あなたをシュートマシンにするためのプログラム始動!!

ベンチに座れればいい方だった
誰からも必要と
されない選手でも
たった1つのことを
身につけるだけで
チームメイト全員から
その実力を認められ
信頼されるスーパーエースに
変貌するプログラム

バスケのセンスや特別なスキル
知識・実績
そういったものは
一切なくても大丈夫です。

必要なのは素直な気持ち
チームを思う気持ち

シュート力を身に付けて
試合に出て活躍したい
その思いさえあれば十分です。





 
シュート練習をチームメイトよりも
多くやっているのに。
 
シュートが入らない
試合に出られない
試合に出てもパスが回ってこない
 
どうしたら活躍できるのか。
どうすれば上達できるのか。
不安は募るばかり
 
 
そんな不安を持つあなたのために
このプログラムを作りました。
 
この手紙には
一度必ず目を通してください
 
あなたのシュート力を
今こそ変えてみせます








どうも!
修一です。
 
 
あなたは今まで
こんな考え方を
持っていませんでしたか?
 

シュートは練習量だ

 

とにかく毎日練習して
感覚を身につけよう




この考え方も
間違いではないです。
ほとんど正解です。

 

もちろんシュート練をしないと
シュートは入るようになりません。

 
 
しかし、
それよりも前に
身につけておくべきこと
があるのです。
 
 
この事実は
ほとんどの人が知りません
 
 
 
あなたが
考えもしないような部分に
実はシュートが入るようになる
秘訣が隠されているのです。
 
 
 
この内容を知っているだけで。
 
あなたのシュートは瞬く間に
入るようになります

打ったシュートは
次第にリングに
吸い込まれるようになります。

 

監督から次第に
お前今日スタメンだ
と言われるようになります。

 

チームメイトからも
「なんでそんなに入るんだよ!」
「俺にも教えてくれよ!」
と言われるようになります。

 

 

 

 
 
試合になると今までベンチだった
あなたの居場所は
いつしかコート上になり

試合
に出ずっぱりになります。
 
チームがピンチの時には
あいつを交代させると
点取れなくなるんだよな
と監督が思う
ようになります。
 
あなたはチームに必要な存在に。

 

 

いつしかあなたはチームの顔となり
エースとなり
対戦校には厳しいマークを
余儀なくされます

 

そのディフェンスをかいくぐって
決めるシュートは快感です。

 
 
一方でこの内容を知らずに
今のままただ黙々と
シュート練習を続けるだけだと
 

 

あなたのシュートは
一向に入る気配はなく
上達していると
自分自身で感じられません
 
ただ時間が過ぎていくだけ。
全く身についていないのに
無駄な時間と疲れが溜まる一方
 
 
シュートが入らないので
試合に出られるのは
点差が離れてからの
監督の「お情け」。

あなたの実力を
買っているわけではありません。

 

それでも試合に出られればいい方
ベンチに入れるかどうかも危うい

 

 

あなたにシュートという取り柄がなければ
チーム内に居場所はありません

 

 

 

スタンドでは声を張り上げ
応援もしたくない
後輩や同級生のプレイを
指を咥えて観戦することになります。




 
思い出は何も得られないまま
部活を引退することになります。
 
 
 
たった1つのことを
知っているか知らないかの違いで
あなたのバスケ人生は変わります。
 

今すぐにこの内容を知るだけで
あなたのバスケ人生はいい方向に
進みます

 

 

逆にこの内容を知らずに
シュート練だけを続けていくと
あなたのバスケ人生は今のまま
あるいは悪くなります

 今のあなたはこんな感じではないですか?

 

 

「入るようにならないのに
シュート練習を続けるのが苦痛







シュートが入らず試合には出られない







「同級生や後輩が試合に出ているのを
指を咥えてベンチで見ている







「試合に出られるとしても
点差が30点以上離れている時で、
その機会すら全くない







「試合に出ても
ボールをもらうことができず

シュートを打つことはまずない




「シュートを打ったとしても
カットされるか外れる

 

「カットされたり外れたりするから
ますますボールをもらえなくなる





「女の子からは『ださ
という声が聞こえてくる」









シュートが入らないだけで
こんなにも多くの悩みを
抱えているのが

あなたの現状ですよね?




練習時間が長い上、
シュート力がないから

試合に出られない。

出てもボールがもらえるか
どうかもわからない

シュートを打っても
入ることなんてない





同級生や後輩が
試合に出て活躍している姿を見て
歯がゆいですよね?
悔しいですよね?



挙げ句の果てには
せっかく勇気を出して試合に誘った女の子
だっさ」と言って
二度と会場に足を運んでくれなくなります。






でもきっと、


今よりも
シュート率を上げたい

試合に出て
シュートを決めまくりたい

チームで1番点を取る
存在になりたい

・好きな女子を呼んで
かっこいい」と言われたい!

 

これがあなたの願いですよね?









あなたは普段必死に
練習しているのに

全くシュートが
入るようにならない



あなたの努力は
とてもよくわかっています。

 

僕も同じ境遇を
経験したことがあるので

痛いほどあなたの気持ちが
わかります







「シュート率を上げて
試合で活躍するんだ!」

と思ってとにかく
シュート練習をする。

しかし、全く入るようにならない
周りの選手は入るようになるのに




誰よりもシュート練習をして
誰よりもシュートを研究して
誰よりも遅くまで体育館に残って練習する。
それでも上手くなれない。


こんなに努力してるのに。」



そう思っていますよね?




その気持ちが僕もよくわかります。
なんでシュート入るようにならないんだよ
といつも思っていました。




だから、
絶対に無理だ
そう思っていませんか?





「シュート練習をせずに
シュートが入るようになるなんて
まずありえない。」

「チーム1の得点を稼ぐなんて無理だ。」


「俺があの女の子に振り向いてもらえる
可能性は限りなく0に近い。」






当時中学生だった僕と同じです。




僕も当時は


練習時間短くなってでも
上手くなる方法ないかな〜」


「できればシュート練せずに
入るようになったらいいんだけど・・・」


「試合で活躍してるかっこいいところを
あの子に見せたいなぁ





こんなことを思っていました。






でもこんなこと絶対無理だよな
そう思っていたのです。






しかし、とある出会いを境に
この夢で、無理だと思っていたことは
次々に叶えられたのです。




出会いによって僕はスタメンになり
シュートを打っても
ブロックされることはなくなりました

 

 

ディフェンスに合わせて
シュートを選べるほど
バリエーションも
増やすことができました







チーム1の得点を稼ぐことが
いつしか当たり前になり、
強豪との試合ではコートに出突っ張り







試合に女の子を呼べば間違いなく
かっこよかったと言われるんです。
他校の女子からも連絡先を聞かれる
というおまけ付きで。






この未来を、
あなたも手に入れることが可能なのです。

 

 

この未来をあなたも手に入れることが可能なのです

 



それお前だからできたんだろ
そうなりたいけど自身ないなぁ


こんなことを呟いてはいませんか?
大丈夫です。僕にもできたんです。
あなたにもできるようになります。


身長が全くなく
シュートセンスもなかった
僕でもできたのです。


あなたと同じ状況だった
この僕にもできたんです。




あなたにも
この世界を体感する権利があります





今のあなたが
シュートが全く入らなくて
試合に出られず悩んでいるとしても。






スタメンとしてコートに立てる。





・ボールがどんどん自分に回ってくる





・あなたを活かすために
味方がスクリーンなどを使って
助けてくれる





・ディフェンスの
包囲網をかいくぐって

シュートを決められる。





選抜のチームに選出される





・「かっこいい
と女の子に言ってもらえる。





他校の女の子から連絡先を聞かれる





25点以上を稼げるようになる





・シュートバリエーションが増える





・チームのエースになれる





強豪校の選手と友達になって
優越感に浸ることができる。







あなたは上記の内容を、
全てあなた自身の
手中に収めることが可能なのです。




こんな未来があなたには待っているのです。




これを全て叶えてもいいんです。
というか、叶ってしまうんです。







僕が教える
シュート率アップに
必要な考え方もメンタルも

あなたが身に付けることができれば

 

 

この世界をなぜ知ることができなかったのか

 

 

 

それは先日も言いましたが、
あなたのせいではないからです。
あなたは悪くないんです。






それを教えない、
あるいは教えることのできない

監督が悪いのです。





監督が
シュート練をとにかくすればいい
あなたに合った最適なアドバイスをくれない

こんな現状だからあなたは
巻き込まれてしまったのです。







そんなあなたを僕が救います。
僕はあなたの救世主になると約束します




あなたは1人ではないのです。




僕が全力でサポートさせていただきます。





いつでも相談に乗ります。
一緒に考え、
答えを出していきましょう!







