NBAのドラフト外から脚光を浴び大活躍した7人のスタープレイヤー

スポンサーリンク

八村塁選手が日本人として初めてNBAドラフト1巡目指名された、日本国内で大きな注目を集めたNBAドラフト。しかし、NBAドラフトは毎年60名しか指名されない狭き門なんです。

その狭き門に入り込むことができなかったものの、必死に這い上がり「ドラフト外」からNBAの舞台で活躍をしてきたプレイヤーはたくさんいます。

そこで今回は、NBAドラフトの60人に指名されなかったものの、ドラフト外から這い上がり大活躍を果たしたスタープレイヤーを紹介していきます。

完全に独断と偏見で、7人を紹介していきますよ!

エイブリー・ジョンソン(1988年NBAドラフト外入団)

まず1人目に紹介するのは、エイブリー・ジョンソンです。1988年にシアトル・スーパーソニックス(現:オクラホマシティ・サンダー)に入団。

ドラフト外入団ながら15シーズンもNBAでプレイした経験があり、デンバー・ナゲッツ、サンアントニオ・スパーズ、ヒューストン・ロケッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ダラス・マーベリックスを渡り歩いています。

1999年にはサンアントニオ・スパーズの一員としてNBAチャンピオンに輝き、エイブリー・ジョンソンの背番号#6はスパーズの永久欠番となっています。

エイブリー・ジョンソンの受賞歴
  • NBAチャンピオン:1回(1999年)

なお、エイブリー・ジョンソンはプレイヤーとして引退後にはコーチとしてのキャリアを歩み始め、ダラス・マーベリックスのヘッドコーチを務めた2006年には最優秀コーチ賞を受賞しています。

スポンサーリンク

ジョン・スタークス(1988年NBAドラフト外入団)

続いて紹介するのは、ジョン・スタークスです。ジョン・スタークスは1988年にゴールデンステイト・ウォリアーズに入団。

13シーズンをNBAで過ごし、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ニューヨーク・ニックス、ユタ・ジャズ、シカゴ・ブルズでプレイしています。

ジョン・スタークスの受賞歴
  • NBAオールスターゲーム:1回(1994年)
  • オールディフェンシブチーム 2nd:1回(1993年)
  • シックスマン賞:1回(1997年)

ブルース・ボウエン(1996年NBAドラフト外入団)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Remember Bruce Bowen? The former Spur and 3x NBA Champ was fired as TV Game Analyst for the Clippers after some comments on Kawhi Leonard that included the following: _ “I think there’s nothing but excuses going on” _ “I think what you’re starting to see now is an individual given a certain amount of advice and it’s not the right advice.” _ “You were protected in San Antonio. You were able to come up during a time where you still could lean on Tim, Tony, and Manu.” _ Bowen was named to NBA All-Defensive teams 8 times including 5 first teams. He shot 42.2% from 3P in his postseason career which is 2.8% higher than his career postseason FG%. After his first season in San Antonio, he played all but but 3 of the team’s 574 regular season games over his last seven seasons. _ Over this seven year span, Bowen shot the following percentages from 3P range: 44.1% (league leading) 36.3% 40.3% 42.4% 38.4% 41.9% 42.9% _ How do you feel about his comments concerning Kawhi Leonard? The Clippers likely feel as if they’ll be a contender for Kawhi next offseason…do you think Bowen should have been fired? _ #Spurs #Clippers #TorontoRaptors #KawhiLeonard #BruceBowen #lakers #celtics #warriors #okc #knicks #miamiheat #lebron #lebronjames #stephcurry #kevindurant #russellwestbrook #kyrieirving #kobe #lonzoball #bulls #bball #basketball #nba #blakegriffin #cp3 #chicagobulls #thunder

“ThaScoopOnHoops”さん(@thascooponhoops)がシェアした投稿 –

続いて紹介するのは、ブルース・ボウエンです。1996年にマイアミ・ヒートに入団すると、12シーズンのうちにボストン・セルティックス、フィラデルフィア・76ers、サンアントニオ・スパーズでプレイ。

ディフェンス力と3Pに定評があったブルース・ボウエンは、2000年以降に所属したマイアミ・ヒートとサンアントニオ・スパーズには欠かせないプレイヤーに成長しました。

サンアントニオ・スパーズは、3度の優勝に貢献したブルース・ボウエンの背番号#12を永久欠番としています。

ブルース・ボウエンの受賞歴
  • NBAチャンピオン:3回(2003、2005、2007年)
  • オールディフェンシブチーム 1st:5回(2004-2008年)
  • オールディフェンシブチーム 2nd:3回(2001-2003年)
  • 3P成功率1位:1回(2003年)
スポンサーリンク

ベン・ウォーレス(1996年NBAドラフト外入団)

