ディフェンス

NBA選手もやってる?!高校生でも真似できるパスカットの5つの要素

つもお読みいただきありがとうございます!

 

修一です。

 

今日はあなたに重大なお知らせがあります。

f:id:bskbskpointgetter:20170209122529j:plain

本当に大事です。

 

見逃さないでください。

 

僕は今までバスケの
オフェンス
に特化したブログを書くなど
情報を発信してきました。

 

そんな僕の元には
ディフェンスのことも教えてくれ
といった声が相次いで届いております。

 

そこで。

 

これからはディフェンスのことも
情報発信していくことにしました!!

 

そのため僕のこのブログは
オフェンスだけでなくディフェンスにも
力を入れるブログとなっていきます。

 

今まで以上によりよいブログになっていくと
ここに宣言させていただきます!

 

今後ともよろしくお願いします。

 

そして、
記念すべき最初のディフェンスに関する記事は
スティール
についてです。

f:id:bskbskpointgetter:20170209122856j:plain

 

スティール。

 

ガードのあなたなら
スティールしたいな、と思いますよね?

 

パスカットをして
ワンマン速攻に持っていきたい
気持ちよくレイアップを決めたい

f:id:bskbskpointgetter:20170209123141j:plain

 

あのディフェンスのいるところには出せない
そう思われるくらいに
スティールのスペシャリストになりたいですよね?

f:id:bskbskpointgetter:20170209123120j:plain

 

ボールを奪えた時の快感
ボールを奪った瞬間の
「甘すぎ!」と言うような
相手を見下す感覚が大好きですよね

 

スティールをした瞬間に
思わず「しょぼっ
と言ってしまいたくなりますよね??

 

スティールができるだけで
あなたはディフェンスのスペシャリストと
呼ばれることになる
のです!

 

周りの選手や監督、観客にとって
目に見える数字・結果が出るものがスティールですので、
スティールができるだけであなたは素晴らしい
プレイヤーだと言われます

 

 

でも逆にパスカットをしようとして

 

ミスしてカットできなかった

f:id:bskbskpointgetter:20170209123229j:plain

相手が持っているボールに
何回も手を出したら
ファールを吹かれた

 

かっこ悪いですよね。
カットできなければ「ギャンブル」と言われ。
ファールが増えれば交代を余儀なくされ

 

スティールははっきり言って、
一か八かの賭け
です。

 

スティールできれば「すごい!」
と言われることになりますが、
スティールできなければ
ギャンブルすんな!」と言われるようになります。

 

ファールが増えることになれば
むやみに手を出すな
と怒鳴られることにもなります。

 

スティールするの怖い
苦手なんだよなぁ

と思っているそこのあなた!

 

大丈夫です。
この記事を読めば出来るようになります。

 

今日のこの記事では
スティールの中でも
パスカットに関して書きます。

 

ドリブルや相手がボールを保持している時の
スティールに関してはまた後日書きますね!

 

 

 

バスケのスティールの極意

 

 

 

それではどうすればパスカットが
できるようになるのか。
ここからお伝えしていきます。

 

まず全てをお伝えする前に、
あなたに知っていただきたい
スティールの極意があります。

 

 

それは・・・。

99%取れると思ったら飛び出ろ

f:id:bskbskpointgetter:20170209123354p:plain

と言うことです。

 

さっきも言ったように
カットしようとしてむやみにボールに出ても
取れなくて相手にボールを繋がれます。

 

あなたが飛び出したせいで
相手が数的優位になり
オフェンスがしやすくなるので
失点の可能性が高くなります

 

ディフェンスはあくまでも
相手に点を取らせない
ことが目的です。

f:id:bskbskpointgetter:20170209123614j:plain

 

パスカットをしまくって
速攻で点を取ることが目的ではないのです。

 

これを踏まえてみると、
あなたはおそらくパスカットは
あなた自身が取れる!と思った時にしか
動かないでしょう。

 

それが正解です。

 

むやみやたらに飛び出しても
パスカットはできません。

 

 

 

パスカットに必要な2つの要素

 

 

 

ではどうすれば効率よく
狙った時に確実にパスカットできるようになるのか

 

 

それは
間合いタイミング
が関係してきます。

 

パスは一瞬ですので
一瞬の瞬発力が求められます。

 

そこにはもちろん
脚力スピード反応速度の速さも必要になってきますが
間合いがかなり大事になってきます。

 

例えば、ボールがウィング(45度)にあって
あなたがトップのオフェンスについている。

 

その時にディナイをするか
それともピストルディフェンス
ボールもマークマンも首を振らずに視界に入れているか
によってかなり違います。

 

ディナイ
ボールとマークマンを結んだ一直線上
ボールマンに背を向けてあなたが割って入る守り方。

f:id:bskbskpointgetter:20170209123727j:plain

 