今でこそ僕は人に教えられるほどの
シュート力と、バリエーションを持っていて
県選抜に入った実績があります。


しかし、
以前はあなたと同じ境遇だったのです。





試合には出られない
ただの使えないチビ
でした。





何も貢献できないお荷物部員でした。




そんな僕でも
考え方を身につけメンタルを構築し、

自分独自の練習とトレーニングで
メキメキと力をつけていきました




こんな僕にもできたのです。




ですからあなたも心配しないでください。
あなたは1人ではありません。

 

 

 

なぜこのプログラムが生まれたのか

 

 

 
高校受験が一段落し、
中学の部活に顔を出した時の話です。




練習に少し参加して、
全体練習が終わって
シューティングをしていると

後輩のR君が僕に近寄ってきてました。



「どうした?」と聞くとR君は、

「どうしたら先輩みたいに
シュートあんなに
入るようになるんですか?」

と聞いてきました。

 

話を聞いてみると
そのR君も試合に出たいけど
シュートが入らない

どうしても試合に出たいから
シュート力を身に付けたい
とのことでした。

 

僕は
1年の時の俺と一緒だ」と感じ、
同じ境遇だったR君に
伝授することにしました。




まず1番始めに教えたことは
考え方」でした。







R君も当時の僕と同じように
とにかく練習だけして、
入らないから諦めていた
みたいなのです。

 

なので、そのR君にも母の友人に
教えてもらったように教えてあげました。



「NBA選手はね・・・・」
という話をすると
とてもびっくりしていました。


まず考え方をR君に教え
そのあとにシュートの特徴や
具体的な練習方法を教える

 

その後、
実際に使える場面を教えてあげて
練習で実践させる。


これを繰り返しました。




毎回様々な質問をしてくるR君は
会うたび会うたび
上手くなっていきました





僕が教えたことを、
素直に聞き入れて
実践したから
です。







僕が教え始めてから
1ヶ月後の公式戦では

途中出場ながらも15点をマーク

次の試合からスタメンで
出ることも増えていきました。





僕の卒業の日。


R君は僕に満面の笑み
「先輩のおかげで上手くなれました!
ありがとうございます!」
こう言ってくれました。







僕はこのときに
自分がしてきたことは
間違っていなかったと

確信しました。


さらに誰かに教えても
確実にその能力を
伸ばしてあげられる



今まで自分が上手くなってきた
練習法や考え方が

このときに
自信から確信へと変わりました

 

 

次はあなたの番です

 

 

次にシュートのバリエーションを増やして
シュートの確率を上げ、
スタメンとして試合に出られるようになるのは
あなたです。

 

 

あなたにもできます。

バスケをしていて
ほとんどの人が楽しさを感じる部分は
試合に出て点を取ること
です。

 

 

 

それでもシュートの入らない人たちは
センスや身体能力がないからと言って
諦めているのです。

 

 

もしかしたらあなたも
そう思っているかもしれません。

 

 

 

しかし、センスや身体能力が
全てではありません

ある考え方を身に付けて
メンタルを構築するだけなのです。

 

シュート率を上げるには
ひたすらのシュート練習だ
と思い込んでいるあなたに。

 

なぜ、そう思い込んでいたのか。
その原因についてお話ししていきます。

 

あなたが毎日シュート練習をしているのに
「何で入るようにならないんだよ」
イライラしていた自分悩んでいた自分とは
別れることができます

 

何でかって?
それはあなたのせいではないからです。

 

あなた自身のシュートが入らない原因は
あなたに何も悪い点がないからです。

 

あなたがバスケをしている環境上、
「シュートはとにかく練習だ」
思い込んでしまうことは
仕方なかったのです。

 

あなたのセンスがなかったからでも
あなたの練習法が
悪かったからでもありません。

 

 

あなたがなぜシュートに
必要な考え方を
教えてもらえなかったのか

 

 









その原因は、
あなたにバスケを教える監督
のせいなのです。











あなたにバスケを教える監督が、
そもそも
「シュートを入れるには考え方だ」

ということを知らないからです。




ただ練習をすればいい
と思っていたからです。




重要なことは、
シュート練習の数でも
シュートを打つ際の
指先の使い方

身体全体の連動でもありません。








最も重要なのは
昨日もお伝えした通り、

考え方メンタルなのです。






しかし、
それを監督は知らないから
とりあえずシュート練しとけよ〜
と言ってくるのです。









あなたの監督が知らない理由も、
世間一般に出回っている
シュート練の方法

とりあえずシュートを打て
と言っているからです。





その影響があなたにも
及んでしまっている

というわけです。












先日Twitter上で
とあるアンケートを
取らせていただきました。





「シュート確率を上げるために、
1番必要なこととは
なんだと思いますか
??」

という質問に対して、
636人の方から回答をいただきました。









アンケートの選択肢は


・シュート練習
・考え方
・指先の使い方
・身体を連動させること


という4つです。








最も票数が多かったのは
思った通り
シュート練習」という回答で、

50%(318票)でした。




身体を連動させること」が23%
指先の使い方」が18%
最も少なかったのは
考え方」の9%でした。









僕の思った通りになったので
やはり
監督の影響を受けているな〜

と感じました。




監督の影響が
あなたにまで
及んでしまっている
のです。






監督が知らないのは
仕方のないことです。





その監督は教える立場ですし、
チームの指揮を執る立場です。

 

もちろん、勉強をして
勝てるチームにしようと
試行錯誤を繰り返しています。





その「勝ちたいという想いが
逆効果になっているのです。








その監督は勝ちたいがために
インターハイや
ウィターカップを視察。

 

ほかの指導者の方と
意見交換をしたり
情報をかき集めています。









その中で1番注目するのは
やはり、練習についてなのです。




この「練習をとにかくやる
と言う考え方が、
1番大きな原因です。





「あのチームの選手は
このプレイが上手い。

どうやったらうまくなれるのか、
普段している練習を
後で監督に聞いてみよう
。」





「こんな練習をしているのか!
早速うちも取り入れよう。

最初は時間をかけて
ゆっくりやらないとな





「あそこのチームは
休みが月に2日しかないのか!

うちも負けてられないな。
休みの数を減らそう。」






こうして、
どんな練習をすれば勝てるのか。

どのくらい練習すれば勝てるのか。




そこを
とにかく突き詰めたのです。

莫大な時間を費やして




そうすると選手から
聞こてくるのは不満の声。





選手は練習時間が長いことや
休みが全くないことに激怒
練習では頑張っても監督がいなくなると
不満を口にする




監督と選手の関係はギクシャクし
監督への信頼は失われ
練習は常にピリピリモード









シュートが入らなければ
シュート練習してないから
入んねぇんだよ
!!」

と罵声を浴びせてくる。





ペナルティも課してくる。
シュートミスに怯えながら
バスケをする。





負の連鎖です。


シュート力をつけたいから練習する。

練習量が増えて
選手から不満が出てくる。


練習を嫌だと感じ、
不満が爆発。


信頼関係が失われて、
関係はギクシャク。


練習の雰囲気はもう最悪。






こうした負の連鎖に
巻き込まれたあなたは
シュートの確率が
上がらなかった
のです。

 





そしてさらに負の連鎖は続き、






練習量の多いチームが強い。

そのチームに勝つために
練習量を増やす。


またそのチームに勝つことを
目的とするチームが現れる。


そのチームよりも練習量を増やす。




こういった最悪な連鎖
起こったのです。













実はこれだけではなく
まだ監督には3つの原因があります。






1、練習・シュートの意図を理解していない








監督は、1つ1つの練習や
シュートにある
「意図・特徴」
を全く理解していません。

 

「あのチームがやっているなら
やってみよう」

という思い込みで
指導をしている
のです。





例えば、フローター。
このシュートの特徴は
「ふわっ」と浮かせて打つ
シュートです。





ディフェンスを
超えるためのシュートであり、

高い軌道を描いて
リングに吸い込ませるシュートです。






それに関しても
知らない指導者が多いのです。

 

シュートの確率を上げるために
必要な考え方を知らない
上、

シュートの特徴すら分かっていないのです。

 

「分かった気になっている」
ということもあり得ます。




分かっていないことは
あなたに教えられるはずもなく、

練習の目的がはっきりしないまま
なぁなぁに進んでしまうのです。

 

無駄な時間を過ごしている
とも言えます。





これはあなたに
悪いところはありません。





指導する立場にある監督が
教えられないことに
原因があるのです。


 

 

2、小手先のテクニックだけでいいと思っている







「このシュートの時には
こうやって打てよ」

「このシュートは
手の使い方がこうなんだ」

と監督は教えてくれませんか?



ただシュートを打つ時の
手の使い方や

身体を連動させるだけでは
シュートは入るようになりません。

 

もしそんなシュートや
テクニックがあるなら
全ての指導者がそれを実践し、
全ての選手が体得しているはずです。




でもそれができていない。

全ての選手が
できているわけではないので

小手先のテクニックだけでは
不十分だということです。



3、1人1人に合った練習を教えられない

 







これは監督に限らず、
日本のバスケ事情的に
仕方のないことなのです。

 

圧倒的に指導者が少ないので
1人1人を見ている余裕がない




1人1人見ている余裕がないので
もちろんあなたに合った
練習法を教えることができない
のも

仕方のないことなのです。





アメリカの高校ともなると
ヘッドコーチを始め、
アシスタントコーチがいます。

また、ディフェンス、シュート、
ドリブルなどを専門とする

コーチ陣が脇を固めています。



日本はバスケに
力を入れていないということや、

資金的な面、バスケ環境の違いから
どうしても仕方のないことなのです。






とにかく練習をしないと
勝てないと思っている

練習・シュートの意図を
理解していない

小手先のテクニックだけで
いいと思っている

1人1人に合った練習を教えられない




以上の4つの原因から
あなたはシュートが
上手くなれなかったのです。






もう1度言いますが、
あなたは何1つとして悪くありません。




悪いのは監督なのです。







監督によって
上達する機会を逃している。

こんなことがあっていいのか。




あっていいわけがない!





僕はそう思い、あなたが
上達するためには何が必要か

考え抜きました。




あなたを救いたいと思い、
試行錯誤を重ねました。








そして作り上げたのです。




僕の体験談を基に、
あなたのシュート力を
向上させるための方法を。




練習をせずとも
上達したいと思いませんか

チームにはお前が必要だ
と言われたくありませんか?

