シュートスキル

ブロックを交わすステップとボールのフェイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

どうも!
修一です。

 

今日も実はお伝えしたいことがあるので
こうして記事を書いています。

 

あなたはゴール下にドライブして、
いつもブロックされていませんか

f:id:bskbskpointgetter:20170205200532j:plain

 

または大きな選手にプレッシャーをかけられて
シュートを打たずにパスを返した経験はありませんか??

f:id:bskbskpointgetter:20170205201305j:plain

僕はしょっちゅうありました。

 

168cmしかないので
大きな選手からしてみると
格好のブロックの餌食。

 

ドライブしてゴールまで行けたものの、
20cmくらい大きな選手にブロックされてしまう

 

ボールをはたかれる
無理やりシュートを打っても
適当なシュートだから入らない

 

とても悩みました。

 

なんでこんなに打てないのか。

f:id:bskbskpointgetter:20170205201404j:plain

 

何かいい方法はないのか。
ブロックをかわす
フェイクは何かないのか

 

 

NBAを観ていて見つけました

 

 

そんな時にテレビでNBAを観戦していたら
ポイントガードの選手の
素晴らしいフェイクを目の当たりにしました。

この最初のプレイです。

 

右から左サイドにドライブをし、
レイアップのステップを踏みながら
ボールだけを高く上げ
大きな選手を飛ばせる

 

その選手が飛んでいる時に
ロールターンをしてフィニッシュ。

 

ごくごくシンプルなプレイです。

 

シンプルですが、
簡単に相手を騙すことができます。

 

相手が大きい選手であればあるほど
このフェイクには引っかかりやすいです。

 

 

このフェイクが使える場面

 

 

このプレイは使える場面
使えない場面を見極めたいプレイです。

 

もちろん引っかかれば
フリーになれるフェイクです。

 

 

しかし

 

引っかからないと
ドリブルが止まっているので
パスを戻さないといけない

 

引っかかっていない状況でのシュートは
ブロックされるのと同じです。
無理やりシュートを打つのと同じです。

f:id:bskbskpointgetter:20170205201831j:plain

 

自分がシュートに行けなくなっても、
ドライブをして相手のディフェンスを崩しているので
周りにはフリーの選手がいるかもしれないし
誰かがカッティングしてきてくれるかもしれません

 

ただ、
自分でシュートを打つことはできません

 

この記事ではあくまでも
自分でシュートを打つため
にこのフェイクをお伝えしています。

 

なので、
フェイクを繰り出す場面を考えなければいけません。

 

 

このフェイクのオススメの使うタイミング

 

 

私がオススメするフェイクの場面は、
ドライブインをしてディフェンスが真横に
付いてきている状況です。

f:id:bskbskpointgetter:20170205202136j:plain

 

ゴール下でディフェンスが待っている状況ならば、
そこまで近付いていかずに
ジャンプシュートフローター
でシュートを決めちゃえばいいです。

f:id:bskbskpointgetter:20170205184344j:plain


でも、ドライブをしてディフェンスがついてくる場面って
よくあるじゃないですか。

完全には振り切れていなくて
横並びの状況

 

先ほどの動画で言えば、
ゴール下にいたセンターが
チェックのために
少しだけ外に出てきていますよね?

 

そこからゴール下までドライブすると
ディフェンスはついてきているわけです。

 

そうしてディフェンスがついてきているから
このフェイクは効果を発揮します

 

 

どうすれば上手くフェイクできるの?

 

 

このフェイクは
片手でボールを高く上げる
ことが大きなポイントです。

 

シュートフェイクはどれもそうです。

 

ポンプフェイク
ボールを頭上に上げますし、
ダブルクラッチの時でも
一度ボールを上に上げますよね?

 

そうでなければ「フェイク」とは言えない
ただの「ストップ」あるいは
ただの「ムーブ」です。

 

このフェイクでボールを見せる時に私は、
遠心力を使って高く上げています。

 

勢いもあるのでディフェンスも
引っかかりやすいですし、
その方がボールもコントロールできます

 

 

もう一つ重要なことは
ステップをいかにレイアップするように見せるか
ということです。

 

ステップがゆっくりで弱くて
自分のいつものレイアップの時とは違う
のであれば、
それはフェイクに引っかからないでしょうね。

 

フェイクは
シュートに行きそう
だからディフェンスが引っかかります。

 

「シュート打つ!」
とディフェンスに思わせることができないと、
もちろん引っかかりません。

 

だとしたら、
ステップもいつもと同じくらいの強さ勢いで
踏まなければディフェンスを騙すことはできません

 

このフェイクを成功させるためには、
ボールを高く上げること
ステップを普段のシュートと同じ強さ勢いで踏む
この2点です。

 

 

今すぐにすべきこと

 

 

今すぐにこの場であなたができることは、
記事冒頭の動画を見ることもそうですが
イメージ」をすることです。

 

自分が上手くこのフェイクでディフェンスを騙して
フリーで楽々シュートを決めている場面を。

f:id:bskbskpointgetter:20170205203305j:plain

 

人はイメージできることは
実際にできるようになりますが、
イメージできなければ
実際にできるようにはなりません

 

イメージトレーニング
はかなり重要です。

 

脳は現実と想像を区別できない
のです。

 

だからこそイメージ(想像)できたことは
現実にもできるのです。

 

自分がこのフェイクをしている状況をイメージし、
動画を見てもっともっと理解してみてください。

 

それだけで
明日の練習からあなたは
このフェイクができるようになります。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

次の記事もお楽しみに!

 

 

それでは👋

 

 

 

修一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*