Rakuten NBA Specialの7つの特徴、登録・解約方法、評判をまとめてみた。

スポンサーリンク

Rakuten NBA Specialって観やすいの?使いやすいの?
NBAを観るなら「Rakuten NBA Special」がいいって聞いたんだけど、本当のところはどうなの?

今回は、NBAを視聴できるVODの1つ「Rakuten NBA Special」について、その使いやすさや特徴などを紹介していきます。

NBAへの関心度が日本国内でも高まっている今、これからNBAに触れていくという人は「Rakuten NBA Special」がぴったりなんです。

「Rakuten NBA Special」の7つの特徴や、登録&解約方法、評判などをまとめてみました。

NBAなら楽天で!イベント情報も試合の情報もいち早くキャッチしよう!

2019年5月25日

目次

「Rakuten NBA Special」はNBA初心者の人にぴったり!

それでは早速「Rakuten NBA Special」の紹介・本題へと入っていきますが、まず始めに言っておくと「Rakuten NBA Special」はNBA初心者の人にぴったりです。

後ほど詳しく紹介しますが、「Rakuten NBA Special」はNBAの特集番組を放送したり、日本語での解説をしてくれるのです。

NBAを視聴できるVOD(動画配信サービス)には「NBAリーグパス」もありますが、NBAリーグパスは特集番組などはなく、解説・実況も英語だけですので、どちらかというとコアなNBAファン向けと言えるでしょう。

まだNBAに興味を持ち始めた段階の人や、これからNBAを観ていこうをと考えている人は、「Rakuten NBA Special」に登録をしておきましょう。

「Rakuten NBA Special」をNBA初心者におすすめしたい7つの理由

「Rakuten NBA Special」をNBA初心者におすすめしたい理由は以下7つあります。

  1. 放送される試合が厳選されている
  2. 日本語の解説・実況がある
  3. オリジナルのNBAの特集番組が放送される
  4. 月額料金が¥900〜
  5. 楽天スーパーポイントが貯まる
  6. 月額・年額プランでも決済方法が2種類ある
  7. 視聴可能デバイスが豊富にある

上記5つについて、さらに詳しく紹介していきます。

放送される試合が厳選されている

まず、「Rakuten NBA Special」にて放送される試合は、厳選されているというのが大きな特徴です。「Rakuten NBA Special」は平日は1日1~2試合放送され、土日は1日2試合以上放送される仕組みになっています。

実際のところ、NBAの試合は平日も土日も2試合以上開催されているのですが、その中から「Rakuten NBA Special」が厳選して試合を放送してくれるのです。(もちろんNBAの試合が1試合も開催されない日もあります。)

また、「Rakuten NBA Special」を運営する楽天がスポンサー契約を結んでいるゴールデンステイト・ウォリアーズの試合が若干多めに放送されますので、NBAの中でもよりレベルの高い試合を観たい人には嬉しいですね。

比較的人気チームの試合が放送されやすい傾向にあるため、周りのNBAファンとの話題のネタには困らないでしょう。また、スーパースターのスーパープレイも飛び出しますので、よりNBAの魅力が感じられますよ。

日本語の解説・実況がある

NBAの試合を視聴できるVODの中で、日本語の解説・実況を行なっているのは「Rakuten NBA Special」だけです。もう1つの「NBAリーグパス」というVODは、英語の解説・実況しかありません。

