【動画付き】バスケのドリブルのルールを3分でわかりやすく解説。

スポンサーリンク

こんな悩みに答えます

ドリブルのルールって何があるの?ドリブルをついている時に審判が笛を鳴らすところをあんまり見たことがないんだけど・・・。

この記事では、ドリブルにはどんなルールがあるのか、について紹介していきます。試合中は誰もが1度は使うドリブルですが、どんなルールがあるか知らない人も多くいることでしょう。

そこで、理解を深めてもらうために動画を用いながら、ドリブルのルールについて紹介していきます。

3分ほどで読み終わる簡単な記事です。

ドリブルのルールを簡単に説明すると・・・

ドリブルのルールを簡単に説明すると、地面にボールを跳ね返らせて行うドリブルは、ドリブルをつき始めてから1度止まり、もう1度ドリブルを始めると「ダブルドリブル」という反則になります。

ドリブルは試合中にどんなプレイヤーでも使うルールですが、「ダブルドリブル」以外には反則はありません。

どんなドリブルのつき方がルールに反する?

どんなドリブルのつき方がルールに反するかというと、ダブルドリブルには2つの種類があります。

  1. ドリブルを止めてボールを1度保持し、もう1度ドリブルをついた時
  2. ドリブルをついている最中に審判に「ボールを持った」とみなされた時

この2つがあります。

1つ目に関しては、最も知られているダブルドリブルのケースです。1度ドリブルを止めてボールを保持してしまうと、パスやシュートでボールを手放さない限り、ドリブルをつくことはできません。

この動画のようなプレイがダブルドリブルをコールされます。

ドリブルをやめてボールを保持すると、ディフェンスにプレッシャーをかけられますから、十分な注意が必要です。

2つ目に関しては、審判がドリブルをついている時にボールを「持っている」と判断した場合にダブルドリブルをコールされます。

どういうことかというと、この動画を観てください。

流れの中でプレイするときには、このようにしてドリブルをつくことで、ダブルドリブルをコールされます。

下の動画では、さらにわかりやすいように撮影しました。

ドリブルをついているときに、ボールの半分よりも下を持ってからドリブルをつくと、ダブルドリブルがコールされやすくなります。

ただし、この2つ目に紹介したダブルドリブルに関しては、審判の判断によるところがあるので「こんな風に対策をしておけば100%ダブルドリブルを取られることはない」ということはありません。

普段ドリブルを下や横からすくい上げるようについている人は、注意が必要です。

まとめ:ドリブルのルールは複雑ではない

ドリブルのルールは、トラベリングのルールや、3秒・5秒・8秒などの時間に関係するルールよりもシンプルだとわかっていただけたのではないでしょうか?

ドリブルをついていてバイオレーションとなり、相手のボールになってしまうのは「ダブルドリブル」だけです。ダブルドリブルにならないように、するためには

この2つを守れば、基本的にはダブルドリブルになりません。

複雑ではないので覚えやすいルールですから、ダブルドリブルにならないようにきちんと練習をしておくことをおすすめします。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。