【ミニバス~一般まで共通】オフィシャル席の「矢印」はどう使う?

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。
オフィシャル席にある「矢印」ってどうやって使うの?

オフィシャル席に置かれている「矢印」の使い方が気になったことがある人も多いことでしょう。初めてオフィシャル席に入った時や、ルールも全く知らない人からすると、なんの意味があるのかわからないですよね。

でも安心してください、何も難しいことはありません。

この記事ではミニバスから一般まで同じルールで使われる「矢印」の役割や、方向を変えるタイミングなどを紹介していきます。

オフィシャルで使用される「矢印」はどんな役割がある?

オフィシャルで使用される「矢印」は、オルタネイティングポゼッションルールを用いるための道具です。

これは、対戦しているどちらのチームのボールになるのか、を示すために使われます。

どんなシーンの時にオルタネイティングポゼッションルールが適用されるのかというと、

  • ヘルドボール(ジャンプボール)と審判がコールした時
  • コートの外に出たものの、最後にボールに触ったチームがどちらか判断できなかった時
  • ボールがリングとボードの間に挟まってしまった時
  • 2・3・4Q・延長のスタート時

です。

矢印の向きを変えるタイミングも重要

矢印の向き変えるタイミングについても頭に入れておきましょう。

矢印の向きを変えるタイミングは、

  • 試合開始と同時に行われるセンターサークルでのジャンプボールの後
  • 前半終了時
  • ヘルドボール(ジャンプボール)の後に、スローインでプレイが再開してから
  • ボールがリングとボードの間に挟まってしまった後に、スローインでプレイが再開してから
  • 2・3・4Q・延長のスタートのスローインが行われプレイが再開してから

以上のようになっています。

AチームとBチームという名前を出して、どのように矢印の向きが変わっていくのか解説しましょう。

試合開始と同時に行われるセンターサークルでのジャンプボールの後

例えばジャンプボールをした時に、Aチームが勝ちボールを保持したとしましょう。すると、次のヘルドボール(ジャンプボール)の時には、攻撃権がBチームに移ることになっています。

ですから、ジャンプボールが行われたらジャンプボールに負けたチームの攻める方向を矢印が指すようにします。

前半終了時

前半終了時には、コートチェンジをする関係で矢印の向きも変更します。

例えば、Aチームが攻める方向を指したまま前半が終了したとしましょう。これは、前半の最後にヘルドボールなどが起こった時に、Bチームに攻撃権が渡ったことを意味します。

そのまま矢印の向きを変えずに後半がスタートしてしまうと、コートチェンジをしているため矢印は「Bチーム」の攻める方向を指していることになります。

基本的にオルタネイティングポゼッションルールでは、攻撃権は対戦する両チームに交互に渡るようにしなければなりません

上記のように前半終了から矢印の向きを変えずにいると、Bチームが連続してボールを保持することになるため、間違っていることになります。

前半が終了したら、コートチェンジに伴いタイマーや得点板の得点を入れ替えるのと同じで、矢印の向きも変えましょう。

スローインでプレイが再開してから

以下3つの状況になった場合には、スローインでプレイが再開されてから、スローインをしたチームが攻める方向とは「逆」を指すようにしましょう。

  • ヘルドボール(ジャンプボール)の後に、スローインでプレイが再開してから
  • ボールがリングとボードの間に挟まってしまった後に、スローインでプレイが再開してから
  • 2・3・4Q・延長のスタートのスローインが行われプレイが再開してから

例えばスローインでAチームが攻撃権を得たのであれば、矢印の向きはBチームが攻める方向を指すようにします。

オフィシャルは矢印の扱いに慣れておこう

矢印の向きを変え忘れてしまうことはよくあります。審判や周りのオフィシャルをしている人たちが教えてくれますが、なるべくミスをせずに円滑に試合の進行を手伝うためにも、矢印の使い方・オルタネイティングポゼッションルールのことは、頭に入れておくようにしましょう。

また、場合によっては専用の道具ではなくタイマーに組み込まれた矢印を使う場合もあります。

基本的にこの画像のような道具は「スコアラー」が管理することになっていますが、専用の道具がない場合にはタイマーの人が、タイマーの中で管理をします。

スコアラーだけではなく、他の人も矢印の使い方には慣れておきましょう。

まとめ

オフィシャルの「矢印」に関しては、ミニバスも中学生以上の一般のバスケも同じルールです。

難しいルールではないのですぐに覚えられますから、オフィシャルをやることになるバスケ部のプレイヤーや、マネージャなどはいますぐに覚えてしまいましょう。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。