ティアドロップという名の低身長プレイヤー必須テクニック

スポンサーリンク

身長の低いプレイヤーは、ゴール下へのドライブインを怖がってしまいがち。しかし、このティアドロップを身につけるだけであなたは相手ディフェンスから脅威だと思われるに違いありません。ブロックを交わして得点を量産できるからです。

ティアドロップとは

ティアドロップは「涙を落とす」

ティアドロップというシュートの打ち方は、「Tear(涙を)Drop(落とす)」ように、優しく上から落とすイメージで打つシュートのことです。

インサイドで多用される

このシュートが特に使われるのはインサイドに切れ込んだ場面です。ディフェンスのブロックショットを越えるために高い軌道を描かせて打ちます。

ティアドロップ=フローター

よく、「ティアドロップとフローターの違いはなんですか?」という質問を目にすることがありますが、基本的に同じシュートだと思ってください。ティアドロップもフローターも高い軌道を描かせて打つシュートのことです。(スクープシュートもよくティアドロップと勘違いされがちですが、シュートの打ち方が違います。)

ティアドロップの打ち方とは

ティアドロップはレイアップとほとんど同じモーションです。ステップも1ステップあるいは2ステップ。インサイドにドライブインをして、ディフェンスがブロックをして来ることが予測できるから高いループでシュートに持っていきます。

オーバーハンドで打つのがティアドロップ

レイアップとほとんど同じだと言いましたが、レイアップの打ち方がアンダーハンドなのに対して、ティアドロップはオーバーハンドで打ちます。(アンダーハンドでボールに高いループを描かせて打つ場合にはスクープシュートと呼ばれます。)

ティアドロップを勉強するのにオススメの動画

ここからは、NBA選手のプレイからティアドロップのイメージを掴んでいただこうと思います。

レイジョン・ロンド

クリス・ポール

ティアドロップのコツ

ティアドロップのコツについてここから話していきます。

コツは押し出すこと

まずはこの動画をご覧ください。

この動画中でも説明をしていますが、ティアドロップのコツは押し出すことです。スナップを効かせずに打ちましょう。スナップを効かせてしまうと、片手で打つとなると非常にコントロールしにくくなります。また、高めのループを生み出す際には上に押し出した方が意図的に高さを生み出すことができます。

確認するポイントは回転

スナップが効いているか効いていないかはもちろん自分の裁量でわかるかとは思いますが、客観的に判断するためにはバックスピンがかかっているかどうかで判断するようにしましょう。

バックスピンがかかっていたらスナップが効いていて、ほぼ無回転の状態ならそれは押し出せている証拠です。

まとめ

この記事ではティアドロップについて触れてきました。このシュートは特に小柄な選手に身につけてもらいたいです。その理由としては高いループでディフェンスのブロックをかわすためのシュートであるという点。レイアップとほぼ同じモーションから繰り出せるので、ティアドロップが活きることはもちろん、レイアップも活きてくるのでプレイの幅が広がります。NBAで活躍するガードプレイヤー誰しもが身につけていると言っても過言ではないので、この記事で勉強をしていただけたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。