バスケの視聴ならこの方法!全4種類を試した熱狂的なファンが伝授。

スポンサーリンク

バスケの試合を視聴したいんだけど、おすすめの視聴方法が知りたいな。
ワールドカップはどこから視聴できるの?

今回は、上記のこんな悩みにお答えすべく、バスケを視聴できる方法として4つのVOD(動画配信サービス)を紹介していきます。

発足から3シーズン目を終えたBリーグ、2人目の日本人プレイヤーが誕生したNBA、日本国内では現在この2つのリーグが人気を集めていますよね。

そこでこの記事では、BリーグとNBAのそれぞれを視聴できるVOD(動画配信サービス)を、それぞれ2つずつ、特徴などを踏まえながら紹介していきます。

4つのVODには僕自身全て登録していますので、ぜひ参考にしながら、あなたの大好きなバスケを視聴する環境を選んでくださいね。

バスケの視聴はどのリーグを観るかでVODが違う

バスケを視聴したい人は、まずはどの「リーグ」を観たいのかを、あらかじめ決めておきましょう。おそらくこの記事を読んでくれている人の多くは「Bリーグ」または「NBA」を観たいと思っているのではないでしょうか?

再度確認をしておきますが、Bリーグは日本のプロバスケリーグで、NBAは世界最高峰のアメリカのプロバスケのリーグですね。

どちらのリーグを観たいのかあらかじめ決めておいて、この記事を読み進めてください。

BリーグとNBAの2つのリーグを、両方視聴できるVOD(動画配信サービス)は今のところありません。

もちろん、両方観たいという人もOKですよ。記事の後半では「BリーグもNBAも両方観たい!」という人向けに、おすすめの組み合わせを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「Rakuten NBA Special」に今すぐ登録しておくべき6つの理由

とりあえず今は調べておいて、また今度登録すればいいか。

こんな風に思っているそこのあなた!実は今すぐRakuten NBA Specialに登録・加入をしておいた方がいい理由があるんです。今すぐ登録したほうがいいその理由を紹介していきます。

今すぐ登録することをおすすめしたい6つの理由

  1. サマーリーグを見逃してしまう
  2. 八村塁選手のプレシーズンマッチ・開幕スタメンを見逃してしまう
  3. 以前の試合の見逃し配信が観られなくなる
  4. キャンペーンなどに応募できなくなる
  5. 使い方に慣れておかないと、本当に観たい試合の時に焦ってしまう
  6. 「後でやろう」と思っていると、面倒臭くなってやらなくなる

サマーリーグを見逃してしまう

八村塁選手がワシントン・ウィザーズに指名されました。7月5日~7月15日まで開催されるサマーリーグにワシントン・ウィザーズの一員として出場します。

NBAプレイヤーとして、NBAのチームで試合をするのはサマーリーグが最初となるので、記念すべき「ワシントン・ウィザーズ」の八村塁選手のデビュー戦を見逃さないようにしてくださいね!

また、渡邊雄太選手はメンフィス・グリズリーズの一員として、馬場雄大選手はダラス・マーベリックスの一員としてNBAサマーリーグに出場します。彼らの活躍もぜひご覧ください。

八村塁選手のプレシーズンマッチ・開幕スタメンを見逃してしまう

出典:Washington Wizards Official Twitter

サマーリーグが終わると少し期間が空き、10月上旬からプレシーズンマッチが行われます。サマーリーグは基本的に若手や契約をしていないプレイヤーが主体となるのですが、プレシーズンマッチになるとチームの主力も参加します。

八村塁選手の所属するワシントン・ウィザーズは、ブラッドリー・ビールなどの主力がプレシーズンマッチでプレイするはずなので、楽しみが増えますよね。

また、10月中旬から下旬にかけてはNBAが開幕します。

今後のチームの状況にもよりますが、八村塁選手は開幕スタメンも十分に勝ち取れるチャンスがあるので、歴史的な瞬間を見逃さないためにも、Rakuten NBA Specialに今のうちに登録しておきましょう!