「Rakuten NBA Special」は日本語と英語を切り替えられるため、現地の雰囲気を味わいたい人は英語の実況を聞いてみても楽しめるでしょう。

しかしながら、NBA初心者の人は日本語の解説・実況を聞くことをおすすめします。

日本語でわかりやすくプレイについて教えてくれたり、解説の方によってはプレイヤーのバックボーンなども教えてくれるので、聞いているだけでNBAの勉強にもなりますよ。

オリジナルのNBAの特集番組が放送される

「Rakuten NBA Special」には、オリジナルのNBAの特集番組が用意されています。「NBAリーグパス」では、まずありません。

「Rakuten NBA Special」にて放送されているNBAの特集番組のラインナップは以下の通りです。

  • How to enjoy NBA[NBAの楽しみ方]:佐々木クリスさんがNBA初心者に向けて、NBAの魅了や見所を紹介してくれる番組。
  • 俺達のNBA!!:スチャダラパーのBOSEさんをMCに迎え、毎回テーマごとにNBAを掘り下げていく、マニア向けの番組。
  • 週刊NBA:ハリー杉山さんをMCに迎え、1週間で開催された試合を振り返りながら、普段解説を務める人たちが注目の試合を徹底的に解剖していく番組。
  • DAILY HIGHLGHTS:MAMUSHIさんがMCを務めながら、当日開催された試合のハイライトや、その日のスーパープレイTOP5を紹介する番組。

試合だけではないそのほかの視点から、NBAを知ることができる番組ですので、NBA初心者の方はもちろん、コアなNBAファンも十分に楽しめる番組がラインナップされています。

月額料金が¥900〜

「Rakuten NBA Special」の1つの大きな特徴が、月額料金の安さです。後ほど詳述しますが、月額プランであれば月々¥900(税抜き)で視聴できるんです。

「NBAリーグパス」は、月額プランだと月々¥2,400(税込)かかりますので、おおよそNBAリーグパスの1/3の値段で「Rakuten NBA Special」は利用できます。

月々¥1,000以下ですのでお財布にも優しく、月々の負担も大きくならないのは魅力的ですよね。

年額プランに加入すると、加入時に1年分の¥7,000(税抜き)を支払うことになります。この¥7,000を月額換算すると¥584となりますので、月額プランでの契約よりも安い料金で利用できます。

楽天スーパーポイントが貯まる

「Rakuten NBA Special」に加入すると、毎月の支払い時に楽天スーパーポイントが貯まります。しかも、「Rakuten NBA Special」に加入をすると楽天でのお買い物時のポイント還元率が「+1%」され、非常にお得です。

楽天会員の人や、普段の買い物をよく楽天でするという人にとっても「Rakuten NBA Special」は非常におすすめです。

月額・年額プランでも決済方法が2種類ある

後ほど詳述しますが、「Rakuten NBA Special」には月額プランと年額プランの2つのプランがあります。

この2つのプランは、「クレジットカード決済」と「キャリア決済」で支払いが可能なのですが、「NBAリーグパス」の場合には、年額プランのみ「クレジットカード決済」しか利用できないようになっています。

「NBAリーグパス」の場合には、クレジットカードを持っていないと加入できないこともあるということですが、「Rakuten NBA Special」の場合はクレジットカードを持っていなくてもキャリアで決済できるんですよ。

支払い時の選択肢も広がりますが、キャリア決済選択時には前述した楽天スーパーポイントが貯まらないので、注意してください。

視聴可能デバイスが豊富にある

「Rakuten NBA Special」は、視聴可能なデバイスが豊富に用意されています。「NBAリーグパス」の視聴可能デバイスと比較してみましょう。

 Rakuten NBA SpecialNBAリーグパス
PC
iOS
Android
Chromecast
VIERA✖︎
BRAVIA✖︎
PlayStation4✖︎
Apple TV✖︎

こちらの表を見ていただくとわかるのですが、「Rakuten NBA Special」の方が圧倒的に視聴可能デバイスが多いことがわかりますよね。

様々なデバイスでNBAを視聴できるからこそ、あなたの「観たい」タイミングにNBAを視聴できるんですよ。

「Rakuten NBA Special」には月額プランと年額プランがある

先ほど少し紹介しましたが、「Rakuten NBA Special」には月額プランと年額プランの2つのプランがあります。

月額プランと年額プランで、視聴可能な試合や特集番組、視聴可能デバイス等に違いはありませんが、料金の支払いという点で大きな違いがあります。

月額プランは「1ヶ月ごと」に支払いを行うプランで、年額プランは「1年分をまとめて」支払うプランです。

月額プランは1ヶ月あたり¥900(税抜き)でして、年額プランは1年あたり¥7,000(税抜き)となっています。

年額プランは、1ヶ月に換算すると支払い金額が¥584となります。

1年間で見てみると、実は¥4,000近く差がありますので、とにかく安く済ませたい人シーズンを通してずっとNBAを観ていく予定の人は、年額プランで加入することをおすすめします。

楽天モバイルの契約者は「Rakuten NBA Special」が最大1ヶ月無料に!

