バスケ初観戦の人に知っておいてほしいマナー&注意点まとめ

スポンサーリンク

バスケットボールを初めて観戦するにあたり、どのようなマナーを守るべきなのか、どのようなことに注意すべきかわからないことも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、バスケットボール観戦が初めての人向けに、観戦時のマナーや試合会場へ到着してから終了するまでの、注意点について紹介しています。

(なお、Bリーグの公式サイトにも観戦のマナーが掲載されているので、そちらも併せてご覧ください。)

バスケ観戦初めての人に知ってほしいマナー①その場を立って応援しない

基本的にバスケの観戦時は、決められた席を立つことなく、座ったまま応援するようにしましょう。あなたよりも後ろの人がプレイを観られなくなってしまいます。

試合の開催される体育館の座席は、基本的にコートから遠くなるにつれて目線が高くなるような設計になっているため、よほど大きな人が目の前にいない限りは「前の人の頭で試合が観られない」事態は起こらないでしょう。

ただ、熱が入ってしまうあまりその場に立ったり、歩きながらの観戦などはしないでくださいね。他の人の迷惑にならないように楽しんでください

アメリカのプロバスケットボールNBAでは、接戦の試合が終盤に近づくにつれ、観客が立って観戦することもありますが、Bリーグでは観客全員が立ち上がるシーンはあまり見られません。

もし周りの観客が立ち始めたら、一緒に立ち上がって応援するのもいいですね!

バスケ観戦初めての人に知ってほしいマナー②プレイヤーへの誹謗・中傷をしない

こちらは当たり前のことですが、プレイヤーへの誹謗・中傷は絶対にしないでください

誹謗・中傷をされて嬉しいプレイヤーはいないですし、聞いている周りの人たちも不愉快な気分になるでしょう。人として節度ある振る舞いをするように、試合観戦中も心がけましょう。

観戦マナー&ルールに定める禁止行為やセキュリティ上問題となる行為が行われた場合には、退場や入場禁止、持込禁止物の没収等の処分に従っていただく場合があり、さらに、違反行為を行った試合以外の試合の入場も禁止される場合があります。

引用:https://www.bleague.jp/watching/

誹謗・中傷の度がすぎる場合には、試合会場への立ち入りが禁止されることもあるとBリーグの公式サイトには記載されていますので、絶対に誹謗・中傷はしないと心に誓ってください。

なお、Bリーグではなくアメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」の話ですが、プレイヤーへの差別的な発言をしたファンを永久追放処分・入場禁止処分を行なったという事例があります。

3月中旬、あるジャズファンがホームでのサンダー戦の最中にラッセル・ウェストブルックに差別的発言をした行動が問題視された。ジャズの対応は早く、この男性ファンにホームアリーナで今後開催されるいかなるイベントにも参加を認めない永久追放処分を科した。

この一件から数週間後、今度はセルティックスがあるファンの行動を問題視し、ホームアリーナへの入場を2シーズン禁止する処分を科したと、『Yahoo Sports』が伝えた。

『Yahoo Sports』によれば、1月26日にTDガーデンで行われたウォリアーズ戦の最中に、このファンがデマーカス・カズンズに対して差別表現を使ったという。カズンズは、このファンの言動を会場の警備に伝え、セルティックスが今シーズン残り試合、そして2019-20シーズンの入場を禁止する処分を科したという。

引用:https://basket-count.com/article/detail/19680

また、日本ではサッカーなどで差別的発言をしたファンに対する処分が下されたこともありますので、十分に注意しましょう。

試合にのめり込むあまり、感情的になり誹謗・中傷、差別的な発言は絶対にしないようにしましょう。

バスケ観戦初めての人に知って欲しい注意点①試合開始前に席を確認する

続いてここからは、バスケ観戦が初めての人に知ってほしい4つの注意点について紹介していきます。

これから紹介する内容は、実際に観戦をしてみないとなかなか気づけない部分ではありますが、観戦前からあらかじめ把握しておくと、会場に着いてから慌てることもありません。

まず、試合会場に着いたら席を確認しにいきましょう(指定席の場合)。自由席でチケットを購入した人は、なるべく早めに会場に行き、席を確保するようにしましょう。

席を確保する際は、荷物を置いておくだけではなく誰か同伴者に座っていてもらうといいでしょう。指定席の場合には、席の確保で慌てる必要はありません。

あんまり早く着きすぎてもすることがなくて暇になったりしない?