チームを勝たせる
点取り屋になりたくはありませんか








練習をせずとも
あなたのシュート力は
一気に上がっていきます

シュートが入るようになります。








毎日辛い思いをして
練習終わりに体育館で

1人シュート練習を
していませんか










周りの同級生や後輩が
自分よりも試合に出ている姿を見て

悔しくてイライラしたことは
ありませんか










何もできない自分に
腹が立ったことはありませんか









そんな悩みは全て解消されます。








僕があなたにお教えする方法は、
シュート練習を全くせずとも
シュートが入るようになり
スタメンを掴み取ることのできる方法です。




あなたの個人の得点能力を
向上させるためには

ぴったりの方法なのです。










「そんな
うまい話あるわけない。」

「そんな魔法みたいなこと
起きるわけない
じゃん。」

「練習しなくても
シュート入るようになる?
ふざけてんのか。」









と思ったそこのあなた。
そんなうまい話があるんです。




魔法みたいじゃなくて
魔法が起きるんです。







練習しなくても
シュートが入るようになるのです。

これは嘘ではなく、
本当のことです。













それには、
まずあなたがメンタルや

考え方を身につけないことには
実現できるものもできなくなります








今までただ練習という
技術」的な部分に

重点を置いてきたことでしょう。




「とにかくシュート練だ!」
と思っていましたよね?








これからは「メンタル
考え方」の部分に、

重点を置いていけばいいのです。









シュート練習以前に、
まずはメンタル考え方です。
それが最も重要です。

このプログラムで手に入るもの





☆考え方・メンタルをまとめた
点取り屋必須メンタルPDFテキスト


☆トップアスリートから学ぶ
プロ選手メンタル総まとめPDFテキスト


☆様々なシュートをまとめた
シュート特化型PDFテキスト


☆僕との個人LINEで行う「個別コンサルティング


☆回数・期間無制限のLINEサポート




気になるPDFテキストの内容ですが、
その一部を特別に公開します!!

 

 

 

☆考え方・メンタルをまとめた「点取り屋必須メンタルPDFテキスト

 



◎シュートは喜怒哀楽を押し殺すことが鍵を握る?!

 

あなたは今までこんなことを
思ってきていませんでしたか?

「シュート入ったよっしゃ!」
「うわ、得意なとこなのに外した」
「クッソ。今日なんも入んない」

 

シュートが入れば喜んで、
シュートが外れれば悲しんで落胆して。

 

入った喜びを感じることはいいですが、
外す度に落胆していたら
それ以降のシュートも落ちます。

 

「シュート」に対して
その都度一喜一憂していたら
何がいけないかって
あなたのメンタル・気持ちです。

 

 

そんな波の激しい精神状態で
試合を決めるシュートも
緊迫した場面でのフリースローも
決められるはずありません。

 

何をすれば落ち着いた状態を
生み出すことができるのか
それをあなたにお伝えします。

 

 

◎シュートが入らないのは当たり前。4/10で入るあなたはNBA選手級

 

あなたはシュートが安定しないと
「全然安定しない。」
「全然ダメだ」
と言っていませんか?

 

その状態が何日か続いた時に
「シュートフォーム変えよう」
と言っていませんか?
思っていませんか?

 

それ、完全い悪い状態に
陥っています。

 

 

あなたはNBAの1試合の
平均のFG%を知っていますか?

知っているあなたも
知らないあなたも
ここで確認しましょう。

 

その数字を交えて、
「シュートが外れることは当たり前」
ということを解説します。

 

シュートが外れたとしても
常にポジティブに捉えるメンタルを
身につけましょう!

 

 

◎1stオプションになれば必然的にボールが集まる

 

オフェンスの時はあなたが
常に「1番」
でなければいけません。

 

点を取りたくないのであれば別ですが
点取り屋は常に「1番」です。
チームの1stオプションとして
オフェンスを牽引します。

 

自分が王様としてチームに君臨できたら
もうあなたは点取り屋としての
地位を確立できています。

 

ここではチームの中で
あなたが常に「1番」で、
「王様的視点を持つ」ことの
重要さについて解説していきます。

 

 

◎最後のショットは何がなんでも打て

 

あなたは1点差で負けている
残りの10秒のマイボールで
最後のシュートを打てますか?

あなたはどう答えますか?
「Yes」?
それとも「No」?
どちらでしょうか。

 

もしあなたが点取り屋を
目指しているのであればここは
「Yes」と
言っておかなければいけません。

これは必ずです。

 

ラストショットを決める場面というのは
勝敗に大きく直結してきます。

その1本が入れば勝ち。
外れれば負け。

 

そう、ラストショットを打つということは
最大の勝因も最大の敗因も
背負うことになるのです。

 

その要因を背負うことが
あなたを責任感のあるプレイヤーに
育ててくれるのです。

 

 

◎エース・点取り屋に必要なのは「自覚」

 

あなたは常に「俺がやらなきゃ」
という自覚を持って
プレイができていますか?

 

「あいつにやってもらおう」
「俺がやらなくてもいいや」
と思っていませんか?

 

あなたが
「俺がやる!」という
目標を持たずにプレイ
しているようであれば。

監督はあなたに
チームを任せられないでしょう。

 

それは監督だけに限らず
チームメイトも思います。

「なんで人任せにしてるあいつが
試合出てるんだよ」と。

 

そんな無責任な選手が
チームを勝たせることができますか?
できると思いますか?

 

自覚がなくて無責任なプレイヤーが
チームの中心選手に
なれるはずありません。
点取り屋失格です。

 

 

チームの中心選手として
チームの点取り屋として
試合で活躍したいのであれば
この内容は必見です。

 

 

◎他の選手と同じことをしてても同じ選手しか育たない

 

あなたは周りよりも
ずば抜けた存在になりたいですよね?

周りよりもずば抜けた成長を
遂げたいのであれば、
あなたは他の選手と同じ練習をしていて
いいはずがありません。

 

そうじゃないですか?
同じことをしていたら
全く同じ選手にしか育ちません。

 

周りと差をつけて
自分自身がずば抜けた成長を
遂げたいのであれば
他の選手と同じことをしていたら無理です。

 

まずは「他の人と違うことをする」
というメンタルを身につけましょう!

 

◎実生活にも活かせる絶対的な信頼の勝ち取り方

 

バスケだけでなく
学校生活においても
どんな場面でも誰からでも
信頼を勝ち取ることは可能です。

 

それは「◯動」「△動」を
一緒にするだけ。

ただそれをするだけで、
あなたは信頼を勝ち取ることが
可能になるのです。

 

その「◯動」「△動」の言葉とは?

 

ここを読んで実践するだけで
あなたは信頼を得られるようになります。

 

 

◎NBA選手も持ち合わせる究極メンタル!

 

トップのNBA選手なら
誰もが持っている究極にして
最強のメンタルがあるんです。

 

しかし日本人は謙虚なので
それができません。

それが「周りのことを思いやっていない」
と思われてしまうことになるのです。

 

そんな「日本人」の考えを持っているだけでは
今後伸びていくことはありません。

 

あなたはこの内容を
知って意識するだけで
NBA選手と同じ考え方を持つ
プレイヤーになります。

チーム内では圧倒的な
存在感を放つプレイヤーに
成長します。

 

 

◎日本人とアメリカ人の決定的な違いは「国民性」

 

世界一の強さを誇るアメリカと
アジアでも勝てない日本。

 

同じ人間なのに
日本のバスケが全く
アメリカに歯が立たない理由は
「国民性」に難があるからです。

 

日本人の良さは「協調性」
それがバスケにおいては
必要なかった?!

 

 

◎あなたの常識は他の人の非常識?!

 

あなたが今も思っているその「常識」
実はそれ、
他の誰にも通用しないんですよ?

 

だって、よく考えてみてください。

仮に自主練の「普通が」あなたの中では
1時間だとしても
他の選手の「普通」は
2時間という人もいるでしょう。

 

それはその人の普通だから。
それがその人の常識。

 

通用するわけないじゃないですか。

 

しかしその常識の違いにさえ気づけば
あなたの普通はもっと大きなもの
より密度の濃いものになっていくでしょう。

 

 

◎具体的な数字を出して自分を追い込め

 

人間は「具体的な数字」があると
イメージをしやすい生き物です。

 

例えば「余命3ヶ月」とか
「全治2ヶ月」とか。

数字を具体的にするからこそ
よりイメージができて
強いインパクトとして
あなたの脳裏に残るのです。

 

その人間の特性を活かせば
あなたのシュート能力はもちろん
バスケ能力も向上します。

 

 

◎他人の言うことを100%信じた方が上手くいく

 

あなたはいつも
「自分を信じろ」と
言い聞かされていませんか?

 

監督も試合前になったら
「自分を信じていけ」
と言ってくるかもしれません。

 

しかしそれが実は間違っています。
あなたは自分自身のことを
信じてはいけません。

自分を信じることで
あなたのプレイは上手くいかなくなるのです。

 

どんな時に他人のことを信じて、
どんな時に自分のことを信じればいいのか
それについて解説しています。

 

 

◎「とりあえず練習」は間違った考え方?!

 

「とりあえず練習しとけばいいだろ」
という考え方は致命的です。
練習をするだけでいいのなら
誰も苦労しません。

 

今まであなたに散々、
「考え方・メンタルを身につけろ」
と言ってきましたが、
それをしなければなりません。

 

何も考えを持たずにやる練習
「とりあえず練習」は
全く意味をなしません。

時間と労力の無駄です。

「練習しないことが上手くなる秘訣」
なのです。

 

 

◎バスケは「◯◯◯◯◯」が上手くなる秘訣

 

プレイが上手くいかないと
あなたは「なんで?」と
いつも思っていませんか?