以前の試合の見逃し配信が観られなくなる

今すぐ登録しておかないと、以前行われた試合の見逃し配信が観られなくなってしまう可能性があります。

Rakuten NBA Specialの場合には、1ヶ月前の試合が見逃し配信(アーカイブス)されているため、1ヶ月以上が過ぎてしまうと試合が観られなくなってしまうんです。

観たかった試合の見逃し配信を確実に視聴するためにも、今すぐ登録しておくことをおすすめします。

キャンペーンなどに応募できなくなる

2019年の10月に開催されるNBAジャパンゲームは、楽天の主催なためRakuten NBA Specialに加入している人や、NBAリーグパスに加入している人向けに、先行抽選予約が行われました。

また、5月31日に楽天主催で行われた「NBAファイナルパブリックビューイング」の応募は楽天TVの加入者”しか”できないイベントでした。

このパブリックビューイングにはNBAのスーパースター、ケンバ・ウォーカー選手がゲストとして登場しています。写真や動画を見る限りは、非常に盛り上がっている様子でした。

楽天がNBAのゴールデンステイト・ウォリアーズと契約を結んだことなども踏まえ、NBAジャパンゲームやパブリックビューイングに限らず、今後は日本国内でもNBAのイベントが多数開催されていくものと思われます。

イベントやキャンペーンに応募・抽選申し込みをするためにも、今すぐ登録をしておきましょう!

NBAリーグパスは、NBAジャパンゲームの先行抽選予約の対象でしたが、パブリックビューイングの応募はできないようでした。日本で開催されるNBA関連のイベントは、Rakuten NBA Specialに登録しておいたほうがいいでしょう。

使い方に慣れておかないと、本当に観たい試合の時に焦ってしまう

俺はネットに強いから大丈夫だよ。

と思っているそこのあなた。いくらインターネットやパソコンなどの使い方に慣れていても、Rakuten NBA Specialの使うのは初心者ですよね。となれば不慣れなことやわからないこともたくさん。

「どこのボタンをクリックすれば試合を観られるのか」「NBAの情報を調べる時には、どこから見ればいいのか」など、Rakuten NBA Specialの提供しているサービスにあらかじめ慣れておかないと、本当に観たい試合の時に使いこなせないでしょう。

「備えあれば憂いなし」と言いますし、観たい試合があるその日に登録をして焦ってしまうよりも、早めに登録をしてRakuten NBA Specialの使い方に慣れておいたほうが、賢明ですよ。

「後でやろう」と思っていると、面倒臭くなってやらなくなる

「時間ができてからまた後でやればいいか」と思っている人もいるかもしれませんが、後回しにしているとどのVOD(動画配信サービス)に登録しようと考えていたのかを忘れてしまうことがありますし、特徴を忘れてしまうこともあります。

再び調べる時間も面倒ですし、登録するのが面倒になってしまうこともありますので、「NBAの視聴方法」を調べている今だからこそ、登録をしておいたほうがいいんですよ。

気が変わらない今のうちに登録をしておきましょう

今回紹介するVODを参考にしてほしい理由

今回はBリーグを視聴できるVODを2つ、NBAを視聴できるVODを2つ、合計4つ紹介していきますが、この記事に書いてある内容は是非とも参考にしてください。

僕はBリーグやNBAを観るために、今回紹介する4つのVODを全て試しています。それぞれの特徴やデメリットなども感じていますので、より実感値を持ってあなたに情報を届けることができるでしょう。

もちろん最終的にはあなた自身で判断し、使ってみて自分に合うかどうかを判断することになりますが、その判断材料の1つとして、僕の紹介する内容も是非参考にしてくださいね。

日本のバスケ「Bリーグ」を視聴できるVOD

まず、日本のBリーグを視聴できるVODは「DAZN」と「Yahoo!プレミアム」の2つがあります。それぞれの特徴を紹介していきますね。

DAZN

DAZNは、BリーグのB1の全試合を視聴できるだけではなく、Bリーグ以外の130以上のスポーツ・リーグを年間10,000試合以上観戦することもできるため、とにかくスポーツが好きだという人にはおすすめのVODです。

後ほど詳述しますが、DAZNは2019年バスケワールドカップも放送されるようですよ。

Yahoo!プレミアム

Yahoo!プレミアムは、BリーグのB1・B2の全試合を視聴することができます。Yahoo!プレミアムはとにかくBリーグに特化しているため、試合だけではなく特集番組なども視聴可能です。

