ドリブルスキル

〇〇を使うだけでバスケにおける全てのハンドリングを身に付けられる?!

つもお読みいただき誠にありがとうございます。

 

修一です。

 

今日はあなたに僕が高校時代の朝練でいつもやっていた
ドリブルの練習法についてお伝えします。

f:id:bskbskpointgetter:20170209120934j:plain

 

これを毎日10分でもこなせば、
あなたのボールハンドリングは
劇的に上手くなります。

 

ドリブルが全然つけない
上手い人みたいにボールが吸い付かない

 

こんな悩みを抱えていませんか?

 

大丈夫

 

この悩みは解決できます!
僕がこれからお伝えすることをきちんとこなせば。

 

 

最初にドリブルの練習と言いましたが、
実はこれは
ボールが吸い付くようになる練習
なので、ボールハンドリング能力も向上します。

f:id:bskbskpointgetter:20170209121012p:plain

 

ですから、
ドリブルができないこともそうですし
ボールハンドリングができないことでも悩んでいれば
必見の記事です。

 

自分の下手くそなハンドリング能力を
少しでも上手くしたい
ボールが吸い付くような快感を味わってみたい
「うまっ」と仲間に言われたい。

 

こんな気持ちが少しでもあれば読み進めてください。

 

もし、そんな気持ちもなく
自分の今のハンドリング能力に満足しているのであれば
この記事を読むことなくページを閉じてください。

 

 

 

バスケの全てのハンドリングを身に付けるためには?

 

 

 

 

この方法というのは
〇〇をつけてドリブルをつく
だけです。

 

〇〇をつけてドリブルし
〇〇をつけてハンドリング練習をするのです。

 

この「つける」ものは
誰でも持っているものです。
特にこの冬の時期になると
ほとんどの人が身につけます。

 

とっても身近なものです。

 

それは

手袋

f:id:bskbskpointgetter:20170209121251j:plain

です。

 

手袋をつけてドリブル
ハンドリングを練習するのです。

 

その手袋はなんでもいいですが、
1番いいのは
滑り止めのついていない手袋です。

 

手のひらに滑り止めがついていると
効果が半減してしまいます

 

なので、
ベストは何もない無地の手袋です。

 

 

 

滑ることが上達のカギ?!

 

 

 

 

その手袋をつけて
いつものようにドリブルを練習します。

 

フロントチェンジやったり
バックビハインドやったり
ドリブルシュートもいいですね。

 

あとはドリブルじゃない
ハンドリング練習をやる。

 

これをひたすら毎日10分でもいいので
継続してやってみてください。

 

手袋をつけているととても滑ります。
普段何もつけていない状態の時よりも
確実に滑ります。

 

また、手に吸い付かないので
めちゃくちゃドリブルがつきにくいです。

 

「え?でもこの練習で
吸い付くようになるんでしょ
?」

なります。

 

この練習のいいところは、
いつもより滑ること」です。

f:id:bskbskpointgetter:20170209121339p:plain

いつもより滑るからいつもよりも
どんなところが悪いのか
どうすればつけるようになるのか
と考えて自然と行動に移すのです。

 

あなたの脳が自然に考えて
自然と行動に移してくれるのです。

 

あなた自身も、
ドリブルをつけるようになるために
どこをどう意識すればいいのか
を必死に考えます。

 

それがいいことです。

 

そして手袋をつけてドリブルをしたあと、
一度外して素手でドリブルしてみてください。

 

いつもよりも
確実につきやすいです。

 

「こんなに俺ドリブル上手かったっけ?」
と思えるくらいになります。

f:id:bskbskpointgetter:20170209121632j:plain

ドリブルがつけるようになります。
ハンドリングができるようになります。

 

この通称「手袋ドリブル」は
普段の自主練でしてももちろんいいですが、
試合前特に効果があります。

 

試合前のアップで手袋ドリブルをして
試合直前で外すと
手も温まっているし
ドリブルもつけるようになっています

 

試合で手が冷えてしまって
いつものようにボールを扱えないと
プレイはもちろんいつも通りにいきません。

 

またドリブルの感覚も
「つける!」という感覚になるので
実はいつもよりもつきやすくなっています。

 

 

 

今すぐにすべきこと

 

 

 

まずは、
今手の届くところに手袋があれば、
その手袋をつけて
何かを持ってみてください

 

手袋がなければ
タオルでもいいです

 

何か布のようなものを、
手につけてモノを手にとってみてください。

 

コップでもペンでも構いません。
ボールがあればボールがベストです。

f:id:bskbskpointgetter:20170209122222j:plain

 

手にとってみると
持ちにくい
滑る
という感覚を覚えると思います。

 

ボールも同じです。

 

ボールも持ちにくいし
扱いにくいです。

 

でも
どうすれば掴みやすいかな
ここを工夫したら持ちやすいかな
きっと考えることでしょう。

 

ドリブルの時にも
同じことが起きるのです。
おそらくそれは無意識のうちに
感覚が行なっています。

 

その感覚を今すぐに覚えるだけでも
十分に効果があります

 

 

普段の練習でも全く同じです。

 

いつものプレイができなければ
どうすればできるようになるかな?」
今のは何が悪かったのかな?」
ここを変えたらもっとうまくいくんじゃないかな?」

 

これを考えますよね?

 

それが上手くなっていく、
成長していくために必要な要素です。
必要不可欠な要素です。

 

この感覚、考え方を持って
手袋ドリブルもしてみてください。

 

 

それでは!

 

 

 

 

修一

コメントを残す

*