それが上手くなれない原因なのです。

 

失敗しても上手くいかなくても
トップレベルの選手ほど
「◯◯◯◯◯」と考えながら
プレイをしているのです。

 

「なんで」とは思いません。

 

その「◯◯◯◯◯」と考える思考が
上手い選手の思考なのです。
あなたもこれを読めば
その思考を学ぶことができます。

 

 

◎喧嘩するほど強いチームを作る

 

あなたはチームメイトと
喧嘩をしたことがありますか?

「喧嘩したらチームが壊れる」
と思っていませんか?

 

それは勘違いです。

 

強いチームほど喧嘩をしています。
弱いチームほど喧嘩をしようとしません。

喧嘩をふっかけることもありません。

 

チームを強くしたいのであれば
あなたが喧嘩を売るくらい。
チームメイトがぶつかり合うことが
必要なのです。

 

 

◎「できるかわかんなくて怖い・・・」は考え方として論外

 

「俺がチームの点取り屋になるなんて。
怖いしできると思えない。」
と考えているそこのあなた。

残念ですが、そんなあなたは
上手くなれるはずがありません。

自信がなくても
「俺はできる!」という
根拠のない自信も時には必要です。

 

「こんな俺にできるかわからない」
「失敗した時が怖い」

こんな貧弱野郎と
同じ考え方を持っているようなら
正直あなたには未来はありません。

 

あなたは自信を持っていいのです。
その自信が
あなたを成長させるのです。

 

 

☆トップアスリートから学ぶ「プロ選手メンタル総まとめPDFテキスト







◎マイケル・ジョーダンから学ぶメンタル

バスケの神様と言われている
マイケル・ジョーダン。
あなたが想像できない驚くべき
メンタルを持っています。

 

それが神様と呼ばれる所以かもしれません。

マイケル・ジョーダンの名前は知っていても
プレイを見たことがない人は多いはず。

 

そんなあなたも彼の考え方を知り、
チーム内で圧倒的な存在感を放つ
プレイヤーになりましょう。

 

 

◎コービー・ブライアントから学ぶメンタル

15-16シーズンで引退したコービー。
驚くべき忍耐力と勝利への飢えが
彼を育て上げたのです。

 

彼は超ストイックなことで知られており、
バスケへの飽くなき向上心
勝利への異常な執着心は
彼のメンタルがあってこそです。

 

あなたも彼のメンタルを学び、
チームメイトから嫌われることよりも
勝ちへの執着心を
身につけましょう。

 

 

◎本田圭佑から学ぶメンタル

サッカー日本代表として
活躍する本田圭佑。

 

彼はビッグマウスと
メディアから言われていますが、
あなたもあのくらいに
自分の考えを言えるようになりましょう。

 

俺が口にする彼自身の考え方とは?!
あなたも学んで
日本を代表するアスリートに
近づきましょう。

 

 

◎長友佑都から学ぶメンタル

今は海外のビッグクラブでプレイしていますが
大学時代はスタンドにいた
長友佑都。

 

そのスタンドで応援していた大学時代から
わずか4年でイタリア1部セリエA
インテルに加入するに至ったのです。

 

そして5年が経った今もなお
チームに在籍し、活躍をしています。

 

試合に出られない日々を乗り越えたのは
間違いなく「諦めなかった心」や
彼のメンタルの強さが
あったからこそです。

 

あなたも不屈の心を持ち
大きいとは言えないその身体でも
活躍できている
長友のメンタルを学びましょう!

 

 

◎イチローから学ぶメンタル

今や世界のレジェンドになったイチロー。

彼はすでにアメリカで
16年以上プレイしており、
未だにトップレベルで活躍しています。

 

そんなイチローは
特別な身体能力に秀でているわけでもなく
メジャーリーガーの中でも
身体能力がない部類でしょう。

 

しかしなぜこうして長い間現役を続け
トップレベルで闘い続けることが
できているのでしょうか?

それはおそらく
考え方もプレイの仕方も
何か独自のものが
あるに違いありません。

 

その中から
イチローのメンタルについて
お伝えします。

 

 

◎各スポーツ界を代表する選手から学ぶメンタル

バスケ界、サッカー界、野球界、テニス界。

各スポーツ界を代表する
トップアスリートから学ぶ
活躍するために必須なメンタルとは?

 

スポーツの競技は違えど
考え方は真似できるところがあります。

 

だからこそ僕はこうして
あなたのお伝えしているのです。
もし関係なければ
お伝えしません。

 

考え方は本質が同じところがあります。
言葉の使い方や言い回しは違っても。

彼らが共通して考えている本質や
あなたに届けたい内容は
同じなのです。

 

そんな様々なスポーツ界の
トップで活躍するプレイヤーの
メンタルをまとめました。

 

 

☆様々なシュートをまとめた「シュート特化型PDFテキスト



◎ジャンプシュート





☑︎ジャンプシュートほど奥が深い?!

 

同じシチュエーションで打つことが
ほぼないこのジャンプシュート。
簡単に身につけられるほど
楽ではない?!

 

あなたも1度は悩んだことがあるでしょう。
「ジャンプシュートが入らない」と。

 

しかし悩むのも無理ありません。
かなり奥が深いシュートです。

 

同じシチュエーションで打つことは
ほとんどありません。

 

そんな中でもジャンプシュートを
高確率で決めてくる選手は
何が違うのか。

それについて解説します。

 

 

☑︎シュートフォームを変えるのはタブー



シュートの基礎は不変?!
全く変わらないシュートの基礎。

 

シュートフォームを変えることは
タブーです。

今のフォームが入らないからといって
入るシュートフォームを
探そうとしていませんか?

 

それは間違った考え方です。

 

あなたの今のフォームは
バスケを始めた当初から
慣れ親しんだフォームのはずです。

そのフォームで
そのありのままのフォームで
続けていく方がベストです。

例え入らないとしても
フォームが変だとしても
あなたはあなたのままでいいのです。

 

ここではそんなシュートの本質・基礎
についてお伝えします。

 

 

☑︎シュートを打った「後」に入るかどうかが決まる



シュートが入るかどうか、
打った「後」に決まる?!
意識すべきは打ち終わってからなんです。

 

シュートが入るかどうかは
打つ「前」ではありません。
打った「後」なんです。

 

「打った後は何もできないんだから
打った後の意識で入るようになるなんて
おかしくね?」

と思っているかもしれませんね。

 

無理もありません。
もうボールを話している以上は
コントロールすることもできません。

しかし、ここでお伝えしている
シュートを打った「後」に
意識を向けることができれば
あなたのシュートは入り出します。

 

 

☑︎シュートの微調整のコツは「ガリッ」

 

シュートの微調整は
「ガリッ」で決まる。
ボールを離す瞬間まで
意識すべきポイントとは?!

 

シュートの微調整って難しくないですか?
例えば3Pなら少し強めでいいのに
フリースローレーンの近くからだと
強すぎても弱すぎてもだめ。

 

でも「ガリッ」を意識しておけば
微調整ができるので
感覚をつかむことが容易になります。

 

シュートはあなた自信の
感覚が掴めれば
面白いように入り出すのです。

 

その感覚を掴むためにも
「ガリッ」を意識して
シュートを打ちましょう!

 

 

☑︎力は抜いたくらいがちょうどいい?!

 

力の入れすぎは、
シュートが外れる原因です。

 

 

監督に言われませんか?
「力抜け!」と。
でも力を抜くと今度は
「もっと力強く!」と言われる。

八方塞がり状態になりますよね?

 

それを解消するためには
「力を抜くところ」と
「力を入れるところ」
を理解しておく必要があります。

 

しかし、「身体を連動させろ」と
言ってくる監督もいますよね?
本当に難しい問題です。

 

がたった1つ。
たった1つのところの力を抜けば
あなたは悩む必要が無くなります。

 

そのたった1つの
力を抜くところとは??

 

 

☑︎身体全体の連動性が鍵を握る?!

 

身体のタイミングがバラバラだと
フリーでも外します。

身体を連動させることは
シュートにおいてもドリブルにおいても
ディフェンスにおいても
重要な要素です。

 

だからと言って、
連動性ばかりに気を取られていると
実はシュートが外れたり
上手くプレイできない原因になります。

 

どの場面で身体全体を連動させて
どの場面で身体を連動させない方がいいのか

それについてここではお伝えします。

 

 

☑︎片目でリングを見たらシュート確率は下がる

 

シュートを構えた時に
両目でリングが見えないと
〇〇感が全然違う?!
この〇〇感が大きく左右するんです。

 

あなたはシュートを構えた時に
ボールでリングが見えなくなることは
ありませんか?

片目でしかリングが見えていない
そうなったことはありませんか?

 

その状態だと
〇〇感が全く違うので
いつもの感覚が狂って
シュートが外れる原因になります。

 

ここではその〇〇感について
解説していきます。

 

 

☑︎カーメロに学ぶ空中でフリーを作り出す無敵シュート

 

NBA選手のカーメロに学ぶ、
どんな状態でも空中でフリー作り出す
無敵シュートとは?!

 

あなたはいつもタイトなディフェンスをされると
いつもよりも窮屈で
プレッシャーを感じながら
シュートを打っていませんか?

しょうがないですよね。
ディフェンスが激しいので。

 

その状態で打ったシュートは
入らないことがほとんどではないですか?