早く会場に着きすぎると、することがなくて暇になるかもしれないと感じる人もいるでしょう。でも、安心してください。

Bリーグの試合会場には、会場・地域ごとにオリジナルグルメがあったり、特設フォトスポットも用意されていることがあります。

また、試合前のウォーミングアップをしているプレイヤーを眺めているだけでも、十分に楽しいですよ!

試合中とは違い、ウォーミングアップ中はリラックスしたプレイヤーの表情をカメラに収めることができたり、対戦相手のプレイヤーと談笑しているシーンも見ることができるので、非常に貴重です。

試合中とは違うプレイヤーの”顔”も見ることができますので、席の確保のために早めに会場に着いた際には、プレイヤーを眺めながら試合開始の時を待っているといいでしょう。

バスケ観戦初めての人に知って欲しい注意点②服装

バスケのシーズンは、基本的には”冬”です。Bリーグの場合には、10月から翌年4月までがレギュラーシーズンとなっており、1月2月は特に強烈な寒さに襲われることもあるでしょう。

開催される体育館によっても体感気温等は変わってきますが、体育館内が熱気で暑くなっていて外よりも暑かったり、一方でずっと座ってみていると寒くなることもあるでしょう。

気温の変化に対応できるように、脱ぎ着しやすい上着を着ていく・持っていくことを忘れないでください。

バスケ観戦初めての人に知って欲しい注意点③プレイヤー・ボールが席に飛び込むこともある

試合中、特にコートに近い席に座る場合には、プレイヤーやボールが席に飛び込む場合があることを、必ず頭の中に入れておいてください。

バスケは、ルールの関係もあり、プレイヤーがコートの外に飛び出してくることがあります。また、プレイの状況によってはボールがコートの外に飛んでいくことも十分にあり得ます。

飲食物は、プレイヤーやボールが飛び込んできたときにこぼれる可能性もあるので、注意しましょう。

また、カメラやスマートフォンなどの電子機器や、硬いものなどは、プレイヤーに当たると怪我をしたり破損の恐れがありますので、バッグの中に入れたり足元に置くなどして、配慮を怠らないようにしてくださいね。

バスケ観戦初めての人に知って欲しい注意点④終了時間を確認する

あらかじめ、試合の終了時間を確認しておきましょう。帰りの公共交通機関や家族のお迎えを頼む場合に、目処を立てるためにも終了時間を確認しておきましょうね。

なお、バスケの試合は、プロのBリーグの場合には1試合あたり2時間~2時間30分ほどで終わります。

ですので、例えば18時に試合が開始される場合には、だいたい20時~20時30分頃に終了すると思っておいてください。

バスケの試合時間ってどのくらい?試合観戦時の所要時間の目安も解説します。

2019年2月23日

試合の進行状況によっては、終了時間が早まるケースも遅くなるケースもありますので、「1試合あたり2時間~2時間30分ほど」というのは、あくまでも目安の1つです。

バスケ観戦初めての人に知って欲しい注意点⑤帰りの交通手段を確認する

これはバスケットボールに限った話ではありませんが、スポーツの観戦をした後・アーティストのライブ終了後には、最寄りの駅や公共交通機関が非常に混雑します。

例えばアルバルク東京のホームコートである「立川立飛アリーナ」は、試合終了後になると「立飛駅」が非常に混雑します。多くの人が一気に会場をあとにして帰ることになるため、混雑するのは必至と言えるでしょう。

帰る際には最寄り駅を利用せず徒歩で移動してから電車に乗ったりJRとは違う電車を使ったり、混雑を回避するための交通手段・駅の確認をあらかじめしておきましょう。

まとめ

初めてのバスケットボールの観戦であれば、どんなマナー・注意点があるのかわからないのではないでしょうか。

今回紹介してきた、「その場を立って観戦しない」「誹謗・中傷をしない」というマナーは絶対に守りましょう。

また、体育館で観戦するにあたっては、気温の変化やプレイヤー・ボールが客席に飛び込むこともある点に注意してください。

今回紹介してきた内容をしっかりと頭の中に入れておけば、楽しく快適にバスケットボールの観戦ができますよ。それではバスケットボールの観戦へ、行ってらっしゃい!


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

メンタルトレーニングの一環として「ハードワーク」を読んでほしい!

2018年10月17日

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018年9月11日

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。