バスケのドライブのコツとは?ドリブルを止めることが1番やってはいけない。

スポンサーリンク

こんな人におすすめの記事です。
  • 普段ドライブをした時にディフェンスに止められてしまう人
  • ゴール下までドライブした時にパスコースがなくて焦ってしまう人

今回の記事では、ドライブインのコツについて紹介していきます。

ドライブのコツを掴むことで、ドライブインした際にディフェンスに止められてしまう人でも、ゴール下までドライブしてパスコースがなくて焦ってしまう人でも、対応することができます。

焦ってミスをする可能性が格段に低くなるので、最後まで記事を読んで、ドライブのコツを学んでください。

【誰でもできる】プロから学ぶ「スティールされないドリブル」のコツ。

2018.06.01

ドライブをした時のコツは「ドリブルを止めない」こと

ドライブをしてディフェンスに止められてしまった時や、パスコースがなくて焦ってしまうケースのほとんどは、ドリブルを止めてしまうことが原因です。

ディフェンスにコースを読まれて守られてしまった。そこでドリブルを止めてしまうとプレッシャーをかけられてダブルチームの餌食になります。

パスコースがなくて焦ってドリブルを止めてしまうと、ディフェンスの餌食になることはもちろんのこと、そのディフェンスを交そうとしてジャンプパスをしてミスをするケースもあります。

しやすい勘違い

「OK!!ドリブルを止めなければいいんだね!でも、ディフェンスに囲まれたらパスをしないとスティールされちゃうし、ドリブルを止めずに動き続けるなんて無理だ。」

確かにドリブルを止めずにいるということは

  • その場にとどまるか
  • 動いているか

の2択しかありません。

そのため、その場にとどまっていたらディフェンスが寄ってきて囲まれ、スティールをされるかもしれません。

動き続けていたら動くところも限定されてきます。

そこで僕がオススメするのは「ドリブルを止めずに逆サイドにドリブルしていく」ということです。

「ドリブルを止めずに逆サイドに動く」ことがコツ

それではここからは、ドリブルを止めずに逆サイドに動くということはどんなプレイなのかを、動画を用いながら説明していきます。

例えば、右サイドからドライブを仕掛けた。でもドライブしてもパスコースがない。シュートを打つ余裕もない。かと言ってドリブルをやめたらダブルチームをされそう。

そんな時に使うのが、この動画で紹介しているプレイです。

このプレイのように右サイドにドライブしてチャンスがなかったため、左サイドに流れただけで味方のゴールへの飛び込みに合わせることができるのです。

このプレイをせずに、ドリブルを止めてしまったり、適当なパスを出しているようではミスが起こります。

ドリブルを止めずに逆サイドに移動することで、ミスを少なくすることができますし、味方に合わせのプレイをさせることもできます。

高校生でも使えるドライブのコツ

この「ドリブルを止めずに逆サイドにいくプレイ」は、僕は高校時代の監督に教えてもらったのですが頻繁に使います。

自分がシュートに行ける場面でもより確率の高いゴール下でのシュートを狙うために、ゴール下をドリブルで通り抜けて味方のゴール下への飛び込みに合わせてパスを出すこともします。

例えそこでパスが出せなかったとしても、逆サイドにドリブルで移動すればプレイが続きますし、チャンスがあれば逆サイドに抜けた時にジャンプシュートを打つこともできます。

得点に直結するプレイも可能ですし、また別のプレイを展開することも可能です。

フィンガーロールという「指」の使い方を覚えるだけで、ゴール下の覇者になれる?!

2018.04.16

「ドリブルを止めずに逆サイドに動く」プレイの1番の目的

この「ドリブルを止めずに逆サイドに動く」プレイの1番の目的は、「プレイを止めずに次のプレイに移る」ということです。

ドリブルを止めてしまったら誰かがボールをもらいに行かないといけないので連動していたプレイも止まってしまいます。

しかしドリブルを止めずにプレイを継続することで、あなたにもドリブル・シュート・パスの選択肢があり、プレイの範囲がドリブルを止めた時と変わってきます。

また、自分がドライブを始めた位置に戻るとなるとスペースがまた元に戻ってしまうので、ドライブした時にせっかく空けた自分のもともといたスペースも無くなります。

チームメイトはあなたのドライブに対して動いているので、そのままプレイを続行することがベストです。

NBAプレイヤーも使っている!バスケのステップを紹介します。

2018.07.02

まとめ

今まではドライブインをして止まっていたところを、次からは「ドライブインをしても止まらない」でプレイしてみてください。

ただし、ドライブインしたら全て逆サイドに抜けろということではありません。

自分でシュートを打てる時は打ってその場でパスできる時はパスして。その時々に応じてプレイを使い分けることが何よりも大事です。

ドライブをしてシュートもパスもできない時に、最後の手段として利用してください。

何もできないからドリブルを止めるということは絶対にしないでください。

〇〇を使うだけでバスケにおける全てのハンドリングを身に付けられる?!

2018.06.04

Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

2 件のコメント

  • 少凄く分かりやすい投稿ありがとうございます!!!おかげで少し前進出来そうです!!!これからも頑張ってください!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。