タフなシュートになってしまい、
無理矢理打つことになる。

 

そんなことをしていたら
強豪と闘う時には
あなたは全く使い物になりません。
あなたは活躍できません。

 

ここでお伝えするシュートを身につければ
ディフェンスが激しくても
あなたは空中でフリーになって
シュートを入れることが可能になります。

 

ここでは
カーメロ・アンソニーが得意とする
シュートをお伝えします。

 

 

☑︎バンクシュートは2つのポイントを抑えればOK

 

バンクシュートを打つ時に
抑えるべきポイントは2つ。

 

その2つさえ意識できれば
様々な角度・距離から
バンクシュートを入れることが
可能になります。

 

プレイしていて
「ここはボード使わないと難しいな」
「ボード使った方が入りやすいな」
そんなシーンありますよね?

 

その時にとっさにバンクシュートを選択し
入れられる技術があったら
良くないですか?

そんなバンクシュートに必要なのは
たった2つのポイントです。

 

その2つのポイントについて
詳しく解説していきます。

 

 

 

◎レイアップ

 

 

☑︎レイアップ

 

超有名漫画の主人公、
桜木花道が良く口にする
「庶民シュート」
これができないとめちゃかっこ悪いです。

 

「庶民」と言ってますが、
実はかなり奥が深いですよね。
レイアップと一言に言っても
種類も打ち方も色々あります。

 

そんなレイアップについて
ここではあなたにお伝えします。

 

 

☑︎どんなに大きなディフェンスも越せるシュート

 

どんなに小さな選手でも
大きい選手を越すことは可能?!

 

NBAのガードでも
身につけている
日本人でも簡単に身につけられる
シュートがあるんです。

 

このシュートを身に付けることで
どんなに大きな選手で
ブロックの上手い選手だとしても
あなたはいとも簡単にシュートが入ります。

 

そのディフェンスをあざ笑うかのように
あなたのシュートはディフェンスを越え、
リングに入っていきます。

 

このシュートを身につけて
ブロックを全く怖がらない
強心臓のプレイヤーになりましょう!

 

 

☑︎難易度Max!レイアップと同じモーションのループシュート

 

ループシュートの中でも
難易度Maxのシュートを紹介。

 

このシュートはとても難しく
コントロールが本当に難しい
シュートです。

 

ただこのシュートを身に付けるだけで
レイアップと同じモーションから
ディフェンスを越えるシュートを
放つことが可能になるのです。

 

レイアップと同じモーションなので
とっさに反応できず
ディフェンスはお手上げ状態です。

そんなディフェンスを交わす
シュートをここではお伝えします。

 

 

☑︎とあるテクニックを使えばリングにボールが吸い込まれる

 

とあるテクニックを使うことで
どんなシュートも自然と
リングに吸い込まれていきます。

 

その時に使うのは


ボードだけ。

 

この2つを上手く使うことで
リングにボールが吸い込まれていく
不思議な感覚を
味わうことができます。

 

ドライブインするのが得意で
まだゴール下で全然点が取れない
と悩むあなたに
オススメのテクニックです。

 


☑︎レイアップと同じモーションでディフェンスを左右にずらすステップ

 

欧州出身の選手が
多用するステップなのに
アルゼンチン出身選手の
名前が入ったこのステップ。

 

ヨーロッパの名の付くステップですが、
今ではどんな選手でも使います。
もちろん日本人でも。

 

レイアップの時のステップを同じですが
ステップの踏み方や方向が違うので
ディフェスの対応が難しくなります。

シュートだけでなく
ステップも身につけて
手のつけられない選手になりましょう!

 

 

☑︎自分の1番得意な必殺シュートを身につけろ

 

多くの技を覚えておくに
越したことはないです。
しかしあなた自身の必殺技を
持っておくことも大事です。

 

トニー・パーカーも
ジェームス・ハーデンも
自分の必殺技を持っています。

その必殺技があるからこそ
他のプレイがより際立つんです。

 

 

☑︎勢いが殺せなくてもダイジョーブ

 

勢い余ってレイアップを
外してしまった経験はありますか?
あれってちょっとした工夫をすれば
いとも簡単に入れることが可能です。

 

スティールからのカウンターや
リバウンドを取った後の速攻は
勢いに乗っていますよね?

レイアップもそのままの勢いで
打ってしまいがち。

 

それでシュートを外した経験はありませんか?

 

その時に意識を変えれば
そのシュートをいとも簡単に
入れられるようになります。

 





◎3Pシュート





☑︎○度ずれただけでシュートが入らない?!

 

3Pは◯度ずれただけで

外れると言われています。
かなり繊細なタッチが要求される
シュートです。

 

ゴール下なら
ボードの狙った位置に当たらなくても
入ることってありますよね?

しかし3Pは狙ったところに飛ばないと
ほとんど入らないと言っても
過言ではないでしょう。

 

それは距離が遠くなっているので
大きな角度のずれが
シュートが外れる原因です。

その「角度のずれ」は
あなたが思っている以上に小さなものです。

 

ごくわずかなずれによって
3Pは外れてしまうんです。

 

 

☑︎2Pと同じシュートフォームで3Pを届かせる方法

 

2Pと同じフォームで打ってたのに
全然届かない。
と悩む人がたくさんいます。

だからと言って、
シュートフォームを変えるのは
良くないと言いましたよね?

 

同じシュートフォームで届かせるには
打つ時のとあるポイントと
身体の動きが重要になってきます。

その2点についてお伝えします!





◎試合で絶対使えるシュート





☑︎カーメロが多用する○○○ステップ

 

NBA選手のカーメロ・アンソニーが
多用するステップ。

このステップができるようになるだけで
場面場面に応じた
選択ができるようになります。

 

ステップでディフェンスをずらし、
シュートをするスペースも
シュートフェイクに引っかからせることも。

このステップを使いこなせるようになれば
その後の選択肢が一気に増えます。

 

万能なこのステップについて
ここではお伝えします。

 

☑︎○○○の移動だけでシュートが一気に楽に?!

 

激しいマークにあっていても
この「移動」を意識するだけで
シュートを打つのが
今よりもずっと簡単になります。

 

ディフェンスにチェックされることも
叩かれることもないでしょう。

 

かなり細かいところですが、
ないがしろにされています。

この移動を意識してできると、
ファールをもらうことも
可能になります。

 

 

☑︎ファールを誘発する高等テクニック!

 

シュートファールを誘発できる
テクニックが存在します。

 

NBA選手のルー・ウィリアムスが
このテクニックに長けています。

 

180cmちょっとの身長で
20点以上を稼ぐ試合もある彼。

時には1試合で20本近く
フリースローを打つこともあります。

 

そんな彼のファールを誘発する
テクニックをここではお伝えします。

 

 

☑︎小さな選手のディフェンスに対する接触は必須

 

小さな僕やあなたは
接触を嫌がりますよね?

弾き飛ばされてしまう可能性
だってあります。
でも、接触した方が
実はいいんです。

 

接触をすることでブロックされる
可能性が低くなったり
ファールをもらうこともできます。

フィジカル的に負けているからと言って
接触を嫌がっていると
シュートも入らないし
ファールももらえません。

 

ここでは
接触することの必要性や
接触の仕方をお伝えします。

 

 

☑︎最も重要なのは見るポイント!

 

いくらシュートのバリエーションが増えても
それが使える場面と
使えない場面があります。

 

そのためには
あなたは「見る」という
行為をしなければなりません。

ただ、見るところも肝心で
むやみに見ていても
意味がありません。

 

その見るところと
そこを見る意味について
ここでは詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

これらの内容をPDFではまとめています。

 

 

参加者のあなただけの特典

 

 

このプログラムへ参加してくれたあなたには
以下の特典が付与されます。

 

 

①参加者限定Youtube動画配信

参加者限定に動画配信を行います。
参加者のあなたには
動画のURLとパスワードをお送りします。
そのほかの人にはパスワードは公開しません。

 

なお、この動画では、
日々のNBAの試合の中から
高校生でも真似できるプレイや
参考になるプレイなどをまとめ解説しています

 

 

②スタートアップミーティング

参加を表明され、
入金が確認されたところで
僕からあなたに電話をさせていただきます。

 

その電話では
あなたの熱意を僕に伝えてください
また、僕の方からいくつか質問するので
それに答えてください。

 

これからプログラムをスタートするにあたり
必要なことや守ってほしいこと
などをお伝えします。

 

また、もう1つの意図として、
あなたに合ったサポートをしていくため、
参加表明をして入金が確認できた段階で
電話をさせていただく、といった感じです。

今後のあなたのための電話ですので
確実に出るようにしてください。

なお、電話にどうしても出られなかった場合には
僕の方からメールを送らせていただくので
返信をお願いします。

 

 

 

③さらに能力を引き上げる情報配信

プログラムに参加したあなた限定で
今以上に能力を伸ばすために
有効な情報を配信していきます

 

参加者は専用のメルマガへ招待するので
そこのメルマガでは
参加をしなかった人よりも
より良い情報を配信していきます。

 

 

 

気になるプログラムの参加費



ここまで読んでいただいたら
わかると思うのですが、
今回のこのプログラムに
僕はかなりのエネルギーをかけています






日本ではごく少数の
ホンモノとも言えるプログラムで
上達できず悩むバスケ選手を
減らしたいと思っています。




もちろん今回の
このプログラムを作るにあたって
使った時間。


そしてこれからの
LINEや電話、メールでのサポート。
一切手を抜くことはしないので
かなりの時間とパワーを使います




そこで今回のプログラムは
有料とさせていただきます。


参加費は
10万円以上に設定しても
妥当だと思っています。


その理由はすでに記した通り、
バスケの教室クリニック以上。
学校の部活とは違って、
マンツーマンなため濃密だからです。






僕はこのプログラムを製作するにあたって
実は高校の恩師に同行して
アメリカ視察に行っています。




NBA選手の卵の高校生や
NBAのサマーリーグ、
普段その選手たちが練習している環境
指導している監督の考え方を勉強してきました。









実際にNBAの試合も観戦し、
「この会場に日本人が立ってほしい!」
と思いながら観戦しました。







さらに日本に帰ってきてからは
バスケの指導書を読み漁ったり、
地元の小中高生の指導をしています。




その経験を元に考え方メンタル面
シュートの練習法
何度も試しては作り直して
試しては作り直して


1年以上かけてようやく完成したのが
今回のこのプログラムです!