続いて紹介するのは、ベン・ウォーレスです。ベン・ウォーレスは1996年にドラフト外でワシントン・ブレッツ(現:ワシントン・ウィザーズ)に入団。

2000年の夏にデトロイト・ピストンズに入団すると、ピストンズでは2004年にNBAチャンピオンに輝きました。

ただ間違えて欲しくないのは、ベン・ウォーレスは「優勝チームの控え」ではなかったということ。当時のウォーレスは、ディフェンスにおいて圧倒的な力を発揮しており、チームの中心として優勝に貢献しました。

2004年のNBAファイナルでは、歴代最強最高のセンターとも言われているシャキール・オニール率いるロサンゼルス・レイカーズを下しての優勝でした。

後ほど受賞歴は紹介しますが、オールスターの選出や最優秀守備選手賞に輝くなど、ドラフト外からNBAにやってきた最高のスーパースターと言えるでしょう。

なお、デトロイト・ピストンズはベン・ウォーレスの背番号#3を永久欠番にしています。

ベン・ウォーレスの受賞歴
  • NBAチャンピオン:1回(2004年)
  • NBAオールスターゲーム:4回(2003~2006年)
  • 最優秀守備選手賞:4回(2002、2003、2005、2006年)
  • オールディフェンシブチーム 1stチーム:5回(2002~2006年)
  • オールディフェンシブチーム 2ndチーム:1回(2007年)
  • リバウンド王:2回(2002、2003年)
  • ブロック王:1回(2002年)

ドラフト外プレイヤーとして初めてNBAオールスターのスターターに選出されたり、4シーズン連続で1000リバウンド100リバウンド100ブロックを達成した唯一の選手であり、4回の最優秀守備選手賞獲得はディケンベ・ムトンボとウォーレスのみ。

ブラッド・ミラー(1998年NBAドラフト外入団)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔝Mejores undrafted en la NBA🔝 Brad Miller se presentó al draft de la NBA en 1998 pero para su desgracia, todas las franquicias pasaron de el. El bueno de Brad se vino a jugar a Europa (al Livorno más concretamente) durante los primeros meses de la temporada debido al lockout que había en la NBA por aquel entonces, pero fueron suficientes para llamar la atención de los Hornets, quienes lo firmaron por 2 temporadas y promedió 7 puntos y 4 rebotes. Ese verano, ya como agente libre, firmaba con los Chicago Bulls donde en su primera campaña mejoró algo sus números llegando a los 9 puntos y 7.4 rebotes por noche. En la siguiente campaña explotó yéndose a los 12.7 puntos y 8.4 rebotes antes de ser traspasado en febrero a los Indiana Pacers donde en el último tramo de la temporada se iría hasta los 15 puntos y 7.9 rebotes. En la 02-03 (su única temporada completa con los de Indiana) estabiliza sus promedios en 13 puntos y 8 rebotes los cuales le sirven para ser elegido en el All-Star Game. Durante la agencia libre de 03 los Pacers lo mandan a Sacramento Kings en un sign&trade por Scott Pollard a pesar de que Brad quería continuar en Indiana, pero como le dijo su agente, la oferta de dinero que le hacian los Kings no se podia dejar pasar. En la capital de California vivió sus mejores años. Volvió a ser All-Star, visitó la post temporada en 3 ocasiones, fue el center que más asistencias repartió en la liga con casi cinco por partido (Ben Wallace fue el segundo con solos dos), y sus numeros en cinco años y medio fueron de 13.3 puntos, 8.6 rebotes y 4 asistencias. A partir de aquí su carrera fue menguando. Regresó a los Bulls en los que sólo jugo año y medio, después en Houston otra temporada y en Minnesota apenas 15 partidos. Tras 868 partidos, 598 de titular y 14 temporadas en la liga, Brad Miller colgó las botas. Promedios de carrera: 11.2 Puntos 7.1 Rebotes 2.8 Asistencias #NBA #BradMiller #SacramentoKings #Kings #ChicagoBulls #Bulls #AllStar

Run&Gunさん(@runandgun_nba)がシェアした投稿 –

続いて紹介するのは、ブラッド・ミラーです。ブラッド・ミラーは1998年にドラフト外でシャーロット・ホーネッツ(現:ニューオーリンズ・ペリカンズ)に入団。

シャーロット・ホーネッツのほか、ペイサーズ、ブルズ、キングス、ロケッツ、ティンバーウルブズでプレイをし、2003年と2004年にはNBAオールスターゲームにも出場しました。