ここまでしっかりと読んできてくれたあなたは、「Rakuten NBA Special」の料金やプランについてよく理解できたでしょう。月額プランなら月々¥900(税抜き)で利用でき、お得なことがわかりましたが、実はもっとお得に「Rakuten NBA Special」を利用する方法があるんです。

それが「楽天モバイル」への加入です。楽天モバイルに加入している人、あるいはこれから楽天モバイルに加入する人は、最大で1ヶ月無料で「Rakuten NBA Special」を利用できるんです。

詳しい内容は、公式サイトをご覧ください。

「Rakuten NBA Special」に今すぐ登録しておくべき6つの理由

とりあえず今は調べておいて、また今度登録すればいいか。

こんな風に思っているそこのあなた!実は今すぐRakuten NBA Specialに登録・加入をしておいた方がいい理由があるんです。今すぐ登録したほうがいいその理由を紹介していきます。

今すぐ登録することをおすすめしたい6つの理由

  1. サマーリーグを見逃してしまう
  2. 八村塁選手のプレシーズンマッチ・開幕スタメンを見逃してしまう
  3. 以前の試合の見逃し配信が観られなくなる
  4. キャンペーンなどに応募できなくなる
  5. 使い方に慣れておかないと、本当に観たい試合の時に焦ってしまう
  6. 「後でやろう」と思っていると、面倒臭くなってやらなくなる

サマーリーグを見逃してしまう

八村塁選手がワシントン・ウィザーズに指名されました。7月5日~7月15日まで開催されるサマーリーグにワシントン・ウィザーズの一員として出場します。

NBAプレイヤーとして、NBAのチームで試合をするのはサマーリーグが最初となるので、記念すべき「ワシントン・ウィザーズ」の八村塁選手のデビュー戦を見逃さないようにしてくださいね!

また、渡邊雄太選手はメンフィス・グリズリーズの一員として、馬場雄大選手はダラス・マーベリックスの一員としてNBAサマーリーグに出場します。彼らの活躍もぜひご覧ください。

八村塁選手のプレシーズンマッチ・開幕スタメンを見逃してしまう

出典:Washington Wizards Official Twitter

サマーリーグが終わると少し期間が空き、10月上旬からプレシーズンマッチが行われます。サマーリーグは基本的に若手や契約をしていないプレイヤーが主体となるのですが、プレシーズンマッチになるとチームの主力も参加します。

八村塁選手の所属するワシントン・ウィザーズは、ブラッドリー・ビールなどの主力がプレシーズンマッチでプレイするはずなので、楽しみが増えますよね。

また、10月中旬から下旬にかけてはNBAが開幕します。

今後のチームの状況にもよりますが、八村塁選手は開幕スタメンも十分に勝ち取れるチャンスがあるので、歴史的な瞬間を見逃さないためにも、Rakuten NBA Specialに今のうちに登録しておきましょう!

以前の試合の見逃し配信が観られなくなる

今すぐ登録しておかないと、以前行われた試合の見逃し配信が観られなくなってしまう可能性があります。

Rakuten NBA Specialの場合には、1ヶ月前の試合が見逃し配信(アーカイブス)されているため、1ヶ月以上が過ぎてしまうと試合が観られなくなってしまうんです。

観たかった試合の見逃し配信を確実に視聴するためにも、今すぐ登録しておくことをおすすめします。

キャンペーンなどに応募できなくなる

2019年の10月に開催されるNBAジャパンゲームは、楽天の主催なためRakuten NBA Specialに加入している人や、NBAリーグパスに加入している人向けに、先行抽選予約が行われました。

