マインドセット・メンタル

自分じゃなく相手を思え。

ールを貰う前が勝負」

 

どうも!
修一です。

 

 

今回は以前話した
ズレ
についてです。

 

そもそもなぜズレを生むことが重要なのか・・・。

 

 

それは単純に
ディフェンスをしにくくする
方法だからです。

 

 

思い出してみてください。

 

 

あなたのチームで
1on1がやたらと強いエースの姿を。

 

そのエースはボールをもらった時点で
勝ちが決まっているようなものなのです。

 

 

ボールを貰う前に、

右サイドから左へカットしてくる
カットの途中で突然ボールに一直線
自分が味方にスクリーンをかける

この動きをされたらどうですか??

 

 

動かれたらマークしにくいですし
そもそもどんな動きをするのか予測できない。

 

だから後ろからついて行ったら、
振り切られてボールをフリーでもらわれる。
↓↓↓
そのままゴールに向かう

もうこの時点であなたの負けです。

 

 

ボールを貰う前から
勝負がついているのです。

 

 

これだけなら

「後ろからついて行くのがダメなら
横にずっとくっついて動いていればいいんでしょ」

「俺の足の速さなら振り切られないし」

と思うかもしれません。

 

 

でもそのエースはボールをもらうときにも
あなたを振り切る術を持っています。

 

もらいながらドリブルで抜く
もらったときにステップを踏んで横移動
振り切れなければ押し込んであなたを動けなくする

こうしてあなたが守りにくい状況を
エースの選手は作り出しています。

 

 

 

何が言いたいかというと、
重要なことは

 

自分が攻めやすくなるようにズレを生む

 

のではなく

 

ディフェンスが守りにくいように
仕向けるために、ズレを生む

 

ということなのです。

 

 

これができるから、エースなのです。

 

エースといえば
身体能力でなんとかしている
という変な固定概念を持っている人もいます。

身体能力に秀でていないエースは
ディフェンスが守りにくいように工夫している
のです。

 

 

ここまで読んできて
ズレを生むことが大事だとお分かりいただけたはずです。

なのであなたには
今、エースがどんな動きをしているのか
を思い出して、研究してみてください。

 

また、実際にディフェンスして
守りにくいと思った動きを真似すればいいのです。

 

でもそれが今すぐできない。

 

その場合であれば
この動画を見てください。

 

この動画を見るだけでも
ズレの作り方がお分りいただけると思います。

この動画に登場するクレイ・トンプソンは
ボールをもらう前のズレの作り方がとても上手いです。

 

 

この2つの動画を見て、
NBA選手がボールをもらう前、もらった後で
どんな動きをしているのかを
観察してみてください。

 

ここで読んだ内容をあなた自身の頭の中でイメージする。
それが今あなたがすべきことです。

 

イメージできることは
あなたができることです。

 

 

どのように動いてズレを作れば
ディフェンスは守りにくいか

を考えながら
プレイしてみてください。

 

 

それでは!

 

 

 

修一

コメントを残す

*