ドリブルスキル

ドリブルを止めて潰されるんだったらこれを読んでおくべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シュートマシンになるためのPSSテキストの受け取りはこちら
↓↓↓
http://bit.ly/2mvRDA5

===================

つもお読みいただきありがとうございます!
修一です。

今日はドライブインをしてから
潰されてしまう選手に向けた
対処法をお伝えします。

上手くドライブインしたのに
大きな選手に囲まれてミスした

ヘルプディフェンスが早かったので
とっさにドリブルを止めてしまい
ボールをスティールされてしまった

ドライブインをしたのに
合わせの選手がいなくて
結局パスを戻すだけで終わった

こんな経験はありませんか?
ディフェンスを振り切ってドライブインしたのに
ミスをしてしまった経験は。

今のあなたのままで
とにかくドライブインをしているだけでは
オフェンスが上手くいくはずありません

適当にパスアウトしてスティールされる。
ダブルチームで囲まれて潰される。

こんな状況になったら
かっこ悪いですよね?

監督からも選手からも観客席からも
下手くそ
と言われてしまいます。

ドライブインは上手いけど
そのあとが下手だからあまりドライブして欲しくない。
ドライブしたらそれだけで終わる
そう思われる選手になります。

ドライブインできたらいいでしょ!
と思っているかも知れませんが、
そこでターンオーバーをしていたら
全く意味がなくなります

しかし今日お伝えする内容を
きちんと意識してできるようにすれば
ドライブインをしてもたくさんの選択肢が生まれるので
余裕を持ってプレイできるようになります

無理なプレイをしなくなるので
より堅実なプレイができるようになります

「意味のないドライブ」と言われることもなくなります。
そのドライブがチームのリズムを作る
そんな大きな役割を果たすようになります。

ドライブインで意識することって何?

それは
ドリブルを止めないこと
です。

とにかくドリブルを止めないことです。

「OK!ドリブルは止めちゃダメなのね。
でもディフェンスに囲まれたらパスしないと盗られちゃう。
それに動き続けるなんて無理・・・。」

そう思ったかも知れないですね。

確かにドリブルを止めずにいるということは
その場にとどまるか
動いているか
の2択しかありません。

なのでその場にとどまっていたら
ディフェンスが寄ってきて囲まれて
スティールをされるかも知れません。

動き続けていたら
動くところも限定されてきます。

そこで僕がオススメするのは
ドリブルを止めずに
逆サイドにドリブルしていく
ということです。

例えば、
右サイドからドライブを仕掛けた。
でもドライブしてもパスコースがない。
シュートを打つ余裕もない。

かと言ってドリブルをやめたらダブルチームをされそう。
そんな時にはドリブルをつきながら
左サイドにゴール下を通って移動します。

 

この動画で紹介しているプレイです。

 

このプレイのように
右サイドにドライブしてチャンスがなかったから
左サイドに流れただけで
味方のゴールへのダイブに合わせることができるのです。

 

このプレイの前に、
ドリブルを止めてしまったからと言って
適当なパスを出しているようではミスが起こります。

 

このプレイは
ミスを少なくする要素を兼ね備えていますし、
合わせのプレイをさせる要素も持っています

 

 

実際、これを僕は高校時代の監督に教えてもらったのですが
頻繁に使います。

 

自分がシュートに行ける場面でも
より確率の高いゴール下シュートを狙うために
ゴール下をドリブルで通り抜けて
味方のダイブに合わせたり。

例えそこでパスが出せなかったとしても
逆サイドに抜けることでドリブルを止めていないので
プレイが続きますしチャンスがあれば逆サイドに抜けた時に
ジャンプシュートを打つこともできます

 

得点に直結するプレイも可能ですし、
その後のプレイもできる。

 

このドリブルで逆サイドに抜けるプレイの1番の目的
プレイを止めずに次のプレイに移る
ためのプレイです。

 

ドリブルを止めてしまったら
誰かがボールをもらいに行かないといけないので
連動していたプレイも止まってしまいます。
台無しになってしまいます。

 

しかし止まらずにいることで
あなたにもドリブル・シュート・パスの選択肢があり
できることもドリブルを止めた時と変わってきます。

 

また、自分がドライブを始めた位置に戻るとなると
スペースがまた元に戻ってしまうので
せっかく開けたスペースも台無しになります。

 

チームメイトがそのドライブに対して動いているので
そのままプレイを続行することがベストです。

 

まとめると

 

今までは
ドライブインをして止まっていた
ところを

 

次からは
ドライブインをしても止まらない
でプレイしてみてください。

 

ただし、ドライブインしたら全て逆サイドに抜けろ
ということではありません。

 

自分でシュートを打てる時は打って
その場でパスできる時はパスして。

 

その時々に応じて
プレイを使い分けてください。

 

 

ドライブをして
シュートもパスもできない時に
最後の手段として利用してください。

 

何もできないからドリブルを止める
ということは絶対にしないでください。

 

それでは今すぐにこの動画を見て、
NBA選手がドライブの時に
どんな駆け引きを行なっているのか感じてください。

 

 

この動画で感じたこと
今回の記事の内容
を意識してみるだけで
あなたのドライブはより一層相手にとって脅威となります。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

修一

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. 最上良太 より:

    少凄く分かりやすい投稿ありがとうございます!!!おかげで少し前進出来そうです!!!これからも頑張ってください!!!

    1. shubsk2412 より:

      ありがとうございます!
      最上さんも頑張りましょう!

コメントを残す

*