バスケの醍醐味:ジャンプシュート・セットシュート7種類のコツまとめ。

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。
ジャンプシュートとかセットシュートって、どんな種類があるの?シュートのコツもできれば知りたいなぁ。

さて今回は、ジャンプシュートやセットシュートの種類から、それぞれのシュートのコツまでを動画・関連記事付きで紹介していきます。

僕は中学時代に今回紹介するほとんどのシュートを身につけましたが、覚えておくと場面場面に合わせて最適なシュートを選択できるため、プレイの幅が広がります。

経験談を元にしている内容なので、是非参考にしてみてください。

ジャンプシュートやセットシュート7種類

ジャンプシュートやセットシュートの打ち方や、種類を7つ紹介していきます。

  • ジャンプシュート
  • ジャンピングシュート
  • プルアップジャンパー
  • ターンアラウンドシュート
  • クイックシュート
  • バンクシュート
  • フリースロー

次の章からは、それぞれのシュートの打ち方やコツなども併せて紹介していきます。

ジャンプシュート

1つ目は「ジャンプシュート」です。ジャンプシュートは1番オーソドックスなシュートでもあり、誰もが身につけておいたほうがいいシュートです。

ジャンプシュートというのは、ジャンプをして最高到達点に達してから打つシュートのことで、試合中に最も使う機会の多いシュートです。

ジャンプシュートのコツ

とにかく練習を積み重ねる中で、自分自身のジャンプシュートを編み出すこと。

※ジャンプシュートのコツを思い出そうと、僕自身がジャンプシュートを実際に打っている時のことを思い出していましたが、無心で自分の感覚でシュートを打っているため、コツというコツが見つかりませんでした。

なので、練習を積み重ねて自分自身の感覚をつかむことが最大のコツです。

ジャンピングシュート

2つ目は「ジャンピングシュート」です。

ジャンピングシュートは、ジャンプシュートとは少し違い、ジャンプをしながら打つシュートのことです。言葉だと違いがわかりにくいかもしれませんが、要は3Pラインのように遠い位置から距離を稼ぐために打つシュートのことをジャンピングシュートだと思ってください。

ジャンピングシュートは、ジャンプシュートよりも距離を稼ぐことができるため、3Pや中距離からのシュートを打つ際によく使われるシュートです。

ジャンピングシュートのコツ

ジャンピングシュートは、ジャンプのタイミングとシュートを打つタイミングを合わせなければ、非常にぎこちないシュートになり入るシュートも入らなくなります。

ジャンプをすると同時にシュートが打てるようになるまで、練習しましょう。

プルアップジャンパー

3つ目は「プルアップジャンパー」です。

プルアップジャンパーは、ドリブルをついた状態から打つジャンプシュートのことです。そのため、ドリブルジャンプシュートと言ったりもします。

ドリブルをついた状態からジャンプシュートを行うため、動いている状態の反動を利用できるため少し遠くからのシュートも届くようになります。

プルアップジャンパーのコツ

プルアップジャンパーは、ドリブルをつく手とステップを意識しておくことが大切です。

ドリブルジャンプシュートのコツは【手】【1歩目のステップ】この2つだけ。

2018.05.26

この記事では、僕が中学時代の県選抜のコーチに教えてもらったプルアップジャンパーのコツをまとめています。その中で「ドリブルをつく手」と「ステップ」のことも詳しく紹介しているので、併せてご覧ください。

ターンアラウンドシュート

4つ目は「ターンアラウンドシュート」です。

ターンアラウンドシュートは、振り向きざまに打つシュート全般のことを言います。動画で紹介しているシュートもターンアラウンドシュートと言いますし、振り向きざまにジャンプシュートを打つ場合もターンアラウンドシュートと言います。

ターンアラウンドシュートのコツ

ターンアラウンドシュートは、振り向きざまに打つシュートなので、リングの位置を確認できる時間はかなり限られています。基本的にシュートを打つためにジャンプをしている時間の間に、狙わなければなりません。

そのため、背中を向けてプレイしている時に自分がだいたいどの位置にいるのか、そこからシュートを打つときはどのくらいの強さで打てばいいのかを身体に染み込ませておくことが大切です。

また、背中を向けている時に、肩越しにリングの位置を確認しておくことも非常に大切なことです。

クイックシュート

5つ目は「クイックシュート」です。

クイックシュートはその名の通り、素早く打つシュートのことでディフェンスのタイミングを外すことが狙いです。

一瞬の動きでディフェンスを置き去りにします。

クイックシュートのコツ

クイックシュートは、いかにディフェンスとのタイミングをずらすかが大事になってきます。

以下の記事にて紹介されている方法で、クイックシュートのコツを身につけてください。

2種類のクイックシュートのコツを伝授!NBAのスタープレイヤーも実践するテクニックです。

2018.07.03

バンクシュート

6つ目は「バンクシュート」です。

バンクシュートは、バックボードにボールを当ててシュートをするテクニックの1つです。角度が45°くらいの時にバンクシュートを打つプレイヤーは多くいます。

バンクシュートのコツ

バンクシュートは、ボードに当てるシュートなため、ある程度角度のあるエリアからのシュートの時に使います。角度が0°のように全くない場合には、ボードに当てることができません。

ただし、角度が45°くらいでボードに当てるのに最適な角度だとしても、距離が遠すぎるとボードに当てることが難しかったりします。あくまでも持論ですが、3Pシュートをバンクシュートで打つのはかなり難しいです。

そのため、「このくらいの距離はバンクシュート」のように、バンクシュートを使う距離と角度をあらかじめ決めておくといいでしょう。

バンクシュートは「距離」+「角度」で成功率を高められる?!

2018.08.26

フリースロー

7つ目は「フリースロー」です。

シュートモーションに入っている時にファールをもらったり、相手チームのファールが溜まっている時にファールをもらうと、1~3本の範囲で打つことができるシュートです。

フリースローのコツ

フリースローは、その名の通り「フリー」で打てるシュートです。そのためできれば100%の確率で沈めたいものですよね。

フリースローを打つ際は、ほとんどの人が自分自身のルーティーンを決め、いつも同じタイミング・メンタル状態で打てるようにしています。

フリースローは、ルーティーンを作ることと、ジャンプをしないで打つことがコツです。

【悩み解決】あなたのフリースローが入らないのはジャンプが原因かも?

2018.08.27

ジャンプシュート・セットシュートを打つ際のコツ

ジャンプシュートやセットシュートを打つ際のコツは「爪を意識する」ということです。

どういうことかというと、シュートを打つ時に爪で引っ搔きながらシュートを打つわけです。

「爪を意識する」というのは、ただ爪を使ってシュートを打つことが目的ではありません。指先まで使ってシュートを打つために、爪を使って引っ掻くことを意識するのです。

僕は中学時代から、ジャンプシュートやセットシュートを打つときは「ガリッ」という音が鳴るくらい爪で引っ掻くことを意識しています。

【たった1つ】バスケ選手がシュートを入れるコツを実体験を元に紹介

2018.08.26

まとめ

ジャンプシュート・セットシュートの種類やコツを紹介してきました。

ジャンプシュートは特に試合中によく使うシュートですから、必ず身につけておきたいものです。

7種類のシュートを紹介し、同時にコツについても解説をしたのですが、1番いいのは自分自身のシュートを身につけることです。

自分自身が最も打ちやすい・入るシュートを身につけることを優先的に練習してください。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。