一方のピストルディフェンス
ボールとマークマンを結んだ一直線上には入らず
体を開いて両方のオフェンスを指差しながら守る方法。

f:id:bskbskpointgetter:20170209124238p:plain

(注:2枚の写真は同じボールサイドのウィングとトップではない)

 

このように
背を向けている
背を向けていない
と言うことと、

 

ボールとマークマンを結んだ一直線上に
入る
入らない
でもかなり違ってきます。

 

このような間合い
わかりやすく言うとポジショニング
がパスカットをする上では
かなり重要になってきます。

 

先程紹介したディナイディフェンスをしているときは
基本的にオフェンスはパスをしてきませんが、
ピストルディフェンスをしている時は
やはりパスをしてくるので狙い目です。

 

そしてタイミング

f:id:bskbskpointgetter:20170209124358p:plain

これは飛び出す(カットを狙う)
時のタイミングのことです。

 

これは言葉では説明が難しいです。

 

が、飛び出すタイミングが遅すぎても
速すぎてもカットできないことがあります

 

速すぎればパスを出さずに、
あなたのマークマンはゴールへと走っていき
そこへパスを出されてしまうでしょう。

 

遅すぎればパスカットができず
空振りしてしまい、
オフェンスが数的優位になります。

 

これは個人個人の脚力予測によるものなので
僕のタイミングがあなたには合わず、
あなたのタイミングが僕には合わない
と言うことが十分に起こり得ます。

 

そのためお伝えすることが難しいのですが、
これは実際考えてできるものではないと思います。

 

練習の中で
身体が自然と覚えていきます

 

どのタイミングで飛び出ればカットできて
それに少しでも遅れたら飛び出さない

 

と言うことを身体が覚えてくれます。

 

 

先ほど「予測」とお伝えしましたが
これもカットをする上では大事な要素です。

f:id:bskbskpointgetter:20170209124617j:plain

「このオフェンスはパスしてきそうだな」
「このタイミングでここにパスしそうだな」

 

これを考えましょう!

 

もちろん「予測」なので
100%当たるワケではありません

 

外すこともあります。

 

予測は100%当たるワケではありませんが、
パスカットのできる選手は必ず予測をしています

 

確実に成功する訳ではないですが
それでもパスカットをたくさんしたいのであれば
予測をしなければなりません。

 

その予測はなんとなくでいいんです。

 

こっち見てるからパスしそうだな
あの選手パス遅いから狙えるな
などなど。

 

予測に「絶対」はないので
あくまでも仮説を頭の中に浮かべて
次の行動に活かすのです。

 

それを常にできる選手が
パスカットの上手い選手
です。

 

 

 

パスカットの裏技を教えます

 

 

 

 

そして今から
裏ワザ
をお伝えします。

f:id:bskbskpointgetter:20170209124735j:plain

パスカットをする時の裏ワザです。

 

それは
気配を消す
と言うことです。

 

気配を消すと言っても
かなり抽象的なのでわかりにくいと思いますが、
わかりやすく言うなれば
隠れると言うことです。

 

例えば大きな選手の背後に隠れたりする

 

パスを出す選手に気づかれなければいいのです。

 

そのために、動きの中でパスをもらおうとするオフェンスの
あえて後ろから追いかけていき

パスが出た瞬間にスピードアップしてカット

 

見えないところから飛び出してきてカット

 

パスをするボールマンから見えないと言うことは
オフェンスがフリー
に見えているのと同じです。

 

フリーに見えていればそこにパスを出しますよね

 

その心理を狙ったプレイです。

 

言われずともわかるかもしれませんが、
これを意図的にできるようになれば
パスカットができるようになります

 

 

 

今日のまとめ

 

 

 

これまで長々とお伝えしてまいりましたが、
大事なことは

 

・「99%取れると思ったら飛び出ろ
間合い(ポジショニング)
タイミング
予測

 

この4点。

 

 

パスカットをする裏ワザとして
気配を消す
と言うこと。

 

この合計5点が
パスカットをする上で大事なことです。

f:id:bskbskpointgetter:20170209124910p:plain

この5点を意識すれば
できるようになります。

 

もちろん100%成功するワケではありませんが、
成功率は上がりますし、
自分のやりやすいシチュエーションが
わかるようになります!

 

 

 

今すぐにやるべきこと

 

 

 

あなたにやっていただくことは
イメージをすることと
「カットしてフリーで速攻やりたい!」
と思ってもらうことです。

 

そのための動画を用意しました!


NBAベストスティール(2010-2011-week9)

こちらの動画をご覧ください。

 

1人で速攻して決めるのって
めちゃくちゃ快感です!

 

あなたもできるようになるために
まずはこの動画を見て
イメージを膨らませてください。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

修一

コメントを残す

*