アメリカ視察費:30万円(航空券、宿泊費等は除く)
この金額をアメリカ滞在中に
バスケに費やしました。




正直言うと、
10万円とかにしても受けたい
と言う方が何人もいらっしゃると思います。


実際に言ってきてくれた人もいます




それに、10万円と言うのは
社会人であれば2〜3ヶ月あれば
貯まる金額です。




しかし参加費を10万円にすると
現実問題、ほとんどの人が金銭的な理由で
参加することが不可能なのではないか
そう感じました。




今からすぐに
10万円を悩まずに用意できる人が
数少ないことはわかります。


高校生であれば、
10万円なんて、よほどアルバイトを頑張らないと
用意できないはずです。




さらにアルバイトをしている
本気のバスケプレイヤーは
高校生にいないはずです。




現実的に見て、
10万円はやはり厳しいかな
そう考えました。






そこであなたの金銭的な不安を
少しでも緩和したいと思い、
参加費を


3万円


とすることに決めました。






この金額であればなんとか用意することが
可能かと思います。


おじいちゃんやおばあちゃんから借りたり
お年玉を切り崩してでも
本当に参加したい人は
準備できる金額だと思います。








それでも3万円は厳しい






「それでも3万円は厳しいなぁ・・・。」
「バイトしてないし貯金もないし
3万円は用意できない」
正直あなたの悩みもわかります。




僕は今まで何人も
お話をさせていただきましたが、
日々の生活すら厳しくなる人もいました




「今は貯金がないんですけど生活も切り詰めて
2ヶ月後には必ず3万円用意するので
お願いします!」
と言ってきてくれた方もいます。




本当に食べたいものを我慢し
出かけることも
買い物をすることも。




時間を削ってまで
本気で今の自分のシュートを改善したい
という人たちを目の当たりにしています。




その人たちに
「絶対に3万円で」
と言えるほど僕は冷たい人間ではありません。


僕も感情のある人間なので
そこまでされたら申し訳なくなってしまいます。




むしろ、そうやって
頑張ろうとしている人たちのために
今回のプログラムを作っているので
ギリギリの価格で参加費を設定します。






30,000円7,000円




としました!








これ以上の値下げはできません。


この金額であれば
貯金を切り崩しても
ご両親などにお金を借りても
なんとかなるでしょう。




7,000円という金額は
2ヶ月、つまり60日で割ると
1日当たり約116円。


つまりコンビニや購買で買う
飲み物や食べ物を
1日1つ我慢することで
2ヶ月で手に入るのです。




通常30,000円のところ、
今回に限り限定20名様
7,000円




PSS~Road to Shootmachine~
プログラムへの
 

 

 

安心の全額返金保証

 

 

 

 

「もしも効果が現れなかったら?」
そう思っているかもしれませんね。


そのことに関しては
安心していただいて大丈夫です。


もしかしたら「有料だから
という理由で
このプログラムへの参加を
諦める人がいるかもしれません。



ここまで読んできてくださっている
あなたには
絶対に届けたいと
強く願っています



なので、今回に限り
特別に全額返金保証を付けます。




もしも全ての内容を熟読し、
ステップアップシート通りに進め、
わからないところを僕に聞いて
上達するために頑張った。


しかし、シュート力は向上せず、
試合に出られることもなく
参加する前となんら変わらなかった


のであれば、
代金をそのままお返しいたします。




メールやLINEにて
「返金希望」と冒頭に記入の上、
「お名前」「口座番号」を記入し
僕にメッセージを送ってください。


1週間以内に返金いたします。


また返金を申し出られた際も
PDFテキストや
ステップアップシートを

返品する必要はありません


全てあなたのものです。




これは僕を信用し
貴重な時間と労力をかけてくれた
あなたへの僕からのお詫びであり
感謝の気持ちです。




ですからあなたは
実質0円で
このプログラムに参加できる
というわけです。




あなたが損することは
絶対にありません。



参加しないことだけが損
なのです。





「なぜそこまでするのか」
と疑問に思うかもしれませんが、
その理由は2つあります。




①単純に自信があるから



僕はこの方法・プログラムに
絶対的な自信を持っています


僕のバスケ人生の
全てを費やして作り上げた
と言っても過言ではありません。




それであなたのバスケ人生の
糧にならなかったのであれば
それは僕の責任です。




②あなたを本気で救いたい。


何度も言っていますが、
僕は本気であなたを救いたいのです。


僕はあなたの悩み・痛みを
誰よりも理解している
つもりです。



過去の自分を思い出すと
今でも、辛かったことを
鮮明に思い出します。





しかし、
このプログラムをあなたが手に入れ

実践することで
それを解決できる
のです。



なので、
どうしても手に入れていただきたい。

僕はあなたが納得するまで
とことんお付き合いします




あなたのためだけに用意された
全額返金保証付きなので
どう転んでも
あなたが損することはありません。

 

 

プログラムに関する質問と回答

 

 

 



それではここからは公開する
プログラムの内容の詳細を
Q&A形式でまとめたので
必ず最後まで読んでください。




Q&Aは13コあります。
全て大切なものなので、目を通してください。











Q1
このプログラムはどういった内容ですか?


A1
3部に渡るPDFテキスト
が主なものとなっております。




PDFテキストにおいては、
必要で身に付けるべき考え方メンタル
練習すべきことシュートの特徴など
を書き記しています。



PDFテキストだけでも
かなり詳しく説明されています。


それだけでなく
LINEサポートもさせていただくので、
わからない内容があれば
いつでも連絡できて必ず解決できる

そんな内容になっています。


Q2
普段ガードではなく
インサイドでプレイしていますが
それでも使えますか?


A2
もちろんです。


レベルが高くなればなるほど
インサイドの選手もガード的な動きが求められます
そのため、どのポジションでも
使える内容が掲載されています。




Q3
仕事勤めをしているのですが
それでもできますか?


A3
できます!


週に1日しか練習できなくても
「今日はここをマスターする!」
明確な目標を持って練習に臨み
着実に成果をあげている方がいます。




Q4
この方法で誰でもスタメンになって
チーム1の得点を稼げるようになるんですか?


A4
もちろんです!


・・・・と言いたいところですが
人それぞれ個人差がありますから
断言することはできません。




しかし、僕が紹介する方法に沿って
コツコツ練習を続けてもらえれば
上達しないことは考えられません。




また、今のところ上達できなかった人たちは
1週間も続けることのできなかった人です。


本気でシュート力を身につけて
成果が出なくても根気よく継続できる。
そんなあなたなら必ずと保証します。






Q5
サポート体制について教えてください。


A5
プログラムに関するお問い合わせは
個別LINEにて受け付けます。
メッセージでも電話でも受け付けます。


メッセージにつきましては
24時間以内にお返事させていただきます。




そのメッセージだけではわかりにくい
ということに関しては、
電話でのサポートも相談も受け付けます。


ただ、僕の仕事の関係もありますので
電話に出られないケースも考えられます。


その際はメッセージにて日程・時間を
相談したいと考えています。




Q6
本当はこれ独学でできるんじゃないの?


A6
もしかしたらできるかもしれません。
しかし、あなたには教えてくれる指導者」の
存在が必要不可欠です。


あなたが間違った方向へと成長しないように、
間違った時は指摘してくれる。
そんなあなたに合った指導者が必要です。




今のあなたを作っているのは、
今のあなたの指導者です。


その指導者の教える内容が間違えていたとしたら、
あなたの持っている情報・知識も
間違えているということです。




ということは、あなたはちゃんと知っている人に
教えてもらわないといけません
しかし、今のあなたの周りにはその人がいません。
それをできるのが今回のこのプログラムです。




Q7
これって今すぐ必要なんでしょうか。


A7
必要です。
これは断言できます。


人間は期限や期日を先延ばししたくなる生き物です。
しかし、「今の自分を変えたい」と思うのは
今この瞬間しかありません


おそらく1週間後のあなたは
「このままでもいいや〜」と
思っているかもしれません。




こうして僕のメールを読んでいる今
最もあなたが変わりたい!」と
願っているタイミングなのです。


そのタイミングを逃したら
もうあなたの目の前には
チャンスはやって来ません





チャンスというものは
気づかぬうちにやって来ます。
そして気づいたら
どこか遠くへいっています




Q8
自分1人だけ成長して
チームの勝利に結びつくのでしょうか。


A8
結びつきます。
直結してきます。


あなたが「チームのために!」と常に思って
毎日の練習に励む事で
あなたに刺激を受けるチームメイトが
必ず現れます

そのあなたの強い想いが
周りのチームメイトに伝染していって、
チーム内にいい効果をもたらします。
あなたが。

あなたが必死にプレイすることによって
チーム内の競争も生まれ
全体が刺激を受けるようになるのです。



Q9
学生だから全くお金持っていない・・・。


A9
安心してください。
一括で払えなくても分割でのお支払い
可能とさせていただきます。


Q10
このことが家族や友達に
バレないか不安です。


A10
それも安心してください。


あなたの
家に何かが届くといったことはありません


登録されたメールアドレスや
LINE以外には何も送られてきません。
安心してください。



LINEでテキストを送りします。
PDFファイルやメッセージを覗かれないように
1人の時に見てくださいね




Q11
アドレスを登録して個人情報が
漏れないか心配です。


A11
これも絶対にないので安心してください。



お預かりした個人情報は
僕が責任を持って
しっかりと管理させていただきます


ですから
今回登録して迷惑メールが増えたり、
詐欺に巻き込まれるといったことは
一切ありません。




Q12
今回の料金で
別途追加料金は取られますか?