DAZNに比べると料金も比較的抑えられているので、Bリーグだけを観たいと言う人はYahoo!プレミアムがおすすめです。

Bリーグの視聴はDAZNが最もおすすめ

Bリーグを視聴できるVODとして「DAZN」と「Yahoo!プレミアム」の2つを紹介しましたが、個人的におすすめなのは「DAZN」です。

DAZNはとにかく「試合」に特化しているため、Yahoo!プレミアムとは違って、試合以外の番組などが用意されていません。純粋にBリーグを楽しみたい人はDAZNで決まりですね!

ただ、DAZNはBリーグ以外のスポーツを観られると言うこともあり、Yahoo!プレミアムよりも月額料金が高く設定されています。

¥1,750(税抜き)ですのでそこまで高いわけではありませんが、Yahoo!プレミアムと比べると若干高くなっていますが、後ほど紹介するようにワールドカップが観られると言うことも考えると、登録しておいて間違い無いでしょう!

現在、サッカー日本代表のコパ・アメリカ出場に伴い、DAZNが新しいキャンペーンを実施中です。

6月9日~6月25日までにDAZNに加入すると、通常1ヶ月のところ2ヶ月間無料で視聴をすることができます。この期間にじっくりとDAZNを使ってみて、今のうちに使い方に慣れておきましょう!

※既に登録している人、今までに登録したことがある人は無料期間の対象外となりますので、注意してください。

世界最高峰のバスケ「NBA」を視聴できるVOD

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界最高峰のバスケリーグである「NBA」を視聴できるVODは、「Rakuten NBA Special」と「NBAリーグパス」の2つがあります。それぞれの特徴を簡単に紹介していきましょう。

Rakuten NBA Special

楽天が運営しているRakuten NBA Specialは、平日は1~2試合/日、土日は2試合~/日と少ない試合数ですが、少ない試合数だからこそ、Rakuten NBA Specialが厳選してくれた注目の試合を視聴することができます。

全試合を観られるわけではありませんが、NBAの特集番組が放送されたり楽天が主催するイベントの優先応募資格があったりと、NBA初心者やNBAファンにはおすすめです。

また、日本語と英語の実況・解説を選択できるのもRakuten NBA Specialの特徴ですので、「英語は何を言っているかわからないから、日本語で解説・実況が聞きたい!」と言う人は、Rakuten NBA Specialで決まりですね。

NBAリーグパス

NBAリーグパスはNBAが運営しているVODで、プランにもよるのですが全試合を視聴することができます。

試合だけではなく、NBAドラフト会議も観られたり、つい最近になって視聴時に「コーチモード」に切り替えることもできるようになって、コアなNBAファンやNBAの研究をしたいと言う人におすすめです。

「コーチモード」と言うのは、チームのセットプレイやスタッツを表示してくれる機能です。

なお、Rakuten NBA Specialとは違い英語の実況・解説のみですので、日本語の実況が聞きたいと言う人にはおすすめできません。

NBAの視聴はRakuten NBA Specialが最もおすすめ!

NBAを視聴できるVODとして「Rakuten NBA Special」と「NBAリーグパス」の2つを紹介してきましたが、個人的におすすめなのは「Rakuten NBA Special」です。

Rakuten NBA SpecialはNBAリーグパスに比べると試合数も少ないのですが、NBAの特集番組やRakuten NBA Special内だけの番組が放送されていたりと、とにかくNBA初心者の人におすすめなんです。

月々の料金もNBAリーグパスに比べると格段に安い¥900(税抜き)ですし、プレイオフになれば全試合を放送してくれるので、十分に楽しめますよ。

NBAリーグパスよりも視聴可能なデバイスの種類が多いほか、日本語の実況・解説も嬉しいポイントですね。

2019年のバスケワールドカップを観るならDAZN!

2019年の夏に中国で開催されるFIBAワールドカップですが、こちらは「DAZN」にて配信される予定です。

2019年大会は、自力で出場権を獲得した久しぶりのワールドカップですし、来年の2020年に東京オリンピックを控える今、日本代表のバスケも注目を集めています。

ワールドカップでは、1次予選となるグループリーグで世界最強のアメリカ代表と対戦することも決まっていますし、目が離せない大会になることは、まず間違い無いでしょう。

2つのバスケリーグを視聴するならこんな組み合わせがお得!

