NBAのプレイヤー・チームはいつ来日する?今後の予定は?

スポンサーリンク

NBAプレイヤーって毎年来日しているの?
NBAのチームが日本で試合することはないの?

この記事では、NBAプレイヤーがいつ来日するのか、NBAのチームがいつ来日をして試合をするのかなどを紹介していきます。

八村塁選手が日本人史上初めて1順目でドラフト指名されてから、日本国内におけるNBAの注目度が高まっていますよね。

そこで、NBAを舞台に活躍するプレイヤーやチームの来日の予定など、わかる範囲で紹介します。

NBAプレイヤーはいつ来日する?

NBAプレイヤーは一体いつ来日をするのでしょうか?基本的にレギュラーシーズン中には誰も来日することはありません。試合中ですし、当然と言えば当然のことですね。

シーズンの試合を、ロンドンで開催したこともあるため、いつか日本でレギュラーシーズンの熱い熱い試合が開催されることもあるかも。

レギュラーシーズンに来日できないとなると、NBAのプレイヤーが来日するのはオフシーズンが主流となります。休暇に訪れたり、スポンサーのイベントのために来日することもしばしばあります。

また、プレイオフシーズンであっても、プレイオフに進めなかったチームのプレイヤーや、プレイオフの早い段階で敗退したチームのプレイヤーが来日することは稀にありますよ。

2018年にはダニー・グリーンが、2019年にはケンバ・ウォーカーがプレイオフイベントのために来日。
スポンサーリンク

イベントのために来日したNBAプレイヤー

では今までに、イベントのために来日したNBAプレイヤーを一部紹介していきましょう。

  • ステファン・カリー
  • ドレイモンド・グリーン
  • カイリー・アービング
  • ラッセル・ウエストブルック
  • ダニー・グリーン
  • ケンバ・ウォーカー
  • マイケル・ジョーダン
  • アンドレ・イグダーラ
  • レブロン・ジェームズ
  • デイミアン・リラード
  • デリック・ローズ
  • ジョン・ウォール
  • ブラッドリー・ビール
  • アレン・アイバーソン

ステファン・カリーは、ここ2~3年毎年のように来日しているので、「NBAプレイヤーの来日=カリー」のようなイメージもあるかもしれません。

わかる範囲で紹介してみましたが、NBAプレイヤーはオフシーズンでもスポンサーのツアーのために来日したり、イベントのために来日したりと大忙しなんですね。

プライベートで来日したNBAプレイヤー

イベントで来日するプレイヤーもいれば、完全プライベートで来日するプレイヤーもいます。プライベートで来日しているプレイヤーも、わかる範囲で紹介します。

  • カイリー・アービング
  • ブルック・ロペス
  • ロビン・ロペス
  • スティーブン・アダムス
  • デイビット・ロビンソン
  • コービー・ブライアント

調べられたのは、こちらのプレイヤーでした。まだまだプライベートで来日しているNBAプレイヤーはいると思いますが、プライベートですしあまり騒がれても困っちゃいますよね。。

なお、ブルック・ロペス、ロビン・ロペスの兄弟は親日家として知られており、ディズニーリゾートが大好きなことでも知られているので、シーズン終了後から8月上旬あたりに行けば、出会えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

今後来日が期待されるNBAプレイヤー

今後来日が期待されるNBAプレイヤーはいるのでしょうか?

僕が個人的に注目をしているのは、デニス・スミスJrやジョエル・エンビードです。彼らはカリーと同じアンダーアーマーがスポンサーとなっていて、2019年にはアジアツアーにも参加しています。

カリーは日本国内での知名度も非常に高く人気であるという点も踏まえ、来日イベントを開いているものと思います。ただ、八村塁選手がNBA入りを果たし、NBAの注目度も高まっています。

NBAの注目度アップの恩恵を受けて、デニス・スミスJrやジョエル・エンビードも知名度がさらに上がれば、来日イベントを開催してくれるのではないでしょうか。

来日しているNBAプレイヤーに会いたかったら・・・

もしも「来日しているプレイヤーに会いたい!」となったら、以下の2つの方法を試して、NBAプレイヤーに会いに行ってみてください。

イベントに参加する

スポンサーのツアーで来日しているプレイヤーの場合には、開催されるイベントに参加してみましょう。

2019年のカリーのイベントのように、参加対象の年齢制限が設けられていることもありますが、観覧できる場合もありますので、諦めずに応募してみたり現地へと足を運んでみてください。

