは
明日の夜21時から明日を含めた
3日後の23:59分まで
受付を行います。




23:59分を過ぎた時点で
受付は終了となります。










さらに今回プログラムに
申し込んでいただいた方が

シュート力を向上させ
スタメンとして輝いて欲しい。

あなたが活躍できるまで
徹底的に
全力で
サポートさせていただくために。



誠に勝手ながら
人数を制限させていただきます




今回申し込めるのは




限定7



とさせていただきます。









7名にさせていただいたのは、
サポート内容であるメッセージの返信を
24時間以内に返していきたいということと、


1人1人のプレイスタイル特徴
性格ポジション得意不得意なプレイ
などなどその人に合ったサポート
アドバイスをしていきたいからです。




参加申し込みしてくれた
あなたにも迷惑になります。





そのため、
今回のプログラムは
7名とさせていただきました。



なお、3日後の23:59分にならなくても
参加者が7名に達した瞬間に
参加受付は締め切らせていただきます。



明日は時間に余裕を持って
僕からのメールを待っていてください。










一生誰からも
「まだお前試合出られてないのかよ」
と言われない
シュート力オフェンス力を
身につけてください




シュートが下手試合に出られず
出ても全く活躍できない

バカにされて味方の足を引っ張るだけの
お荷物部員

 

あなたは悔しくないですか

 

同級生や後輩が
あなた自身を差し置いて
試合に出ている


それをベンチで

歯がゆい思いをしながら
ずっと見つめている


「シュートが入らないから」

と言う理由で
あなたは試合に出られないのです。

あなたが試合に出られない原因は
もうすでにわかっているのです。

 

それを解決すれば
あなたは試合に
出られるようになります


そして徐々に出場時間が伸び、

気づけばスタメンとして
コートに立っているでしょう。

 

スタメンとして
大きな体育館のコートに
整列している姿を想像してください。

 

チームを背負っているんだ
と感じることと同時に
こんなにスタメンって気持ちいいんだ
と感じることでしょう。

 

スタメンとして試合に出るのと
控えで試合に出るのとでは
感覚が全く違います。


スタメンというのは

チームを代表する存在
です。

 

もちろん控えとして出るのも
チームを代表する存在と
言えるかもしれません。

 

しかし、
ずっとベンチに座っていたら
試合に出られない
ことだってある
のです。


あなたはその経験を

今までずっとしてきたはずです。


そうしたら

あなたは自分が
チームを勝利に導いた

と胸を張って言えるでしょうか

 

スタメンとしてコートに立ち、
チームトップの得点を稼いで
チームを勝利に導く

 

それが
チームを勝たせる
ということです。

 

チームのために
闘っていると言えるのです。

 

 

しかし今の現状のあなたは
それができず悔しいと
感じていることでしょう


だからこそいつも僕の

メールを読んでいるはずです。

 

明日のメールを読み
プログラムへの参加を表明すれば
あなたは成長への第一歩を
進めることになります




今まで控えとして

試合に出られるかすらわからなかった
そんな自分自身とは
明日でお別れ
です。







チームメイトから信頼・尊敬され
お前のおかげで勝てたよ!!」
と言われる喜びを味わってください。


今日は、明日から受付を開始する
プログラムへの意気込みを
僕に聞かせてください。

 

1ヶ月で覚醒する!」
絶対にスタメンになるまで諦めないで
このプログラムで自分自身を磨く!」

などなどあなたの
想いを聞かせてください。

 

 

>>プログラムへの意気込みはココをクリック<<

 

 

 

 

熱い熱い想いを持つ
あなたのために、

僕も全力で伝えます。


サポートもプログラムも

もちろんあなたのためのもの


最後まで全力を尽くします

 

あなたも最後まで諦めずに
僕に付いてきてください。



プログラムの参加申し込みは
明日の21時からスタートです。

21時に僕からメールが届いた瞬間から
申し込み受付開始です。

 

自分の個人能力を爆発的に引き上げ、
チームを勝たせる
1番の点取り屋になりたいのであれば、
明日の21時のメールを真っ先に確認してください

 

そして、このプログラムへ参加し、
僕と一緒に二人三脚で
スタメンへとジャンプアップし、
チーム1の点取り屋になりましょう

 

 

 

それでは明日の21時。
僕からのメールを楽しみに待っていてください!