また、5月31日に楽天主催で行われた「NBAファイナルパブリックビューイング」の応募は楽天TVの加入者”しか”できないイベントでした。

このパブリックビューイングにはNBAのスーパースター、ケンバ・ウォーカー選手がゲストとして登場しています。写真や動画を見る限りは、非常に盛り上がっている様子でした。

楽天がNBAのゴールデンステイト・ウォリアーズと契約を結んだことなども踏まえ、NBAジャパンゲームやパブリックビューイングに限らず、今後は日本国内でもNBAのイベントが多数開催されていくものと思われます。

イベントやキャンペーンに応募・抽選申し込みをするためにも、今すぐ登録をしておきましょう!

NBAリーグパスは、NBAジャパンゲームの先行抽選予約の対象でしたが、パブリックビューイングの応募はできないようでした。日本で開催されるNBA関連のイベントは、Rakuten NBA Specialに登録しておいたほうがいいでしょう。

使い方に慣れておかないと、本当に観たい試合の時に焦ってしまう

俺はネットに強いから大丈夫だよ。

と思っているそこのあなた。いくらインターネットやパソコンなどの使い方に慣れていても、Rakuten NBA Specialの使うのは初心者ですよね。となれば不慣れなことやわからないこともたくさん。

「どこのボタンをクリックすれば試合を観られるのか」「NBAの情報を調べる時には、どこから見ればいいのか」など、Rakuten NBA Specialの提供しているサービスにあらかじめ慣れておかないと、本当に観たい試合の時に使いこなせないでしょう。

「備えあれば憂いなし」と言いますし、観たい試合があるその日に登録をして焦ってしまうよりも、早めに登録をしてRakuten NBA Specialの使い方に慣れておいたほうが、賢明ですよ。

「後でやろう」と思っていると、面倒臭くなってやらなくなる

「時間ができてからまた後でやればいいか」と思っている人もいるかもしれませんが、後回しにしているとどのVOD(動画配信サービス)に登録しようと考えていたのかを忘れてしまうことがありますし、特徴を忘れてしまうこともあります。

再び調べる時間も面倒ですし、登録するのが面倒になってしまうこともありますので、「NBAの視聴方法」を調べている今だからこそ、登録をしておいたほうがいいんですよ。

気が変わらない今のうちに登録をしておきましょう

「Rakuten NBA Special 」の登録方法

それではここから、「Rakuten NBA Special」の登録方法を紹介していきます。一緒に進めていった方が間違えることもありませんので、ここからはあなたも登録用の画面を開きながら読み進めてください。

それではこのURL「https://tv.rakuten.co.jp/nba/」から、「Rakuten NBA Special」の公式サイトを開きましょう。

クリックすると以下の画面が表示されます。

画面に表示されている「購入はこちら+」をクリックし、現れたポップアップの中から「月額プラン」or「年額プラン」のどちらかを選択し、クリックしてください。

するとあなたの買い物かごに、以下の画像のように「Rakuten NBA Special」が入っていることが確認できます。

この後に「ご注文手続きへ」をクリックすると、決済などが実行され、完了すると「Rakuten NBA Special」への会員登録は完了します。

「Rakuten NBA Special」の料金はオフシーズンでもかかるの?

NBAはプロスポーツですから、当然”オフシーズン”が存在します。試合は行われない期間ですので、当然「Rakuten NBA Special」でも試合は放送されません。しかし、オフシーズンでも料金がかかります

「Rakuten NBA Special」はVOD配信を行なっているため、無料で利用するということはできないんです。休止制度も内容です。

そのため、もしオフシーズン中は「Rakuten NBA Special」を利用せずお金を支払いたくないという場合には、1度「Rakuten NBA Special」を解約する必要があります。

