バスケ用語:「アウトサイド」って?覚えておきたい3つのスキルも紹介!

スポンサーリンク

こんな悩みに応えます。
アウトサイドってなんのこと?どんな動きをすればいいの?

今回は、バスケプレイヤーなら誰もが耳にしたことがあったり、未経験者でも試合を観戦していたら1度は聞いたことがあるであろう「アウトサイド」について説明をしていきます。

そもそもアウトサイドとはどんな意味を持つのか、主なプレイする位置はどこなのか、身につけておくべきプレイはどんなプレイ・スキルなのかを解説します。

アウトサイドの意味を調べたい人や、アウトサイドでプレイする人には是非参考にしてもらいたい内容です。

バスケの「アウトサイド」とは

バスケ用語に用いられる「アウトサイド」というのは、リングよりも離れた位置のことを言います。

一方でリングに近い位置のことを「インサイド」と言います。

コートを見たときに、どこからどこまでが「アウトサイド」なのかと言う定義は全くないため、リングから離れたエリアのことを総称して「アウトサイド」と呼ぶと覚えておいてください。

「アウトサイド」はどこの場所でプレイする?

先ほども記したように、アウトサイドがどの場所なのかを表す定義はないため、感覚的にリングから離れている位置をアウトサイドと呼ぶケースが一般的です。

僕がアウトサイドという言葉で連想するエリアは以下の画像の赤く塗っている部分です。

これはあくまでも一例ですが、フリースローレーンよりも外側のことをアウトサイドと呼んでいる人は多くいます。

アウトサイドで主にプレイするポジションはどこ?

主にアウトサイドでプレイするポジションは、

  • ポイントガード
  • シューティングガード
  • スモールフォワード

上記3つのポジションです。

バスケのポジション【スモールフォワード(SF)】を初心者のために解説!

2018.08.13

バスケのポジションの1つ【シューティングガード(SG)】を7分で学ぶ!

2018.08.12

バスケのポジション【ポイントガード(PG)】をどこよりも詳しく解説!

2018.08.11

アウトサイドというのはリングから離れているということもあり、インサイドに比べるとスピードや敏捷性が必要とされます。一方でインサイドでプレイするほどのパワーは必要ありません。

パスの正確性や長距離シュートを確実に射抜く正確性が必要とされ、小柄なプレイヤーは基本的にアウトサイドでプレイすることが多くなっています。

アウトサイドではどんな動きをすればいいの?

アウトサイドでは、基本的に以下の記事で紹介しているような「カットイン」「アウェイ」「スクリーン」「合わせ」を特に行います。

【バスケの難関】オフェンスの動き方のコツ。動画付きで紹介します。

2018.10.05

場合にもよりますが、基本的にアウトサイドでボールをもらった時はリングの方を見ながらプレイすることができるため、ボールをもらったら、シュート・パス・ドリブル3つの選択肢の中からプレイを選択します。

シュート・パス・ドリブルの3つの中から選択することは当たり前のことと思うかもしれませんが、インサイドでプレイする場合にはディフェンスとポジション取りを行うため、ボールを受けたときにはリングに対して背中を向けているケースが非常に多くなります。

すると、もらった瞬間にシュートは打ちにくいですし、ボールをもらってからドリブルをつきながらシュートチャンスを狙うことになるため、インサイドに比べるとアウトサイドの方がプレイの幅は広がります

プレイの幅は広がりますが、その分ディフェンスを抜き去るための技術を持ち合わせておく必要があります。

【テクニック必要なし!】バスケの1on1はボールをもらう前が勝負。

2018.08.31

なお、アウトサイドはインサイドに比べるとスピードを必要とするポジションではありますが、ただスピードがあるだけでディフェンスを抜けるほど甘いものではありません

特に上手いディフェンスになると、スピードの速いプレイヤーへの対応はすぐにできてしまうため「工夫」が必要です。

【ロッカーモーション】スピードがなくても緩急でディフェンスが抜ける!

2018.04.19

アウトサイドプレイヤーに必要なスキル

アウトサイドプレイヤーに必要とされるスキルは、

  • シュート
  • パス
  • ドリブル

当然ながらこの3つが必要とされます。

その中でも、特に身につけてほしいスキルに関して紹介していきます。

シュート

アウトサイドでプレイするのであれば、長距離からのシュートは確実に身につけておく必要があります。

特に3Pシュートは大きな大きな武器となるため、攻撃パターンの1つとして加えておきたいです。

【たった1つ】バスケ選手がシュートを入れるコツを実体験を元に紹介

2018.08.26

3Pシュートだけではなく、中距離からのシュートも必要となるためジャンプシュートやバンクシュート、ディフェンスのタイミングをずらすためのテクニックも必要です。

バンクシュートは「距離」+「角度」で成功率を高められる?!

2018.08.26

2種類のクイックシュートのコツを伝授!NBAのスタープレイヤーも実践するテクニックです。

2018.07.03

パス

アウトサイドでプレイする場合には、正確にインサイドにつなぐためのパスや、ディフェンスに取らせない意表をついたパスを出せるようにしておくと非常に有効です。

アウトサイドのプレイヤーに限った話ではありませんが、パスはただチェストパスだけを身に付けるのではなく、インサイドの大きなプレイヤーに入れるためのロブパスや、ディフェンスからずれて片手で出すワンハンドパスも身につけておくことが大切です。

パス1つで局面を打開することもできますし、シュートに直接的に繋がるパスを供給することも可能になるため、パスは色々な種類を身につけておきましょう。

ドリブル

ドリブルはドリブルでも、アウトサイドのプレイヤーが特に身につけておいてほしいドリブルは「ディフェンスに取られない」ドリブルです。

ディフェンスがスティールを狙っている時や、プレッシャーをかけてきている時は、ドリブルはミスしやすいですし、つき方によってはスティールされてしまうこともあります。

ディフェンスに取られないドリブルをつくためにも、以下の記事で紹介しているようなドリブルを身につけてください。

【誰でもできる】プロから学ぶ「スティールされないドリブル」のコツ。

2018.06.01

まとめ

「アウトサイド」のプレイエリアや、身につけておくべきスキルなどを紹介してきました。

記事の中では主に「小柄」なプレイヤーがプレイする場所だとも伝えたのですが、近年NBAでもトレンドになっているように、大柄のプレイヤーでもシュートを打ったり、ドリブルをつくことも多くなっています。

そのためどんなプレイヤーでもアウトサイドの特性を把握し、どんなプレイが求められているのか、自分がアウトサイドでできることは何かを考え、実際に行動に移していくことが必要です。

ぜひこの記事を通してアウトサイドのプレイを身につけてください。


Clutch Time運営者オススメのバスケプレイヤーを目指す方向けの記事


Clutch Timeの運営者が、バスケプレイヤーを目指す方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

【必須】バスケも食事もストイックに!おすすめ食品2つを紹介。

2018.09.11

【※閲覧注意※】未だにバスケがチームスポーツだと思っているならこれは読まないでください。

2018.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

バスケブロガーの修一です。 小学校3年の頃から大学1年まで現役。そのあとはクラブチームでバスケをしながら、学生時代からバスケの仕事をしてきました。 今は会社の役員をしながらバスケブロガーとしても活動してます。