シェーファーアヴィ幸樹って?アルバルク東京に入団した若手のホープ!

スポンサーリンク

アルバルク東京に入団したシェーファーアヴィ幸樹選手って、どんなプレイヤー?

今回は、2018年12月19日にアルバルク東京への入団が発表された、シェーファーアヴィ幸樹選手について迫っていきます。

NCAAディビジョン1のジョージア工科大学から、アルバルク東京への入団が決まったシェーファーアヴィ幸樹選手は、実はバスケを始めてからまだ4~5年ほど!それなのに日本のトップチームに入団してしまうとは、どれほどの実力を兼ね備えているのでしょうか?

独断と偏見のプレイスタイル紹介や、経歴などに触れながらシェーファーアヴィ幸樹選手について迫っていきます。

(トップ画像出典:https://ponyochan.com/3910.html)

シェーファーアヴィ幸樹のプロフィール

まずはじめにシェーファーアヴィ幸樹選手のプロフィールを紹介していきます。

(出典:https://ponyochan.com/3910.html)

シェーファーアヴィ幸樹(しぇーふぁーあゔぃ こうき)

1998年1月28日 兵庫県出身

205cm 106kg センター

アルバルク東京 #32

シェーファーアヴィ幸樹選手は、アメリカ人の父と、日本人の母を持つハーフです。

シェーファーアヴィ幸樹の学歴

シェーファーアヴィ幸樹選手の学歴を紹介していきます。

  • 小学校:不明
  • 中学校:神戸大学附属中等教育学校
  • 高校:セントメリーズ・インターナショナル・スクール
  • プレップスクール:ブリュースターアカデミー
  • 大学:ジョージア工科大学
  • プロ:アルバルク東京

シェーファーアヴィ幸樹選手は2018年現在19歳で、アルバルク東京にはジョージア工科大学を休学して入団しています。

兵庫県神戸市内が出身だったことは判明していますが、どの小学校に通ったかは判明していません。

シェーファーアヴィ幸樹の経歴

シャーファーアヴィ幸樹選手の経歴も振り返っていきましょう。

小学校~中学校

現在206cmと恵まれた身長を持っているシェーファーアヴィ幸樹選手は、中学校まではバスケではなくサッカーを部活動でプレイしていました。

当時は遊びでバスケをすることはあったものの、本格的にプレイすることはなかったようです。

サッカーはというと、全国大会にも出る強豪校だったようです。

中学校卒業後は、神戸から東京へ引っ越しをしインターナショナルスクールに通い始めました。

高校

高校は、東京都世田谷区にあるセントメリーズ・インターナショナル・スクールに通っていました。

インターナショナルスクールに通い始めたシェーファーアヴィ幸樹選手ですが、1年目はサッカーを続けていました。しかし、インターナショナルスクールのサッカークラブのレベルの低さに、モチベーションがなかなか上がらなかったようです。

そんな当時に出会ったのがバスケットでした。当時から高かったその身長を活かすことにバスケットはうってつけで、選手生活をスタートさせたのは2014年とつい最近。

メキメキと頭角を現し、2015年の夏にはインターナショナルスクールの選抜チームに参加し、男子U-16日本代表と練習試合をするなど、バスケットを始めた当初からハイレベルな環境でプレイを続けていきました。

インターナショナルスクールを卒業したシェーファーアヴィ幸樹選手は、高校卒業後にアメリカのメリーランド州にあるブリュースターアカデミーへ進学をしました。

プレップスクール

ブリュースターアカデミーは、NCAA(全米大学体育協会)のディビジョン1を目指すプレイヤーが準備をする学校です。又の名を「プレップスクール」といい、渡邊雄太選手が通っていたセントトーマスモア・スクールと同じ部類となります。

大学

ブリュースターアカデミーの後に、ジョージア工科大学へと進学をしました。ジョージア工科大学はNCAAディビジョン1に所属し、ベンチ入りも果たし試合に出場することもあったようです。

豆知識
ジョージア工科大学の卒業生には、マーク・プライスや、クリス・ボッシュなどがいます。

シェーファーアヴィ幸樹のアメリカでの挑戦

シェーファーアヴィ幸樹選手は、小さな頃から長期休暇中にアメリカの祖父の家には遊びに行っていたようですが、本格的に留学・渡米をしたのはインターナショナルスクールの卒業後です。

インターナショナルスクール卒業後に、プレップスクールであるブリュースターアカデミーに進学しています。

当時のシェーファーアヴィ幸樹選手は、学業の成績も良く様々な大学からオファーが届いていたようです。

シェーファーアヴィ幸樹の年代別日本代表での活躍

シェーファーアヴィ幸樹選手は高校1年目からバスケを始めていますが、翌年夏にはインターナショナルスクールの選抜チームである「東京サムライ」に選ばれ、U-16日本代表の練習相手を務めています。