「Rakuten NBA Special」の解約方法

前章にて触れた「解約」の方法について紹介していきます。簡単に手順を紹介しますね。

  1. 楽天のページを開く
  2. 画面右上にある「購入履歴」をクリック
  3. 購入履歴の中から「定額見放題解約」をクリック
  4. 定額見放題解約の中から「Rakuten NBA Special」の「解約手続きへ」をクリック
  5. 内容を確認し、OKだったら「解約する」をクリック

上記5つのステップを踏むと、「Rakuten NBA Special」を解約することができます。なお、解約後でも視聴期間が残っている場合には、その視聴期間内であれば視聴は可能です。

5月25日に月額プランに加入したと仮定して例を紹介していきます。

  • 5月25日:月額プラン加入
  • 6月25日:1回目の更新日
  • 7月14日:解約(7月24日までの10日間は視聴可能期間)

このように、解約をした次の更新日の前日までは利用できるようになっています。

「Rakuten NBA Special」は録画ができるの?

ここからは「Rakuten NBA Special」の録画機能について紹介していきます。まずはじめに紹介しておくと、「Rakuten NBA Special」は録画をすることができません

後からNBAの試合が見たいときはどうすればいいの?

“録画”をしたいと思っている人は、おそらく「リアルタイムで観られない」のでしょう。リアルタイムで試合が観られない人は、録画ではなく「見逃し配信」を利用すれば放送終了後の試合でも観られますよ。

「見逃し配信」にて放送されている試合は、いつでも観られますので、あなたの都合のいい時に観てくださいね。

見逃し配信は30日経つと観られなくなってしまいます。

「Rakuten NBA Special」のいい評判

ここまでは「Rakuten NBA Special」の特徴などを紹介してきましたが、実際に使ったことのある人の声を聞いた方が、実際に「Rakuten NBA Special」が自分に合っているかどうかを判断できますよね。

まずは、いい評判から紹介していきます。

見逃し配信の機能や、¥1,000もしない料金でプレイオフが観られることを高く評価している人が、今回紹介したツイート以外にも多く見られました。

「Rakuten NBA Special」の悪い評判

続いては、悪い評判についても紹介しておきますね。

「Rakuten NBA SpecialとNBAリーグパスの違いがよくわからない」というツイートは2018年のものですが、現在ははっきりと違いがわかるようになっていますし、「違いがわからない」と書かれたツイートはあまり見当たりませんでした。

NBAの視聴ならここ!年間100試合以上をVODで見る”ガチ勢”が紹介!

2019年5月20日

また「DAZNよりも重たい」と感じていた人は、視聴環境(Wi-fiなどのネットワーク環境)が悪かったのかもしれませんね。重たくなったりしてしまうのは、ネットワーク環境に依存するものと思われます。

全チームの試合が観たい人やドラフトが観たい人はNBAリーグパス

ここまで「Rakuten NBA Special」の紹介をしてきましたが、全チームの全試合が観たい人や、ドラフトロッタリーやドラフト会議を観たい人は、「NBAリーグパス」に加入しましょう。

「NBAリーグパス」は、「Rakuten NBA Special」よりもコアなNBAファン向けという印象があります。「NBAリーグパス」で用意されているコンテンツも、初心者よりはある程度NBAの知識がある人向けでしょう。

もちろん初心者の人でも、たくさんの試合を観たいという人は、「NBAリーグパス」の加入を検討してみてください。

まとめ

さて今回は「Rakuten NBA Special」について紹介してきました。 NBAが観られるVODの1つでもある「Rakuten NBA Special」は、NBA初心者に非常におすすめです。

初心者の人だけではなく、大ファンだけど時間があまりなくてたくさんの試合を観られないという人や、とにかく安くNBAを観たいという人は、「Rakuten NBA Special」で十分ですよ。

ぜひ「Rakuten NBA Special」を通して、NBAのことを大好きになる人が増えてくれることを願っています。


Clutch Time運営者オススメのNBA好きな方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、NBA好きな方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

NBAの視聴ならここ!年間100試合以上をVODで見る”ガチ勢”が紹介!

2019年5月20日

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。