ドリブルスキル

ディフェンスとの接触を誘発する「背負う」プレイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ディフェンスを抑える、「背負う」というプレイ

 

 

この記事では、ディフェンスを抑える「背負う」プレイをお伝えします。

 

このプレイができるようになると、1人抜いてヘルプのディフェンスがいて、自分のディフェンスとヘルプの2人に挟まれてしまいそうになった時にでも、1人のディフェンスを抑えながらプレイできるようになるので実質1on1の状況を作り出すことができます。接触をしながらのプレイになるのでディフェンスは嫌がり、ファールを誘発することも可能になるのです。

このプレイを身につけると、スピードだけに頼らずゆっくりと時間を使って状況判断をしながらできるので、今までよりも落ち着いて的確なプレイをすることができるようになるでしょう。

 

 

 

イメージはボックスアウト

 

 

今回お伝えするのはディフェンスを背負うプレイです。イメージはボックスアウトをしている感じです。言葉だけでは想像しにくいかもしれないですね。これは動画にてまとめているのでそちらをご覧ください。

この動画では、実際にNBAの試合で使われていた場面から抜粋して解説しています。動画を見るだけではまだまだわからないところやイメージしにくいところがあるので次の章から詳しく解説していきます。

 

 

 

ディフェンスを「背負う」プレイで大事な4つのポイント

 

 

1つ目:ディフェンスを背負う

ディフェンスが後追いになったことを確認したら、そのディフェンスが進んでくるであろう進路を妨害します。ディフェンスの時に行う、ボックスアウトをオフェンスでドリブルをつきながらするイメージです。

 

 

2つ目:ディフェンスを背中で感じる

背中でディフェンスが左右どっちから前に出てこようとするかを感じるということです。ディフェンスは背負われたら必死に前に出てこようとします。それを先読みして妨害するのです。

左右の肩からディフェンスを確認して左右に動くことももちろん大事なことです。ディフェンスを背中で感じて抑えましょう

 

 

3つ目:目の前のディフェンスを意識する

背負っているディフェンスを意識するよりも、目の前でヘルプして来ているディフェンスを見て次のプレイを判断する

背負っているディフェンスを感じて妨害することはもちろんですが、それよりもまずは目の前にいるディフェンスを意識してプレイしましょう。

 

 

4つ目:ゆっくりとプレイする

慌てずにどっしりと構えてゆっくりとプレイする。スピードで勝負することはこのプレイに必要ありません。

「なぜスピードが必要ないのか」についてはこの次の章で解説します。

 

 

 

ディフェンスを背負うプレイにスピードは必要ない

 

先ほどの4つのポイントの中の最後で「ゆっくりとプレイする」とお伝えしました。ではなぜこのプレイをする時にスピードが必要ないのかについて話をしていきます。

 

その理由は、目の前のディフェンスを相手にして状況判断をする時に使うからです。1人抜いて誰もディフェンスがいなければそのままレイアップに行ったり、ジャンプシュートを打てばいいです。

しかし、ピック&ロールの2on2やヘルプディフェンスのいるハーフコートセットオフェンスでは、1人抜いてもまだディフェンスがいます。そこで強引にスピードでレイアップに持ち込めば、ブロックされたりシュートが外れる原因になります。

 

そこで、目の前のディフェンスヘルプディフェンスを見てパスアウトやドライブイン、シュートの駆け引きを行いながらプレイを作る。

 

その判断しながらプレイをするためには、スピードは必要ないです。速さ任せでプレイしていたらその時その時にベストな判断ができません

 

1on1で1人抜いてディフェンスを背負いながら、目の前のディフェンス(ヘルプ)と1on1をするイメージです。そこでシュートなのかパスなのかドライブインなのかを判断するために、ゆっくりどっしり構えてプレイをする。なので、このディフェンスを背負うプレイにスピードは必要ないのです。

 

 

 

まとめ

 

 

この記事に書いてあることを実践して練習をしていけば、あなたは1人ディフェンスを抜いて突然ディフェンスが現れても慌てずにプレイすることができるでしょう。抜いたディフェンスを背負って目の前のディフェンスと周りの状況を判断しながらプレイすることができるようになるので、今までよりもプレイしやすくなります。

 

一方でこの記事に書いてあることを全く実践しようとせず、ただ自分なりの考えでディフェンスを背負ったプレイをしたり、あるいはそのプレイすらせずスピードだけでなんとかなると思ってプレイを続けていると、最初はうまくいっても、後々潰されます。独学やスピードだけに頼ってプレイを続けているといつしか限界が来ます緩急を利用することも必要です。緩急に関しては「ある1つのテクニックが、バスケではものすごく重宝するテクニックだった?!」に詳しく書いていますので、ご覧ください。

 

 

ここで、ディフェンスを背負うプレイをする時に重要な4つのポイントについてもう一度おさらいしておきましょう!

1つ目:ディフェンスを背負う

2つ目:ディフェンスを背中で感じる

3つ目:目の前のディフェンスを意識する

4つ目:ゆっくりとプレイする

 

この4つです。

 

 

そして、スピードが全く必要ないということも確実に頭に入れておいてください。

 

 

 

 

修一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*