今回紹介してきたように、BリーグとNBAは別のリーグですので視聴できるVODも異なります。ですが、中にはどちらのリーグも観たいと言う人もいるのでは無いでしょうか。

そこでここからは、2つのリーグを視聴したい人向けに、目的別でおすすめのVODの組み合わせを紹介していきます。

とにかく月額料金を抑えたい人はこの組み合わせ!

とにかく月額料金を抑えながら、BリーグとNBAの試合を観たい人は、

Yahoo!プレミアム X Rakuten NBA Special

上記の組み合わせをおすすめします。Yahoo!プレミアムは月額¥462(税抜き)、Rakuten NBA Specialは月額プランの場合には¥900(税抜き)ですので、両方を合わせても¥1,362(税抜き)ととても安く抑えられます。

「Rakuten NBA Special」は年額プランでの契約の場合には、年間¥7,000(税抜き)ですので、月額換算すると¥584(税抜き)となるため、Yahoo!プレミアムと合わせても実質¥1,046(税抜き)となります。

念の為、他の2つの月額料金も紹介しておきますと、DAZNは月額¥1,750(税抜き)で、NBAリーグパスは月額¥2,400と少し高めです。

とにかくたくさんの試合を観たい人はこの組み合わせ!

とにかくたくさんの試合を観て、バスケ漬けの毎日を送りたいと言う人は、

Yahoo!プレミアム X NBAリーグパス

上記の組み合わせをおすすめします。Yahoo!プレミアムはB1・B2の全試合を視聴できますし、NBAリーグパスはNBAのレギュラーシーズン・プレイオフを全試合視聴することができます。

バスケの勉強・研究をしたい人はこの組み合わせ!

バスケの勉強や研究をしたい人は、

DAZN X NBAリーグパス

上記の組み合わせをおすすめします。DAZNはB1の試合が観られるだけではなく、2019年FIBAワールドカップも観られると言うことで、ナショナルチームの戦術なども勉強できます。

また、NBAリーグパスは視聴時に「コーチモード」に切り替えると、どのチームがどんなセットプレイを使っているのか、ヘッドコーチによってどんなプレイを組み立てるのかを研究できるのです。

「コーチモード」をはじめとして、NBAリーグパスは基本的に英語での実況・解説・表示となるため、英語があまり得意で無いと言う人や日本語のプレイの解説が聞きたい人は、Rakuten NBA Specialにしましょう。

まとめ

今回は、「Bリーグ」と「NBA」の2つのリーグに分けて、それぞれのリーグが観られるVOD(動画配信サービス)を2つずつ紹介してきました。最後にもう1度簡単にまとめておきますね。

Bリーグを観たい人におすすめのVOD

DAZN・・・B1の試合しか観られないが、2019年FIBAワールドカップが観られる。初回登録者に限り、1ヶ月間無料の期間があるため、無料期間で自分に合っているかどうかを判断できる。

NBAを観たい人におすすめのVOD

Rakuten NBA Special・・・試合数はNBAリーグパスと比べると少ないが、プレイオフになれば全試合放送される他、NBA初心者でも楽しめるオリジナル番組が放送されているため、試合以外の部分からNBAに詳しくなることができる。

楽天が主催するNBAのイベントが日本で開催される際には、優先的にイベントに応募できたり先行抽選予約の対象になることができる。

今回僕の主観を踏まえて、それぞれのリーグが視聴できるおすすめのVODを紹介してきましたが、最後に決めるのはあなたです。使いやすさや料金の面などは、全てあなたが決めることになります。

僕がおすすめしたVODを試して欲しいことはもちろんですが、Yahoo!プレミアムやNBAリーグパスも十分に優れているVODです。僕には合わなくても、あなたになら合うVODもあることでしょう。

ですので、全てのVODを試し、自分自身に合うバスケの視聴環境を選んでくださいね。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

メンタルトレーニングの一環として「ハードワーク」を読んでほしい!

2018年10月17日

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018年9月11日

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。