バスケの複雑な24秒ルール(ショットクロック)を徹底的に解説!

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。

24秒ルールがイマイチわからないから詳しく教えて欲しい。できれば、オフィシャルの時のやり方も知りたいな。

この記事では、バスケの中でも特に複雑なルールの1つである「24秒ルール」について解説をしていきます。

バスケには3秒ルールや5秒ルールなどの時間に関するルールがいくつもありますが、24秒ルールはかなり難しいルールです。

24秒ルールの全てがわかるようにわかりやすく解説している記事ですので、必ず最後まで読んで正確な知識を身につけてください。

24秒ルール・ショットクロックとは?

24秒ルール、別名「ショットクロック」は、簡単に言ってしまうと自分たちの攻撃権に移った時に、24秒以内にシュートを打たなければいけないというルールです。

試合のスピード感を出すためのルールと言えます。24秒以内にシュートを打つことができなかった場合には、攻撃権が相手へと移ります。

ただし覚えておいて欲しいことがあります。それは、「シュートを打つだけではだめ」ということです。

24秒と14秒の関係とは?

ここからは、24秒と14秒の関係について紹介していきます。ショットクロックには24秒にリセットされるケースと、14秒にリセットされるケースがあります。

  • リングにボールが当たった時。
  • シュートが成功した時。
  • ボールが完全に相手の手に渡った時。
  • オフェンス側がファールをした時。
  • ジャンプボールになった時。
  • ディフェンスがファールをした時。

上記のシーンになった場合、この中で24秒にリセットされるのは赤字で示している場合です。ただ、場合によって14秒にリセットされるケースがあります。

1番上の「リングにボールが当たった時」というのは、リングにボールが当たって相手がリバウンドを保持した時に24秒にリセットされるのですが、自分たちがリバウンドを保持した場合には14秒にリセットされます。

ジャンプボールになった場合には、基本的にはショットクロックは継続となりますが、ジャンプボールになった時のプレイでディフェンスをしていたチームが保持した時には24秒にリセットされ、オフェンスがボールを保持した場合にはショットクロックは継続されます。

また、ディフェンスがファールをした時というのは、14秒よりも少なくなっていれば14秒にリセットされ、14秒よりも多く時間が残っている場合には継続されます。

  • ショットクロック残り18秒でディフェンスのファール:ショットクロック18秒から試合再開
  • ショットクロック残り8秒でディフェンスのファール:ショットクロック14秒から試合再開

このようになります。

ルーズボールの時は24秒ルールはどうなる?

ルーズボールの時は両チームがボールを保持していないと判断されているので、ショットクロックは継続したままとなります。

例えばAチームがオフェンスをしていてルーズボールになった際に、ショットクロックを24秒にリセットしてしまうと、仮にAチームがボールを保持すると24秒からまた再開されることになります。

ルーズボールであっても、その時にオフェンスをしていたチームが保持することもあるので、24秒ショットクロックはリセットせず継続しておく方が無難です

なお、Aチームがオフェンスをしていてルーズボールになった際に、ディフェンスをしていたBチームがボールを保持した場合には24秒にリセットしましょう

シュートがリングに当たった時のリバウンドも同じで、どちらのチームも保持していない状態の時は24秒にも14秒にもリセットせずに継続しておきましょう

リバウンドをオフェンスが保持した場合には14秒にリセットし、ディフェンスが保持した場合には24秒にリセットします。

ショットクロックのルールをわかりやすくまとめると・・・

ショットクロックのルールをもっとわかりやすくまとめておきます。

24秒にリセットされる時
  • 攻撃権が変わった時。
  • シュートが成功した時。
  • オフェンス側がファールをした時。

オフェンスとディフェンスが入れ替わる際には必ず24秒にリセットされる、と覚えておきましょう。

14秒にリセットされる時
  • オフェンスがリングに当たって外れたシュートのリバウンドをとった時。
  • 14秒を切っている状態で、ディフェンスがファールをした時。
14秒or24秒にリセットされる時
  • シュートが外れた時。
  • ボールがラインの外に出た時。
  • ジャンプボールの時。
  • ルーズボールの時。

上記4つのシーンになった時は、ボールをどちらかのチームが保持した時に、14秒にリセットするか24秒にリセットするかを判断します。

継続される時
  • ディフェンスがカットをして、ボールがラインの外に出た時。
  • オフェンス側がタイムアウトをとった時。
  • 14秒以上時間が残っている時に、ディフェンスがファールをした場合。
  • シュートがリングに当たることなく、オフェンスがリバウンドをとった場合。

攻撃権が変わっていない時にはショットクロックは継続されることが多いと覚えておきましょう。

ミニバスはショットクロックのルールが違う

ミニバスはショットクロックの時間が24秒ではなく、30秒となっています。

一般のルールの場合には、シュートがリングに当たってオフェンス側がボールを保持した時には14秒にリセットされるのですが、ミニバスの場合には30秒にリセットされます。

このほかにもミニバスと一般のルールには違いがあるので、以下の記事を読んで確認しておくことをおすすめします。

【これでOK】ミニバスのルールを完全網羅。一般との違いは7個だけ。

2018.10.02

NBAもルールの改訂に伴い変更があった

NBAは、2017-18シーズンまではシュートがリングに当たってオフェンスが保持した場合、24秒にリセットされていたのですが、18-19シーズンからは、14秒にリセットされることになりました。

日本のバスケのルールは、基本的にはFIBA(国際バスケットボール連盟)、JBA(日本バスケットボール連盟)のルールに基づいているのですが、NBAは独自のルールを設けているため、今まではリバウンドをオフェンス側が保持しても24秒にリセットされていました。

今後のNBAはよりスピーディーな展開を楽しめることになりそうです。

タイマーを使った24秒ルールのやり方

練習試合でも公式戦でも「オフィシャル」と言って、試合の運営をすることがよくあります。ファールの数を数えたりスコアを記録したり、試合のタイマーを管理したり、試合の進行を手伝う仕事です。

24秒ルールに関しても、オフィシャルが管理します。

24秒ルールをタイマーで管理する人は、

  • 24秒にリセットする時
  • 14秒にリセットする時
  • 継続する時

この3つがどの場面に当てはまるのかをきちんと頭の中に入れておきましょう

あとは、試合の中で経験していくことでタイマーの操作方法にも慣れていきますよ。

ここがわかっていないと24秒タイマーを管理することはできないので、よく確認しておいてください。

僕は基本的にファールブロック、スコア、タイマー、24秒タイマー全てをこなせますが、24秒タイマーはルール改訂に伴う操作方法の変更もあるため、その都度覚える必要があり少し難しいところですが、チーム内にできる人が1人は必要です。

まとめ

24秒ルール、ショットクロックのルールについて紹介してきましたが、バスケの中でも24秒ルールはかなり難しい複雑なルールです。

プレイする時に大いに関係してくることはもちろん、オフィシャルを行う際にも非常に重要なポイントとなります。きちんと正確なルールを覚えておかないと、なりません。

そのほかのルールを確認したい人は、以下の記事も併せて読んでおくことをおすすめします。

バスケのルールをどこよりもわかりやすくまとめてみた。

2018.06.15

Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。