A12
全て込み込みの料金を提示します。
今回のプログラム参加費用以外には
お金は一切かかりません。


安心してください。

Q13
支払い方法は何がありますか?

A13

支払い方法は3つ。

①クレジットカード支払い
②コンビニ支払い
③銀行振込

の3種類です。

 

また、7,000円をすぐに用意できない場合は
分割でのお支払いも受け付けています。

分割でのお支払いをご希望の場合には
uerna_shu24@yahoo.co.jp
または
@hqd4933p
にメッセージを送ってください。

「分割希望」という言葉をタイトルまたは
一番上にご記入の上、
メッセージを送ってください。

迅速に対応させていただきます。

※なお、分割でのお支払いの場合には
テキストを一括ではなく
各章ごとにお送りしますので、

あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

 

そして今回はあなただけに
特別にお教えします







ここまで作り込み、
手間もかけている教材です。


僕の下には
直接個人的な指導を
お願いしてきてくださる方が
何人かいます。



2回3回と
指導をお願いしてきてくださる方も
います。





地域の体育館であるバスケ教室や
有名な指導者を招いてのクリニックと同じ
あるいはそれ以上だと思っていただいて構いません。







むしそ、その教室などよりも
濃密で親身に教えることができます
マンツーマンでの指導ですので、
あなたの全てをサポートすることができます。






このプログラムをきちんと実践することで
あなたが今まで悩み苦しんでいたことは
喜びとなり、自信となります。




今まで試合に出られなかったのに
あなたが試合に出ずっぱりの状態になり。







今まで勝てなかったチームにも
あなたのおかげで勝てるようになり。







今まで届かなかったタイトルにも
あなたのオフェンス力で
手が届くようになります。









逆に今回のプログラムで
学ぶ機会を逃せば


あなたはバスケ人生において
これまでと同じ


あるいは


それ以上に苦しみ続けることになります。






今の日本のバスケは
正しいメンタルの構築について
知っている人がほとんどいません







どの指導者もどのプレイヤーも、
現役の頃に習った
とりあえずシュート練
という考え方に流されているのです。


もしあなたが正しい考え方やメンタル、
シュートの練習方法について知らないと
あなたはベンチあるいはスタンドで
応援するだけの人間になります。




あなたがもし試合に出たとしても
こいつは使えないからパス出しても意味ない
とチームメイト・監督・友達
あなたの周りの人から信頼を得られません。









バスケをやればやるほど
下手になる情けない姿を晒していき
努力しても努力しても
上手くなれずに試合には出られない。




あなたが本当に上達し
活躍したいと望むのであれば
僕とこの「PSS~Road to Shootmachine~」
はあなたを徹底的にサポートします。

 

 

PSS~Road to Shootmachine~に参加すべき人・参加すべきでない人

 

 

 

 

 先日Twitter上で
こんなメッセージをいただきました。



僕の文章を読んで
何かを感じてくれたようですし、
気づきがあったようで
とても嬉しく思います!





一方で、こんな内容も送られてきました。


シュート率をあげたところで
勝てるようにはならないと思います。」


自分の力を伸ばすのは
自己満足に過ぎないと思います。」


「バスケはチームスポーツだから
みんなが上手くならないと勝てねーだろ。」






極め付けはこれ。
僕のメールボックスに
送られてきました。



個人の能力をあげるなんて
ただの自己満
だろ!

勝ちたいならチーム練習して
結束力を高めるのが1番
いいだろ。」







1人ならまだいいです。




実に10人はいました。




この人たちのおかげで
僕はやる気がなくなりました。







ここまで読んできている人全て
本気で自分のシュート力をあげて
スタメンとして試合に出てチーム1得点を稼いで
チームを勝たせたいのだと信じていました。




僕がここまでしつこく言っていた、
考え方メンタルを変える/構築する
ということに対して、信じていない人や
どうでもいいと思っている人がいます。





がっかりです。
本気ではなかった人が
いた
と知って。









本気で自分のシュート力を上げ
本気で自分のシュート率を高め
シュートバリエーションを増やし
スタメンとして試合に出場する。







シュートが入るようになるだけで
あなたはスタメンとして試合に出場し、
チームを勝たせることができるようになります。







そして選抜のチームに呼ばれるようにもなり、
好意を寄せる女の子からは
「かっこいいね」と言ってもらうことができます。







あなたには
今までと違った未来が待っているのです。






それでも僕のことを信じずに、
この近い未来に起こりうることを
簡単に手放そうとする
このチャンスを。




もちろん、本気のあなたには関係のない話です。




不快な思いをさせていまい
申し訳ありません


予告していた内容と違って
少し怒っているかもしれないですね。




でも、この一部の本気でない人たちがこれから先も
毎回読んでいるのだと思うと
僕は本当のことを書きたくなくなります。




本気ではない人に
読んでもらっても意味がないですし、
そもそも本当のことを書く意欲が
なくなると思います。


そうしたら、本気のあなたに
伝えたいことも
伝えられないかもしれません





本気のあなたにも関わる話ですから
もう少しお付き合いください。






誹謗中傷とも取れるメールを
僕に送ってきてくれたあなた。
これは僕からのお願いなのですが、
僕からのメールはもう読まないでください


お願いします


本気で変わろうとしている人にも、
にも失礼に値します。




せっかく上手くなるチャンスを目の前にしているのに、
あなたのせいでそのチャンスを失ったら
あなたはどう責任を取りますか


責任は取れないですよね




本気の人がこうして
僕のメールを読んでくれる
時間を割いてきたのに、

その時間を返すことはできますか


できないですよね






僕は本気の人たちに対して、
その気持ちに応えたい







しかし、
個人能力がチームのためだとは思えない
修一のことなんか信じられない
という思いでこのメールを読んでいるあなた。


とても失礼です。


僕が本気の内容を伝えられないから。






僕は本気の方が残ってくれれば
それでいいです。

チームのためにシュート力をつけたい人
本気でチームを勝たせたい人
個人能力を身につけることが
チームの勝利に結びつくと思っている人

以上に当てはまる人に
残ってもらいたいのです。

 

 

一方で、
修一のことを信じられない人
個人能力を伸ばすことが
自己満だと思っている人

チームのことを考えられない人

以上の人は
この画面を閉じてください。

 

本気で残ってくれるあなたには
僕は全力でサポートしますので
この先も僕についてきてください






チームのために自分の個人能力を高め、
シュートを決めることでチームに貢献し、
チームを県大会へと連れて行く
そしてその先へと導く







あなたがチームのことを
思ってシュート力を身につける。

 

スタメンとして試合に出て
チーム1得点を稼ぎ
チームをあなたが勝たせる
それが1番の目標ですよね?









もし本当に
個人の能力を引き上げることが
チームのためだとは思えない
のであれば。


あなたは今後練習していく意味を
見いだすことができないでしょう。








チームのために。
試合に出てチームに貢献して
チームに勝ちたいからこそ。

 

毎日きつい練習を
チームメイトと乗り越えて、
切磋琢磨しているはずですよね





チームのために自主練をして
チームのために能力を伸ばしたいと思って、
チームのために活躍したいからこそ、
今の僕のメールを読んでいるはずです。






チームのことを思うだけで
あなたの活力パワー
より大きなものへと変わっていく
のではないですか?




ルーズボールに飛び込むこと



味方にパスをしてシュートを任せること





ボックスアウトをしてリバウンドを取ることも。







全ては「チームの勝利のため
に他ならないですよね?




その中で最も勝利に結びついてくることが
得点」です。
点を稼いで相手チームよりも上回る。
それがチームの勝利に直結してきます。





だからこそ
チームのためを思っているあなたには
今すぐにシュート力を
身につけてもらいたい
のです。





3年生との最後のインターハイ予選は
もうすぐそこに近づいています。


時間がありません。


長い時間を共にしたい
勝利の快感をより多く味わいたい
チームを押し上げたい
のであれば僕を信じてついてきてください

 

もう1度言います。

 

チームのためにシュート力をつけたい人
本気でチームを勝たせたい人
個人能力を身につけることが
チームの勝利に結びつくと思っている人

以上の人は僕がサポートします。

あなたが最短最速でチームの点取り屋として
勝利に導けるプレイヤーになるまで
徹底的なサポートをします

 

 

 

残念ながらプログラム参加者は限定させていただきます

 

 

 

誠に勝手ながら
人数を制限させていただきます




今回申し込めるのは




限定7



とさせていただきます。









7名にさせていただいたのは、
サポート内容であるメッセージの返信を
24時間以内に返していきたいということと、


1人1人のプレイスタイル特徴
性格ポジション得意不得意なプレイ
などなどその人に合ったサポート
アドバイスをしていきたいからです。




参加申し込みしてくれた
あなたにも迷惑になります。





そのため、
今回のプログラムは
7名とさせていただきました。

 

 

 

安心のサポート体制

 



今回のこのプログラムに参加し
あなたが完全に活躍できる選手になるまで
徹底的にあなたをサポートします。




プログラムのわからないこと・不安なこと
バスケに関する悩みなどを
僕に打ち明けてください。


一緒に解決しましょう!