イベントに関しては、NBAの日本語公式サイトが主に発信しているほか、楽天TVのTwitterアカウントやアンダーアーマー(カリーのスポンサー)のTwitterアカウントをチェックしていると、情報を入手できますよ。

来日イベントの開催に関しては、4月から6月にかけて、発表されるケースが多い模様。

出没エリアに訪れる

プライベートで来日しているプレイヤーの場合には、インスタグラムやTwitterをチェックして、出没するであろうエリアを特定し、会いに行ってみてください。

完全な「賭け」となるため、確実に会えるとは限りませんがチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

2019年に来日したカイリー・アービングは自身のインスタグラムで度々発信しており、その投稿を見てカイリー・アービングを探したファンもいたそうですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

11. 🔺👁🔺

Kyrie Irvingさん(@kyrieirving)がシェアした投稿 –

くれぐれも、プライベートで来日しているということをお忘れなく。行き過ぎた行動でプレイヤーに迷惑をかけたり、プライベートな時間を邪魔することは絶対に止めましょう。
スポンサーリンク

NBAのチームはいつ来日する?

2019年の10月にトロント・ラプターズとヒューストン・ロケッツが来日するように、チームが来日することもあるでしょう。

【随時更新】2019年NBAジャパンゲームの日程やチケットの概要まとめ

2019年3月22日

特に今後は、八村塁選手の参戦もあり、日本のNBAに対する関心から、日本に訪れるチームも増えてくるかもしれません。

NBAのチームは、今までにも何チームか来日していますが、基本的に「プレシーズンゲーム」の一環として訪れており、10月に来日することが多くあります。

2019年の1月には、イギリス・ロンドンでレギュラーシーズンのゲームが開催されています。

今までに来日したことのあるNBAのチーム

今までに来日して試合をしたことがあるNBAのチームを紹介していきます。

  • フェニックス・サンズ
  • ユタ・ジャズ
  • ヒューストン・ロケッツ
  • シアトル・スーパーソニックス(現:オクラホマシティ・サンダー)
  • ロサンゼルス・クリッパーズ
  • ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • ニュージャージー・ネッツ(現:ブルックリン・ネッツ)
  • オーランド・マジック
  • サクラメント・キングス
  • ミネソタ・ティンバーウルブズ

実に10チームが来日し、試合を開催しています。2019年の10月にはトロント・ラプターズも訪れますので、これで11チーム目ということになりますね。

今後来日が期待されるNBAチーム

今後来日が期待されるNBAチームはあるのでしょうか?完全に独断と偏見で紹介します。

まず、八村塁選手の所属しているワシントン・ウィザーズ。2019年のロンドンゲームに参加していますし、日本国内での圧倒的な注目・人気を受けて、来日するかもしれません。

そのほかには、楽天とスポンサー契約を締結しているゴールデンステイト・ウォリアーズ、ロンドンやメキシコシティでの試合に参加している、ニューヨーク・ニックスやシカゴ・ブルズの来日もあるかもしれません。

ニックスやブルズは日本国内での知名度も高いですし、グッズなどの人気も高いチームなので、可能性があると僕は期待しています。

NBA・八村塁を観るならNBA Rakutenで決まり!

あなたが今もし、NBAを、そして日本人として史上初めて1巡目でワシントン・ウィザーズに指名された八村塁選手を観る方法をお探しなら、「NBA Rakuten」に登録しましょう。

「NBA Rakuten」は楽天株式会社が運営している「楽天TV」内の1つのサービスです。

日本国内からNBAを観る方法は「NBA Rakuten」だけですので、NBAが観たい人は登録が必須ですよ。

NBA Rakutenの特徴や4つのプランの詳細をまとめてみた

2019年5月26日

まとめ

アメリカを舞台にしているNBA。そのレベルの高さに魅了されてNBAのファンになった僕たちからしてみると、NBAプレイヤーを日本で見られるのは、本当に嬉しいことですよね。

イベントには確実に参加できるわけではないですし、例えプレイベートで来日しているプレイヤーであっても、なかなか会うことはできないでしょう。

そんな中で開催される2019年のNBAジャパンゲームをはじめ、チャンスは是非とも逃さないようにしたいですね!

NBAなら楽天で!イベント情報も試合の情報もいち早くキャッチしよう!

2019年5月25日


Clutch Time運営者オススメのNBA好きな方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、NBA好きな方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

NBA Rakutenの特徴や4つのプランの詳細をまとめてみた

2019年5月26日

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。