シュートスキル

NBAのスタープレイヤーに学ぶ、シュートテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

 

 

どうも!修一です。

 

 

今日は、小さな選手が身に付けたい
NBA選手に真似るシュートをお伝えします。

 

NBA選手は基本に忠実なので
実は日本人でも真似することのできるプレイが
いくつもあります

 

その中で今日はシュートについてお伝えしていきます。

 

 

この記事を読んで実戦でできるようになれば、
ジャンプシュートをどんな場面でも打てるようになります。
厳しいマークに遭った時でも
ショットクロックが短くなっていても

 

そして、相手がどんなにディフェンスの上手い選手だとしても
そのマークをかいくぐって
空中でフリーになることができます

 

このシュートの打ち方・コツを掴むことで
どんなタイミングでもどんな場面でも
シュートを打てるようになるので、
抑えられない選手になります。

 

 

ボールを持たれたら最後、止められなくなります。
このシュートをチェックに行くとあなたはドライブで抜き去る。
ディフェンスはお手上げ状態です。
あいつマークしたくない」と言わせることができます。

 

 

 

逆にこのシュートを身につけることができなければ・・・。

 

あなたは厳しいマークに遭うと全くシュートを打てず
ただただパスを回すだけの選手になります。

 

あなたはシュートを打てないので
ディフェンスには「俺こいつでよかった」と
安心され舐められることになります

 

 

 

それではそろそろ本題に入っていきます。

 

 

その身につけるべきシュートとは
クイックシュート
です。

 

 

その名の通り、
クイックで打つシュート
のことです。

 

 

クイックシュートは
「早打ち」ではありません。

 

素早いシュートモーションでディフェンスを
反応させず置き去りにするシュートです。

 

ただ、非常に難しいシュートです。

 

自分のスピードやシュート力に自信があっても
そう簡単に身に付けられるシュートではありません

 

 

このシュートには
コツがあります。

 

 

そのコツは以下の動画で紹介されています。

 

 

 

 

動画に出てくる選手のカーメロアンソニー
クイックシュートがとても上手い選手です。

 

 

この動画内で話されているコツは2点。

 

シュートをいつでも打てる腰の高さで動く
シュートハンドを用意しておく

 

この2点です。

 

 

 

シュートをいつでも打てる腰の高さで動く

 

腰の高さをいちいち上下させていると
シュートを打つまでの間にほんの一瞬の間ができて
ディフェンスはその間にチェックやブロックをするために
ジャンプをしたりボールを触ったりします。

 

腰の高さを一定にしておくことで
ジャンプをするときの構えになるための
沈み込む動作が必要なくなるので
その分早くシュートを打つことができるようになります

 

 

また、ジャンプをする際の構えは
パワースタンスと呼ばれ
自分自身が最も強いスタンスだと言われています。

 

その状態で移動することで押し負けることもなくなり
強い状態でドライブすることが可能になります

 

 

ステップを踏んだらそのまま飛び上がってシュート
を打てる状態に構えておくことが
このポイントです。

 

 

 

シュートハンドを用意しておく

 

 

シュートを打つ手(利き手)を
ドリブルをついてボールを保持する時には
すでに構えている状態にしましょう。

 

この構えをしておくことによって、
ドリブルをつきながらシュートフェイクをすることが可能になり
その後ドライブインをすることもできます

 

ドリブルをつきながらのシュートフェイクというのは
この動画をご覧ください。

 

 


※このフェイクに関しては後日詳しく。

 

 

シュートハンドを用意しておくだけで
キャッチしたらすぐにシュートを打つこともできますし、
キャッチせずにフェイクをしてドライブインも有効になってきます。

 

 

 

この2点を意識するだけで、
ジャンプをするために沈み込む時間

手を移動させてくる時間
を短縮させることができます。

 

このほんの一瞬で空中でフリーを作れるか
作れずにチェックされてしまうかが左右されて来ます。

 

 

このクイックシュートの種類は
ドリブルをついてからのシュートなので
プルアップジャンパー
でした。

 

 

ですがここからは、
ドリブルをつかずにボールを保持した状態での
クイックジャンプシュートを打つ時のコツ
お伝えしていきます。

 

 

 

そのコツは2点。
リングを見て距離感やどこを狙うかを感覚的に決める
ゆっくりした動作から急に飛び上がってジャンプシュート
です。

 

 

 

リングを見て距離感やどこを狙うかを感覚的に決める

 

シュートは慣れてくると感覚で打つようになります。
これを読んでいるあなたもおそらくそうだと思います。
意識的に「ここに打とう!」とするよりも
感覚的に打った方が入りやすいはずです。

 

この「感覚的」というのはとても抽象的なので
もしかしたらイメージしにくいかと思うのですが、
わかってくれると信じて。

 

リングを見ながらディフェンスの隙を伺いましょう

 

 

 

ゆっくりした動作から急に飛び上がってジャンプシュート

 

ディフェンス側からすると
急なスピードの変化は守りにくいものです。

 

>>緩急についてのブログ記事はここをクリック<<

 

この記事に詳しく、急なスピードの変化「緩急」について
書いてあるので参考にしてみてください。

 

例えば

このようにボールを構えてチャンスを伺いながら

 

 

 

急なジャンプシュートを打つことで
ディフェンスの意表をつく。

 

 

この2点
リングを見て距離感やどこを狙うかを感覚的に決める
ゆっくりした動作から急に飛び上がってジャンプシュート

を意識する。

 

それだけで、止まった状態からのジャンプシュートも
空中でフリーになってシュートを打つことができます。

 

 

 

それでは今すぐに、

この動画をもう一度見てください。

 

 

この動画を見て、
今後自分がどんなことを意識して練習して
どんなことを意識してシュートを打てば
空中でフリーになれるかをイメージしてください。

 

 

人間はイメージできたことは
実際に行動に移せる生き物です。

 

裏を返すと、
イメージできないことは実際に行動に移すことができないので
イメージできるようになるまで動画を見て
頭の中で想像してください。

 

 

 

プルアップジャンパー(ドリブルをついてからのジャンプシュート)
の場合に重要なのは
いつでもシュートが打てる腰の高さで移動する
シュートハンドを準備しておく

 

 

その場に止まった状態からクイックシュートを打つ時に重要なのは
リングを見て距離感を感覚的に掴んでおく
ゆっくりした動作から急に飛び上がってシュート

 

 

 

以上の点を再度確認し、
実際にコートでシュートを打ってみてください。

 

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

修一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*