今回のサポート内容は3点です。










LINEメッセージサポート







LINEでのサポートを行います。


このメルマガを登録した時に
僕の「LINE@」に登録したかと思いますが、
このプログラムで使うLINEは
僕がプライベートでも使用しているアカウントです。


メッセージのやりとりの回数も
期間も無制限です。


安心してください。










LINE電話サポート







電話でのサポートも受け付けます。




このサポートは、
メールでは伝わりにくいと
僕が感じた時に提案
させていただく場合があります。


また、あなた自身
メッセージだけじゃわかりにくい
そう思った場合にお使いいただけます。

なお、このサポートに関しては
「プログラムに関する質問”のみ”」
とさせていただきます。

・PDFテキストの見方がわからない
・書いてある意味がわからないんだけどどういうこと?

などの、プログラムに直接関係のある
質問に回答させていただきます。


この電話でのサポートは、
提案をした際に
すぐ時間が取れない場合には

日程を調整します。




この電話は「LINE」で行います。
あなたの携帯の電話番号を
知らせる必要がないので

安心してください。




このLINE電話サポートも
回数・期限無制限で行います。






毎日のメッセージのやりとり


毎日の練習で感じたことを
あなたに報告してもらいます。


そこで感じたことがあれば
僕がアドバイスなどをしています。









※この写真は実際のやりとりです。








参加してくれたあなたが
毎日の成長を実感することができます。

 

少し前の自分と比較することもできるので
それがモチベーションになって
頑張ることもできます。




※実際の参加者の声です。


 

 

参加者の声

 



実際にプログラムに参加された方々です。




T・Oさん 10代 高校生





僕の高校は県大会でも
ベスト32から16くらいの
そこそこの高校です。




部員は25人くらいいて、後輩や同級生に
スタメン、ベンチを譲っていました。


僕はめちゃくちゃシュートが下手
だった
んですが、

試合に出たくて
上手くなるための方法を探していました。


そしたら修一さんの
Twitterのアカウントに出会い、

メルマガにも登録しました。




出会ってからは僕のバスケ人生は一気に変わって
シュートが面白いように入るようになり、
2ヶ月もしないうちにスタメンとして
チームの中心選手になることができました。




夏の最後のインターハイでは、
僕がチーム1の得点を稼ぐ試合がほとんどで
チームを県大会ベスト8に連れていくことが
できたのです!




これは全て修一さんの
おかげだと思っています!



教えてくれた内容も
練習量を増やすのではなく
考え方メンタルを変える/構築する
と言うことでした。


そのため練習も全く苦にならず
いつものチーム練習の中で
上手くなっていくことが実感できました。


練習は強制されたわけでなく
もっと上手くなりたい
と思って自主練の量を増やしました


実際にこれは練習量を増やさなくても
できるようになります!
ただ僕はもっと上手くなりたかったので
自主練を多くやりました。






この先の大学でも
バスケは部活で続けていきます!
本当にありがとうございました。










K・Mさん 20代 会社員

僕は都内で仕事をしている会社員です。


中学生の頃からバスケをしていますが、
シュートは当時からかなり苦手でした。


高校生になっても全く上手くなれず、
大学のサークルでも笑わせ担当的ポジション。
シュートが下手すぎて悩んでいました






「さすがに大人になったらバスケはやらない」
と決めていたんですが、
ネットでバスケのことを調べている時に
修一さんのブログに出会いました。




その時に
周りの人と言っていることが違くて面白そう
と思ってPSSも受け取り、
メルマガにも登録しました。




実際にメルマガもためになることばかりでしたし、
この「PSS~Road to Shootmachine~」も
本当に素晴らしいものでした!






修一さんも都内の方で時折一緒にバスケをし、
個人的に指導をしてくださいました。
気さくな方ですし教え方もわかりやすく、
間違ってなかったな」そう感じました。




僕は
修一さんとこのプログラムに出会ってよかったな
と感じました。


今ではやらないと決めていたのに
社会人チームに入って
得点源としてチームを引っ張る立場にいます。




また一緒にバスケしましょう!!!
ありがとうございました。






 

おそらく参加希望者が殺到することになります





僕も対応が追いつかなくなるので
参加人数を増やしたりすることも
ありません。




もちろん参加費が安くなったからと言って、
サポートの質を落としたり
手を抜くことは一切ありません




本気でサポートしていくので
ご安心ください。




このプログラムに参加し、
バスケ人生における成功を掴み取ってください

 
 
PSS~Road to Shootmachine~
プログラムへの










追伸1




想像してください。
7,000円。




あなたはこれを払ったら
人生が終わると思いますか

あなたは命を落とすことに
なると思いますか






全額返金保証や分割支払いがあっても
やはりまだ不安に思うことがありますか??






人生にはいくつかの分岐点があります。




決断をしなければいけない時が
必ず訪れます


たった1つの決断が
人生を大きく変えることがあります。






正直このプログラムに参加している人
全員が成功を掴み取っているわけではありません。


中には努力しても
思うような結果にならなかった人もいます。


しかしその人たちに共通していることは
このプログラムで学べてよかった
と言ってくれたことです。


今までの自分の知らなかった世界のバスケをし、
いつもいつも刺激を受けながら
バスケをプレイしていたそうです。








そして、僕はこう思います。


やってみないと何もわからないじゃん」と。


シュートも打ってみないと
入るか入らないかわかりません。
逆に言うと、打つからこそ
入るし外れるのです。




あの場面であそこに動いてみたから
フリーで気持ちよく
シュートが打てた経験があるかもしれません。


あの場面であそこに動いたから
ミスって監督に怒られたかもしれません。




それはあなたが
挑戦してみたからやってみたから
ですよね?




やってみたから成功して失敗して。




たとえ失敗だったとしても
あなたが行動をしたこと
挑戦をしたことが

一番大事なんです。




そして上手くなりたい、
活躍したいのであれば

その選んだ選択をあなた自身で
成功に導けばいいのです。




あなたにしか
あなたの運命は変えられないのだから。








追伸2




連絡をください。


質問や疑問、不安は残っていませんか?

・本当に上手くなれるのか不安
・親にこのことがバレたら・・・。
・詐欺なんじゃないのか・・・。

不安に感じるポイントは
人それぞれなので
何か小さな不安が1つでもあれば
連絡をください。

僕のメール
uerna_shu24@yahoo.co.jp
僕のLINE@
@hqd4933p

どちらでもすぐに対応します。

 

 

あなたが不安に感じていたことが
消え去るまで。
納得できるまでとことんお付き合いします。


納得していただけた方だけに
参加していただきたいです。







今回のプログラムの内容は
  

 

☆考え方・メンタルをまとめた
点取り屋必須メンタルPDFテキスト

 

 
☆トップアスリートから学ぶ
プロ選手マインド総まとめPDFテキスト

 

 
☆様々なシュートをまとめた
シュート特化型PDFテキスト

 

 

☆僕との個人LINEで行う「個別コンサルティング
 

 

☆回数・期間無制限のLINEサポート


 
 
 
PSS~Road to Shootmachine~
プログラムへの
追伸3
分割払い完全返金保証
 
 
今回のこのプログラムは
2回払いと4回払いに対応させていただきます。
 
分割払いを選ばれる際は
uerna_shu24@yahoo.co.jp
のメール。
 
または
 
@hqd4933p
のLINEにメッセージを送ってください。
 
どちらの場合でも
冒頭に【分割払い希望】と明記の上、
回数も僕に伝えてください。
その後すぐに対応させていただきます。
 
 
 
プログラムに参加してから
30日以内であれば
全額返金します。
 
メールで
名前と口座番号。
 
できれば返金を希望する理由に関しても
記入して僕にメールを送ってください。
 
 
1週間以内にあなたの口座に
7,000円を確実に振り込みます。
 
 
PSS~Road to Shootmachine~
プログラムへの 
 

あなたは現状の自分自身に
満足できていますか?
今のまま引退まで進んでしまって
本当にいいですか?

 

もし今のあなたが
上手くなりたい
満足はできていないけど・・・」
と思っているようであれば。

 

悩んでいるということは
今の自分をちょっとでも変えたい
そう思っているはずです。

僕は信じています。
あなたがここまで読んできてくれたのは
今の自分を変えたいからだと。

 

僕はそんな本気のあなたに
上手くなってもらいたい
チームを勝たせるプレイヤーに
なってほしい

そう本気で思っています。

 

 

僕を信じてここまで読み進めてくれた
あなたのために僕は
全力でサポートさせていただきます。

あなたの気持ちを踏みにじる行為は
しないと約束します

 

 

今のあなたに大事なのは
決断」することです。

 

シュートを打つのも「決断
ドライブをするのも「決断
練習するのも「決断
このプログラムに参加するのも「決断

 

あなたは生きている以上、
決断」を常日頃からしています。

 

その中でも
今回のプログラムへの参加は
非常に大きな決断です。

 

あなたの今後のバスケ人生を
大きく左右します。

 

今のままでは
1ヶ月後も2ヶ月後も
今のあなたのまま変わりません。

 

ここで決断をすることで
全く見えなかった景色
そして自分自身が見えてくるのです。

 

 

僕は本気のあなたを
プログラムでお待ちしています!