【たった2つだけ】バスケのシュートの基本は最低限これだけは意識して!

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。

シュートの基本って何?何を意識して練習すればいいの?

これからバスケを始める人にとって、大きな疑問となるのは「シュートの基本」ですよね。全くバスケの知識がない人の独自の考え方では、本当に押さえておかなければならないシュートの基本が、おろそかになってしまう場合があります。

ただ、シュートの基本は多過ぎたところで混乱してしまいますし、なかなか大変です。

そこで、この記事ではシュートの基本を2つだけ紹介していきます。

最低限押さえておいてほしい2つですので、必ず最後まで読み進めて自分自身にシュートの基礎を叩き込んでください。

バスケのシュートに大事な基本

それでは早速、シュートの大事な基本を2つに分けて紹介していきます。

最低限押さえておいてほしい基本なので、必ずおろそかにせずにシュートに慣れるまで常に意識していきましょう。

シュートを打つ時の足の位置

1つ目は「シュートを打つ時の足の位置」です。

この画像のように、右利きの人の場合には右足が少し前に出ている状態が理想です。

左利きの人はその反対で、左足が少しまでに出ている状態を作ってください。

なぜシュートを打つ時の足の位置が重要なのかというと、体の向き腕の動かしやすさが関わってくるからです。利き手と同じサイドの足が前に出ているということは、右利きの人ならば右半身が少し前に出ている状態になります。

利き手と同じサイドの半身が少し前に出ていれば、後ほど紹介する「フォロースルー」が綺麗になります。シュートを打つ時に手をまっすぐとリングに向けられるようになるため、非常に重要です。

また、仮に右利きの人の左半身が少し前に出ている状態だとシュートを構えた時には窮屈で不自然になりますし、右手に力が上手く伝わらないことで、無駄な力を使いながら無理やりシュートを打つことになります

無理やりシュートを打つと安定感がなくなりシュートが入る可能性は低いので、シュートを打つ時には利き手と同じサイドの足を少し前に出して、体の半分を少し前に出すことが狙いです。

シュートの打ちやすさや自然な体勢を目指すと、自然と利き手と同じサイドの足が少し前に出るようになります。

フォロースルー

2つ目は「フォロースルー」です。

フォロースルーというのは、シュートを打ち終わった後の指の向き・手の向きのことを指します。

シュートを打ち終わった後の指先や手がリングに向いていない状態は、ボールがまっすぐリングに飛んでいないということになるので、シュートが入らない可能性の方が高くなります

バスケを始めたばかりの頃は、力を上手く伝える方法がわからないので、無理やりシュートを打つことになりフォロースルーはリングを向いていないことの方が多いでしょう。

慣れてくるとボールに力が上手く伝わるようになるため、無理やり力任せにシュートは打たなくてもリングに届くようになります。しかし、シュートに慣れていない段階のフォロースルーがリングに向いていない状態がずっと身体に染み付いていると、なかなか治せなくなります。

バスケを始めたばかりの段階から、シュートを打つ時はフォロースルーを意識してリングの方へと指先・手が向くように意識しましょう

シュートのコツ

シュートを打つ際のコツについて紹介しておきます。

僕の経験談なのですが、指先までしっかりと使うことができると力が上手く伝わるようになりシュートが打ちやすくなります。

【たった1つ】バスケ選手がシュートを入れるコツを実体験を元に紹介

2018.08.26

この記事では、指先までしっかりと使うためにシュート時に意識すべきポイントについて紹介していますので、是非参考にしてください。

僕は中学生の時に身につけたのですが、今でも活用していますし、シュートに安定感が生まれます。

シュートの基本を身につける練習方法

シュートの基本を身につけるために、まずは近い距離からの練習をしていきましょう。

初心者の人の場合には、シュート練習は基本的に近い距離から練習をし、徐々に距離を遠くしていきます。

以下の記事にて、シュート練習を動画付きで説明していますし、シュート練習をするときに意識すべきことに関しても紹介しているので、併せてご覧ください。

バスケのシュートを身につけるための練習~初心者向け3ステップ~

2018.10.12

まとめ

バスケの醍醐味である「点を取る」ためには、シュート力を身につけなければなりません。中でも今回紹介しているシュートは、特に大事なシュートで、1番使うことが多いシュートの打ち方です。

身につけるためには紹介してきた

  • シュートを打つ時の足の位置
  • フォロースルー

を特に意識して練習をしましょう。バスケのシュートの基本は、上記2つを押さえておけばOKです。

あとは自分の打ちやすいシュートフォームを身につけて、まっすぐと狙ったところにシュートを飛ばせるように練習を積み重ねていきましょう。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。