【バスケットゴール】ミニバスと一般のサイズの違いは?

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。

ミニバスのバスケットゴールのサイズは、一般とどう違うの?

今回は、ミニバスと一般のバスケットゴールのサイズがどう違うのかを紹介していきます。

中学生以上~NBAまでは高さが変わりませんが、小学生がプレイするミニバスの場合には、若干高さが変わってきます。

今後バスケットゴールの購入を考えている人に、知っておいてほしいポイントも紹介しているので、ぜひ最後まで読み進めてください。

ミニバスのバスケットゴールのサイズ

ミニバスのバスケットゴールのサイズを紹介していきましょう。

ミニバスは、中学生以上の一般と比べるとリングが低くなっています。一体どんなサイズかというと、

  • ミニバス:260cm
  • 一般:305cm

となっています。

ミニバスは45cmも低いリングになっており、小学生の筋力でも届くように設計されています。

中学生からは305cmとなり、小学生のリングの高さに慣れていると305cmがものすごく高く見えてしまうのですが、中学校入学前に練習をしておけば、すぐに対応できますよ。

ミニバス用にバスケットゴールを買うならサイズ調節可能がおすすめ!

先ほど紹介したのですが、ミニバスから中学生に上がるときに、リングの高さは45cmも高くなります。

そのためミニバスから中学に上がる際には、高さに慣れておくことが非常に大切です。

もし家の外にバスケットゴールを設置するのであれば、サイズ調節ができるゴールがおすすめです。

基本的にどのゴールでもサイズ調節は可能ですが、値段の安いゴールだと壁に取り付けるタイプのものになる場合もあります。壁に取り付けるタイプのゴールの場合、壁の面積も大きくゴールを移動させられるくらいの大きさが必要です。

そのため、ゴールを買うときには壁に取り付けるタイプではなく、独立タイプのゴールを購入してください。

【中学バスケ初心者必見!】ミニバスとのルールの違いを3つ厳選。

2018.08.10

おすすめのサイズ調節可能なバスケットゴール

それではおすすめのサイズ調節可能なバスケットゴールを紹介していきます。

  • リーディングエッジ LE-BS305B
  • ゲームタイムシリーズ
  • ザ・ビースト

リーディングエッジ LE-BS305B

1つ目は「リーディングエッジ LE-BS305B」というゴールです。リーディングエッジという会社が開発しています。

特徴はゴールを支えるタンクの位置にあります。一般的なゴールのタンクは、ゴールの真下に設置されていることが多いのですが、「リーディングエッジ LE-BS305B」はゴールの真下よりも後ろに設置されています。

なぜタンクが後方に設置されている点がいいのかというと、レイアップをするときなど走りながらシュートを打っても着地時にタンクに足を乗せて、怪我をするという心配がないからです。

値段も¥20,000台と、バスケットゴールの中でもかなりリーズナブルなので、非常に購入しやすいですね。

ゲームタイムシリーズ

2つ目は「ゲームタイムシリーズ」というゴールです。NBAの舞台で使用されているリングを開発している「SPALDING(スポルディング)」が販売元となっています。

背面に付いているハンドルを使って5段階の高さ調節が可能です。

値段はおよそ¥60,000となっており、SPALDING製のゴールの中では比較的リーズナブルな部類に入ります。

ボードの反発力にはあまり優れていないため、ボードを使った練習にはあまり向いていません。

ザ・ビースト

3つ目は「ザ・ビースト」というゴールです。2つ目の「ゲームタイムシリーズ」と同様にこちらもSPALDING社製のゴールとなっています。

ボードに使用されている素材はNBAの試合でも使用されているものとほとんど同じで、反発力に非常に優れています。屋外で行われるバスケの試合でも使用されているような、非常にレベルの高いゴールです。

値段が¥200,000以上もするため非常に高額ではありますが、整った環境で家でも練習をさせたい、という方には非常におすすめなゴールです。

まとめ:ミニバスのバスケットゴールはサイズが小さい

今回はミニバスのバスケットゴールについて紹介をしてきましたが、覚えておくべきなのは「一般よりも低い」ということくらいで大丈夫です。

そのほかの要素は全く変わらないので、ぜひゴールの購入を検討している方は、高さ調節が可能でミニバスにも一般の高さでも練習できるゴールを購入することをおすすめします。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。