ドリブルシュートフェイクの時に大事な3つのポイント

スポンサーリンク

この記事では、ディフェンスが絶対に引っかかるドリブルを使ったシュートフェイクを紹介します。

今まで

  • ドリブルからのフェイクがなくて、ディフェンスを交わせなかった。
  • フェイクを身につけたいと思っていたが、なかなかしっくりくるフェイクがなかった。

という人にとってはタメになる記事なので、最後まで読んでくださいね。

この記事を読むと・・・

この最後まで読み、フェイクを使いこなせるようになると、あなたはドリブルをつきながらディフェンスをいとも簡単にフェイクに引っかからせることができ、フリーを作ることができます。

ディフェンスはフェイクに引っかかるので、あなたのフェイクの残像が頭に残り、試合を通してあなたはドライブインもしやすく、シュートに行きやすくなります。

また、ドリブルをつきながらシュートフェイクをできるようになることで、あなたがドリブルをついている時にディフェンスは「シュートか?フェイクか?どっちだ」と悩むようになります。

ディフェンスが迷ったらもうあなたの勝ち。自由にプレイを選択し、簡単にリングへとアタックしたりその場でドリブルジャンプシュートが打てるようになります。

ドリブルを使ったシュートフェイク

今回紹介するのは、ドリブルを使ったシュートフェイクです。

ドリブルをつきながらシュートフェイクをするものです。「シュートフェイクしたらドリブル止めることになるよね?」と思ったそこのあなた。まずはこの動画をご覧ください。

この動画では、ドリブルシュートフェイクについて、実際にNBAの試合で使われていた場面を抜粋して解説しています。

ドリブルシュートフェイクの特徴

ドリブルを止めずにシュートフェイクをする

ということです。

シュートフェイクと言うと、ボールを完全に保持した状態でボールを頭付近に運び、膝を曲げてリングを見ますよね?それをドリブルをつきながらやるフェイクです。

ドリブルシュートフェイクで大事な3つのポイント

ここからは、ドリブルシュートフェイクを実際に行うに当たって、大事な3つのポイントを紹介します。

以上3つのポイントを押さえてください。それでは、次の章からそれぞれのポイントに関して詳しく紹介していきます。

ステップを大股から小股にする。

今までドリブルをつきながら移動していた時は「大股」のステップで走っていましたが、このフェイクをする際には、フェイクをする直前で「小股」にして、足をシュートを打つ時のように合わせます。

大股のままでは勢いもついているので、シュートフェイクをする体制に持っていけないですし、そもそもフェイクになりません。

ジャンプシュートの場合にはその場に止まって、真上にジャンプをしてシュートを打ちます。ジャンプシュートのフェイクをするためには、本当にシュートを打つ時と同じモーションをする必要があるので、ステップを小股にして「タイミングを合わせている」とディフェンスに思わせましょう。

そうすることでディフェンスにはフェイクだと判断されにくくなります。

利き手(シュートハンド)と逆の手でドリブルをつく。

ドリブルを運んでくる時は利き手で大丈夫ですが、シュートフェイクをする時は利き手と逆の手でドリブルをつきましょう。

利き手と逆の手を使ってドリブルをつくことに関しては「NBAのスタープレイヤーに学ぶシュートテクニック」に詳しく書いてあります。右利きなら左手でドリブル。左利きなら右手でドリブル。

そしてシュートフェイクに入る時には、ボールをついている手に利き手(シュートハンド)を近づけて、キャッチする素振りを見せましょう。この時のドリブルは少し高めに、ゆっくりとつく。

フェイクする瞬間の姿勢を低くする。

フェイクを実際にするときは、膝を曲げ、腰を落としましょう。そしてその場に一瞬静止し、リングを見てください。この時の姿勢のイメージは、普段ジャンプシュートやドリブルジャンプシュートを打つ直前の踏ん張る時の姿勢と同じです。

この踏ん張っている姿勢は「パワースタンス」とも言われます。

シュートフェイクの後はディフェンスに合わせる

このドリブルシュートフェイクの後は、ディフェンスの守り方に合わせましょう。

フェイクに引っかかってジャンプをしてきたらそこからドライブイン。もし引っかからなければ、実際にそのままシュート。

フェイクのあとはディフェンスの守り方に合わせてドライブイン、ジャンプシュート、パスアウトを使い分けましょう。

ドリブルシュートフェイクのまとめ

このプレイを使いこなせるようになると、あなたがドリブルを速攻で運んできてスピードを緩めた時、ディフェンスは「シュートか?フェイクか?どっちだ」と迷います。それこそがあなたの脅威になります。

速攻だけでなくても、ハーフコートのセットオフェンスの際にも活用することは可能です。また、このドリブルシュートフェイクをした後のプレイも幅を利かせることができるようになります。

例えばフェイクの後のドライブインをクロスオーバーからではなく、インサイドアウトを使ってみたり。

あなたがドライブインをすればディフェンスはヘルプせざるを得ないので、必ずズレが生まれます。デイフェンスをずらすことができているので周りにパスをさばくのも容易になるでしょう。

また、このドリブルシュートフェイクと併せて、ぜひ「ドリブルジャンプシュート」を身につけることをおすすめします。

速攻のジャンプシュートをマスターして、実戦で十中八九決められるようになれば、速攻であなたがボールを運んできたらディフェンスはマークせざるを得なくなります。ジャンプシュートにも間違いなくチェックに来るでしょう。

ドリブルシュートフェイクを身につけていたらどうでしょうか。速攻のときは特に引っかかりやすくなると思いませんか?その逆も考えられるのです。フェイクでドライブインかと思ったらジャンプシュートだった。止められない選手になります。

シュートのコツは【ドリブルをつく手】【1歩目のステップ】この2つだけ。」にてドリブルジャンプシュートについては詳しく紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。