ミニバス練習時の服装は何に注意すべき?ウェアにこだわって欲しい理由。

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。

ミニバスの練習時の服装は何に気をつければいいの?ウェアを選ぶ際のポイントは?

ミニバスプレイヤーのお父さんお母さんには是非とも読んでほしい、ミニバス練習時の服装・ウェアについて紹介をしていきます。

どんなポイントに気をつけてウェアを選べばいいのか、おすすめのブランドについても僕の独断と偏見を用いながら紹介します。最後には「ウェアにこだわる重要性」についても触れますが、なぜウェアにこだわるべきなのかを僕の考えを元に書いています。

是非最後まで読み進めてください。

ミニバス練習時の服装のポイント

ミニバス練習時の服装のポイントを紹介していきます。

小学生は身体も小さいため、練習時のウェアを選ぶ時のポイントも大きく異なりますので、この内容は必ずチェックしてください。

速乾性のあるもの

これはミニバスに限らずですが、バスケをするときのウェアは速乾性のあるものにしましょう。

バスケは陸上で1番激しいスポーツと言われており、絶えず動き続けることになるためよく汗をかきます。普段私服で着るような綿や麻のシャツは速乾性がないため、汗を吸っても乾くことはなくシャツが非常に重くなり動きにくくなります。

特に夏場はたくさん汗をかくので、速乾性のある「ポリエステル」の素材がおすすめです。なお、バスケのウェアは肌触りも違い、着ていても窮屈に感じることはまずありません。

伸縮性に優れているもの

ジャンプをしたり腕を大きく動かすバスケでは、ウェアの伸縮性も非常に重要です。綿や麻の素材のシャツは伸縮性が全くないため、バスケに限らずスポーツには不向きです。

シャツを伸ばしてみればわかりますが、バスケ用のウェアはよく伸びるため、シュートを打つ時やリバウンドをするときなど、動きにくさがありません。

丈が長すぎないもの

丈が長すぎないことも非常に重要です。

特に中高生の男子ともなると、周りから見られることを意識してあえて丈が長めのパンツを履いていたりします。膝丈くらいまでの長さのパンツを履いているプレイヤーが結構いるんです。

実際に膝丈の長さまでパンツを下ろしてプレイしてみると、非常に動きにくく、レッグスルーというドリブルをつく時には非常にやりにくいです。

小学生の場合には、身体が小さいので大きな丈の長いウェアを着用していると動きずらいでしょう。

適切な丈の長さのパンツ、シャツを選ぶようにしてください。

サイズ感

サイズ感は、1つ前の「丈の長さ」に大きく関係をしています。

ダボっとしたウェアを着用していると、見た目にもダサいですし動きにくいので、何もいいことはありません。

小学生はどんどんと成長をしていくため半年前にはちょうどよかったシャツも、小さくなるなんてことはよくあります。

小さすぎても動きにくくなってしまうので、ちょうどいいサイズ感のウェアを常に揃えておく必要があります。

身体の成長に合わせて毎度毎度ウェアを買い換えるのは大変ですが、子供の動きやすさのことも考えて、ちょうどいいサイズ感のウェアを着られる環境を整えてあげてください。

値段

どうしてもウェアを選ぶ際に気になるのは「値段」も同じです。ほとんどの場合、Tシャツ1着につき¥2,000~¥3,000ほどで購入できますが、ミニバスの場合には実はもう少し安くなっています。

身体の成長も早い時期なため、ウェアを買い換える頻度も多くなり金銭的にきつくなるかもしれませんが、安いウェアを探せば¥2,000以下でも購入可能ですから、念入りに探してみてください。

ミニバスの練習用ウェアを販売するおすすめブランド

ミニバスの練習用ウェアを販売しているおすすめのブランドを紹介しましょう。

DUPER(デューパー)

僕自身がミニバスの時に好きだったのは「DUPER(デューパー)」という会社のウェアです。デザイン性が可愛く小学生にはかなり似合うでしょう。

DUPERにはオリジナルのキャラクターがおり、個人的にそのキャラクターが可愛くてよく買ってもらっていました。

全国大会などのスポンサーを務めることもあるため、ミニバスの中では認知度が高いです。

Team Five(チームファイブ)

Team Five(チームファイブ)は、中学生や高校生の全国大会になるとオリジナルTシャツを販売するなど、ウェアに力を入れているブランドです。

僕は小学生の時にはあまり着用していませんでしたが、中高生になるとよく着用していました。

デザイン性はかっこいい部類に入り、ミニバスでは着ている人はまずいないかと思います。

中学校の部活のチームウェアとして利用されることも多く、こちらも認知度が高いブランドです。

SPALDING(スポルディング)

SPALDING(スポルディング)は、ミニバスの世界においての認知度はあまり高くありませんが、バスケ界全体でみると非常に人気のメーカー・ブランドです。

NBAの公式球を製造したり、かっこいいデザインのウェアを扱っている大人向けのブランドです。

SPALDINGはデザイン性が先ほど挙げたDUPERやTeam Fiveよりもかっこよく、大人な雰囲気なので、男性プレイヤーから非常に人気があります。

かっこいいデザインはもちろんですが、上記商品のように可愛い子供向けのデザインのウェアもあるので、様々なウェアの中から選んでみてください。

ミニバスは練習時の服装にもこだわって欲しい

もしかすると、「服装はあまり気にしない」と考えているお父さんお母さんもいるかもしれませんが、小学生くらいの子供になるとウェア次第でやる気が変わったりします。

大人でいうと「新しく買ったカバンを初めて使う時に少しワクワクする」のと似た感覚です。

どういうことかと言うと、ウェア次第でワクワクしたりやる気が出たりするものです。僕が小学生の時には、お気に入りのウェアがあり、そのウェアを着ている日はいつも以上に練習がワクワクして、やる気に満ち溢れていたなと思います。

小学生のうちは、気持ち次第で練習への取り組み方が相当変わります。いいことがあった時には練習もなんだか上手くいく気がしますし、悪いことがあった時には練習もなんだか本調子ではなくなってしまうんです。

小学生くらいの子供は自分の気持ちに正直ですから、その素直さを活かしてあげてください。

子供が気に入ったウェアがあれば買ってあげて欲しいんです。それを着ているだけで、子供は例え学校でいいことがなかったとしても練習は頑張れます。

練習で頑張れる気持ちを持っているプレイヤーは、僕自身かなり伸びると感じています。特に小学生のうちは、常に気持ちよくプレイできるような環境を整えてあげてください。

バッシュにこだわるように、ウェアにもこだわった方がいいですよ。

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

まとめ

ミニバスプレイヤーの服装について、どんなウェアを選ぶべきなのか、ポイントやおすすめのブランドについても紹介してきました。

個人的にはウェアを選ぶポイントはもちろんですが、後半に伝えた「ウェアにこだわる重要性」の部分をよく読んでもらいたいです。

たかがウェアですが、そのウェア次第で気持ちが高まったり練習へのやる気が出てくるプレイヤーもいます。

子供のためにも子供が気に入ったウェアを買ってあげてください。それだけで、気持ちよくプレイできるようになりますよ。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。