フィンガーロールという「指」の使い方を覚えるだけで、ゴール下の覇者になれる?!

スポンサーリンク

「絶対に入るシュート」は存在する?そんなことはありえないと僕は思っています。でも、中高生プレイヤーの中には「絶対に入るシュート」が存在していると考えている人も多いです。

絶対に入るシュートはありませんが、工夫次第で入る確率を高めることは可能です。今回の記事では、フィンガロールの使い方について書いていきます。

先日いただいた質問

今回も先日いただいた質問への回答という形で書いていきます。その人の質問は「バックシュートを絶対に入れるためにはどうしたらいいですか?」でした。

その人には個別で回答をしたのですが、おそらく同じことで悩んでいる人も多いと思い、書くことにしました。正直に言ってしまうと「絶対に」入るシュートはありません。これは断言できます。NBA選手でもレイアップやダンクを外すほどです。この世には「絶対」は存在しません。

なのでまずは、「バスケには絶対はない」ということを頭に叩き込んでください。

そもそも、絶対に入るシュートがあればそれをどの指導者も教えているはずです。それさえ打てれば試合には勝てるのですから。でもそれがないからより確率の高いシュートが打てるようにセットプレイや個人スキルを練習させるのです。それでも、今回僕が書いていく内容は教えてくれない指導者もいます。なので、より確率の高いシュートを打ちたいのであればこの記事は必見の記事となっています。

この記事を読めばフィンガーロールはお手の物








この記事の中にある内容を読み、実践して使いこなせるようになればあなたはゴール下では無類の強さを誇ることでしょう。

ゴールに近づかせたら最後、ディフェンスはもうお手上げ状態になります。マッチアップしているディフェンスも心のうちでは「こいつつきたくねぇ」と思っています。

逆にこの記事を読むことがなければ。読んだとしても内容を実践しなければ。その人はゴール下でも使えない選手になります。ディフェンスからしたら、小さな選手がゴールに突っ込んできてくれるのはかっこうのブロックの餌食となります。

そうなることであなた自身ゴール下にドライブ・カッティングすることが怖くなるのでますます得点の取れないプレイヤーになります。読まないことで悪循環に陥るのです。

  1. 記事を読まない
  2. ゴール下で普通に打つから外れるorブロックされる
  3. ブロックが怖くてゴールに近づけない
  4. 得点可能性の低い中長距離のシュートを打つことになる
  5. 得点が取れない
  6. 試合に出られなくなる
  7. ベンチor観客席で応援することになる

この負の連鎖に巻き込まれることになるので巻き込まれたくなかったら必ずこの記事を読んでください。もし今のあなたのまま。「独学でもできるし」と思っているのであれば今すぐにこの記事を閉じて適当な練習をしてください。

フィンガーロールのやり方

僕がその人におすすめした高確率で決められるようになるシュートの打ち方、テクニックはフィンガーロールです。

フィンガーロールとは読んで字のごとく
指(フィンガー)を、回す(ロール)
テクニックです。

このフィンガーロールというテクニックを使ってボールに回転をかけリングに吸い込ませるのです。

やり方は指を回すだけです。とても簡単なことをしています。

指を回してボールに回転をかけてボードに当ててリングに吸い込ませる。

あるいは指でバックスピンを意図的に作り出してレイアップの際にボールの勢いを殺す。

この場合に使えます。

まずはこの動画をご覧ください。この動画では、NBA界でも屈指の点取り屋たちのレイアップの打ち方について解説されています。彼らはレイアップがとてもうまく、そのほとんどの場面で「フィンガーロール」を使っているのです。

ビッグマンではないガードのプレイヤーがゴール下で点を取るためには、フィンガーロールは必須のスキルと言えます。

フィンガーロールはどうやって打てばいいの?








このテクニックを使い分けるためにはシュートを打つシチュエーションを考えることです。

例えば。レイアップを斜め45度からではなくリングに対して真正面から打つ時

その時は、ボードを使おうとするとリングに当たってしまってうまく打てなかったり、アンダーハンドだと何かと打ちにくいです。(クローズアップシュートなら別。)そこでリングに直接吸い込むためにボールにバックスピンをかけてふわっと浮かせるように打ちます。

他には。バックシュートの時。バックシュートの時には直接リングに入れるのは難しいです。そのため、ほとんどの選手がボードに当てますよね?その時に、横回転がかかっているとボードに当たった時にリングに向かってくれます。バックシュートはこの打ち方が最も打ちやすいです。

イメージとしては正面からのレイアップではバックスピンを使ってボールにループを描かせる。

バックシュートなどの時は横回転のスピンをかけてリングにボールを吸い込ませる。

この2点を意識してください。

フィンガーロールはどうやって練習すればいい?

それでは、練習方法について書いていきます。実際にフィンガーロールの練習をするとなると1番いいのは「マイカンドリル」と呼ばれる練習です。先ほどの動画内でも説明がありましたが、ゴール下でボードに回転をかけて当てる練習です。

その時に、ボードを6分割し、右端と左端の4つの箇所にボールを当ててシュートを打ちましょう。まずは、フックシュート気味に。フックシュートで、ボードを6分割した際の右端左端の4箇所に回転をかけてボールを当てる。これを各4箇所10本ずつ打ちましょう!それが終わったら、今度はバックシュートで10本ずつシュートを打ちましょう!

これを毎日繰り返すことでフィンガーロールの感覚を掴むことができます。

では、今すぐに指を「小指→薬指→中指→人差し指」その次は逆に人差し指から小指と滑らかに動かしてみましょう!どの指から動かせばどんな回転がかかってどの角度からそれを使えばリングに吸い込まれるのかを今この瞬間にイメージしてみてください。

その感覚でボールを操れることができればフィンガーロールもお手の物です!

フローターのコツ・練習方法を紹介!マスターするために意識するのはたった2つのポイントだけ。

2018.05.29

右利きのプレイヤーのための、「左手」のシュート練習3つの方法。

2018.05.24

Clutch Timeの運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。