その後トップエンデバーに召集され、U-18日本代表として国際舞台での試合経験を積み、東京サムライとしてアメリカに渡るなど、様々な経験をしてきました。

2017年のU-19ワールドカップにも出場し、八村塁選手とツインタワーとして大活躍を果たしました。

2018年には、ジャカルタで開催されたアジア大会で日本代表としてもプレイしている期待の若手です。

シェーファーアヴィ幸樹のプレイスタイル

シェーファーアヴィ幸樹選手のプレイスタイルを見ていきましょう。彼のプレイ動画はあまり出回っていませんが、数少ない動画と出回っている記事の内容から、独断と偏見で書いていきます。

動けるタイプのインサイド

シェーファーアヴィ幸樹選手は、コート全体を走り回ることができる動けるタイプのインサイドプレイヤーです。体格を活かして身体を張ったディフェンスや、リバウンドでチームに貢献。

U-19ワールドカップ、マリ戦ではオフェンスもディフェンスもチームを引っ張る八村塁選手が負傷した後に、インサイドで身体を張ったリバウンドや得点でチームを牽引し、勝利を手繰り寄せるなど、泥臭い仕事もこなせます。

泥臭いプレイをこなせるインサイドのプレイヤーは非常に重要ですから、シェーファーアヴィ幸樹選手の能力は日本代表には必要ですね。

シェーファーアヴィ幸樹のプライベート

シェーファーアヴィ幸樹選手のプライベートを調べてみました。

彼女はいるのかなどをシェーファーアヴィ幸樹選手のSNSで調べてみましたが、彼女がいるなどの事実は確認できませんでした。

シェーファーアヴィ幸樹選手は、ハーフですし鼻も高くイケメンですのでもしかしたら彼女もいるかもしれませんが、バスケに注力するために彼女は作っていないのかもしれません。

シェーファーアヴィ幸樹のアルバルク東京入団について

シェーファーアヴィ幸樹選手が今回アルバルク東京に入団するにあたり、個人的にメリット・デメリット共に感じたことがあるので書いていきます。

メリット

まずはメリットから。アルバルク東京に入団することで、日本のプロの環境で早い段階からプレイできるというメリットがあります。アルバルク東京は17-18シーズンのBリーグを制覇している国内のトップチームで、どのポジションにもレベルの高いプレイヤーが揃っています。

外国人枠が全てのQで2人(帰化選手を合わせると3人)になったことを踏まえると、プレイタイムがどの程度与えられるのかは未知数ですが、日本代表としての未来を背負うセンターですから、一定のプレイタイムは与えられるでしょう

ジョージア工科大学でプレイしていた際には、プレイタイムは1分ほどしか与えられていなかったため、経験を積むという意味ではこの判断も悪くはなかったように感じます。

デメリット

続いてデメリット。まず、アルバルク東京のインサイド陣との競争に勝つことができるのか、という点が疑問です。17-18シーズンはBリーグを制覇していますし、パワーフォワードにもセンターにも実力者が揃っています。

ジョージア工科大学では1試合平均1分ほどのプレイタイムしか与えられていなかったシェーファーアヴィ幸樹選手が、10分近くプレイタイムを与えられるとは想像できません。プレイタイムを増やす・増やせないという点は、今回のアルバルク東京への入団においても、解決できるかどうかは未知数です。

しかも、シェーファーアヴィ幸樹選手の入団と共に、現在東海大学でセンターを務めている平岩玄選手の特別指定選手としての入団も発表されており、さらに競争が激化しています。

またNCAAディビジョン1には、正直に言ってしまうとBリーグには存在しないレベルのプレイヤーも数多くいるため、そのプレイヤーと対戦できないという点や、様々なタイプのインサイドプレイヤーとの対戦機会を逃すこともデメリットの1つなのではないでしょうか。

あくまでも今回のジョージア工科大学は「休学」扱いとなっているようなので、復学してまたNCAAディビジョン1の舞台でプレイする可能性はあるかもしれません。

まとめ

つい先日アルバルク東京への入団を発表した、シェーファーアヴィ幸樹選手について紹介してきました。シェーファーアヴィ幸樹選手は、今後さらなる活躍が期待されているホープです。

現在の日本代表のセンター陣は竹内選手やニック選手など高齢化が進み、若手が台頭してきていないという問題があります。Bリーグの各チームのインサイドを見てみても、外国人しかいないというのが現状です。

そんな現状を打破するために、是非ともシェーファーアヴィ幸樹選手には活躍してもらいたいなと思います。まだバスケを始めてから数年と、伸び代はかなりあると思うので、今後のBリーグ・日本代表での活躍に期待しましょう!


Clutch Time運営者オススメ!Bリーグ好きの方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、Bリーグ好きの方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

Bリーグを視聴できる3つの動画配信サービスを比較【あなたに合うのはどれ?】

2018.10.12

Bリーグは「Yahoo!プレミアム」ならいつでもどこでも試合観戦可能!

2018.10.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。