ブラッド・ミラーは、当時のセンターの中ではジャンプシュートやフリースローが上手く、中でもパスセンスのあるプレイヤーとしてチームには欠かせない存在でした。

また、ブラッド・ミラーは2006年にアメリカ代表としてレブロン・ジェームズやカーメロ・アンソニーと共に日本で行われた世界選手権にも出場しています。

ブラッド・ミラーの受賞歴
  • NBAオールスターゲーム:2回(2003、2004年)
  • 世界選手権:1回(2006年銅メダル)
スポンサーリンク

ラジャ・ベル(2001年NBAドラフト外)

続いて紹介するのは、ラジャ・ベルです。ラジャベルは、2001年にフィラデルフィア・76ersと10日間契約を結んだところから、NBAキャリアをスタートさせました。

2001年のNBAキャリア1年目には、いきなりNBAファイナルを経験。2002年には1度スペインに渡ったものの、その後ダラス・マーベリックスと契約を結び再度NBAの舞台へと帰ってくると、シーズン75試合に出場を果たしました。

2003年以降はユタ・ジャズ、フェニックス・サンズ、シャーロット・ボブキャッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズでプレイをしています。

また、ナショナルチームではヴァージン諸島の代表としてプレイしていました。

ラジャ・ベルの受賞歴
  • オールディフェンシブチーム 1st:1回(2007年)
  • オールディフェンシブチーム 2nd:1回(2008年)

ユドニス・ハスレム(2003年NBAドラフト外入団)

最後に紹介するのは、ユドニス・ハスレムです。ハスレムは、2003年にマイアミ・ヒートに入団し、その後2018-19シーズン現在もマイアミ・ヒートでプレイしているプレイヤーです。

ドラフト外入団ながら、2004年にはオールルーキー2ndチームに選出され、その後の2006年にはスターターとしてマイアミ・ヒートをNBAチャンピオンにまで導いています。

2006年の優勝時はシャキール・オニールの脇役としてパワーフォワードのポジションで試合に出場していましたが、2010年にドウェイン・ウェイド、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュのBIG3が結成されると控えへ。

控えからもリバウンドやスクリーンでチームに貢献し、2012年と2013年のNBAチャンピオンにも貢献しました。

ユドニス・ハスレムの受賞歴
  • NBAチャンピオン:3回(2006、2012、2013年)
  • オールルーキー 2ndチーム:1回(2004年)

2018-19シーズンを現役で戦うNBAドラフト外入団のプレイヤー(一部)

ここからは、2018-19シーズンを現役で戦うNBAドラフト外から入団したプレイヤーを、一部紹介します。個人的に今後も注目してほしいプレイヤーをまとめてみました。

  • ロバート・コビントン
  • TJ・マッコネル
  • フレッド・ヴァンブリート
  • マシュー・デラベドバ
  • イシュ・スミス
  • ジャスティン・ホリデー
  • ジョナソン・シモンズ
  • ケント・ベイズモア
  • ジェレミー・リン
  • セス・カリー
  • ジョー・イングルス
  • ロイス・オニール
  • ブリン・フォーブス
  • ホセ・カルデロン
  • ウェスリー・マシューズ
  • ユドニス・ハスレム

スーパースター、ステファン・カリーの弟のセス・カリーや、数年前に「リンサニティ」という言葉とともに旋風を巻き起こしたジェレミー・リンなどが、ドラフト外で入団しています。

ぜひこちらのプレイヤーにも注目しながらNBAをご覧ください。ドラフト外から本契約を勝ち取り、生き残っている彼らの泥臭くも必死に頑張る姿には、心打たれてしまいますよ。

NBA・八村塁を観るならNBA Rakutenで決まり!

あなたが今もし、NBAを、そして日本人として史上初めて1巡目でワシントン・ウィザーズに指名された八村塁選手を観る方法をお探しなら、「NBA Rakuten」に登録しましょう。

「NBA Rakuten」は楽天株式会社が運営している「楽天TV」内の1つのサービスです。

日本国内からNBAを観る方法は「NBA Rakuten」だけですので、NBAが観たい人は登録が必須ですよ。

NBA Rakutenの特徴や4つのプランの詳細をまとめてみた

2019年5月26日

まとめ

今回はドラフト外でNBAに入団したスタープレイヤーを紹介してきました。

ドラフト外ながら、優勝したチームの主力として活躍したベン・ウォーレスやユドニス・ハスレムは非常にかっこいいですよね。諦めずに夢を掴んだ彼らは、今もNBAを目指して戦っているプレイヤーの良き手本になることでしょう。

後半には2018-19シーズンを現役で戦ったドラフト外入団のプレイヤーも紹介しましたので、這い上がってきたプレイヤーの泥臭くも必死に頑張る姿を、ぜひ目に焼き付けてください。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

メンタルトレーニングの一環として「ハードワーク」を読んでほしい!

2018年10月17日

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018年9月11日

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。